bonobos / Beautiful




今、3人編成だと知って
これまた驚く。

残ってるメンバーから考えると、パーカッションの人か。
こうゆう時って、脱退(?)理由だとか知りたいようで、
知らんほうが良かったりと、複雑複雑。

なんでまた、bonobosかというと、
今度10月にPolarisとライブやるとか。

うーむ。
行きたい。

既に、どちらもライブに行っていたころから
ずいぶんと時間が経ってしまっているので
これまた、知りたいようで
いい思い出で収めておけばいいような、ないような。

こと、bonobosに関しては
ほんとになんにも知らんかったので、
2人減って、3人でどんな音楽をやっているかって、ね。
違う音楽になっているのか、変わらないのか。


まぁ、そんなことを考えつつ、
私の中のbonobosはやっぱり「Beautiful」かな。
このメロディーと曲が伝える、生み出す空気は
いつまでも変わらないもんだ。
もちろん、「ライフ」もすごく好きな曲だけども。

そうそう。
「Thank You For The Music」も
いつかまたライブで聴いてみたいもんだね。




ライブは
10月20日って、

おいおいおいおい(*゚∀゚)




Tags:# 
■  [PR]
# by Nishi9ra | 2014-08-27 18:06 | 音楽バンザイ | Comments(0)
ゲスの極み乙女。 - 猟奇的なキスを私にして




「ゲスの◯◯って知ってます?」

「(ゲス!?) 。。知らんよ」
と答えたのが、ひと月くらい前で。
いったい、なにいってんだ!?くらいの反応をしてしまったw

ああ、この人たちなのか、というのが今日。


恐らく、かつての飲み仲間の後輩は
ワタシなら当然知ってますよね、的な感じだったのだけど。
いかんせん、ほんとにタワレコとか行ってないから、
「今」の音楽に本当に疎くなってしまった。

マニックスの新譜が出てたのもFUJI ROCKの直前だったし。

とはいっても、いまや探そうと思えば大体のものは
家の中でも見つけられてしまうもので、
さっそく、アレコレと聴いております。

ベース、ドラム、鍵盤という組み合わせは
昔からワタシの好きなバンド編成なんで、結構すんなり聞けるのです。

面白い名前のバンドというインパクトもありますが、
実際の音はとてもしっかりとしている感じ。

今回取り上げた曲については他の曲に比べどちらかというと、
わかりやすい感じすらします。


ほんとに
いろんなバンドを見てきましたが、
なにがやりたいか、というのが
そのバンドの終着点であって・・・

当然、ずーーっと続けたいと思うも、思わないのもアリだよなぁ。

売れてるっていうのが、
結局、アーティストにとって、
決していいことでもないんだよねぇ。

何が言いたいんだかよくわかんなくなってしまったけどw

このバンドについては魅力的だと思うんだけど
その一方で危うさも勝手に感じてしまうのでした。


とても、いい曲ですよ。


■  [PR]
# by Nishi9ra | 2014-08-21 01:50 | 音楽バンザイ | Comments(0)
くるり Liberty&Gravity

ほんとに
ごくごく稀に
こうゆう作品が出てくるんだよなぁ。

私の中で満点。


この楽曲を映像化するという
とてつもない創作。
これまた素晴らしい。


MVはディレクターの色が結構出るもんで、
初見ながら、この方の過去の作品が思い浮かびました。
アートとアートのせめぎ合い。


くるりが未だに健在な理由、
そのものだと思いますね。

久々にくるりのCDが欲しくなったw








■  [PR]
# by Nishi9ra | 2014-08-12 10:42 | 音楽バンザイ | Comments(0)
FUJI ROCK’14 行きたいじゃなくて、行こう!!
今年は(こそは?)再びFUJI ROCKに行くぞ、と。


もうラインナップがっ

RANZ FERDINAND

MANIC STREET PREACHERS

TRAVIS


これだけでもお腹いっぱいなのに、

ARCADE FIRE


ヤバーい。

ウワサには聞こえていましたが、
カニエ・ウェストの代役でしょうか。


やばーい。


スンゴク楽しみ。

Travis、一回もライブで聴いたことなかったし。
まぁ3日目はいいかなw
なんとか休んで行くぞ!!
先のことはなかなか分からんから、
チケットは直前で買うけど。



やっぱり、

Arcade Fire


スンゴク楽しみ!!!!

嫁さま、これは眠くなるだろうから、
絶対つまらなそうだw

なんか、サマソニ行きたいっていってたな。。
Queenというかアダム・ランパード?が見たいとか。


私は
やっぱり、Travisだなぁ。。




■  [PR]
# by Nishi9ra | 2014-04-25 16:34 | 音楽バンザイ | Comments(0)
The Great Beyond R.E.M

ひっさびさです。

前回の書いた後、大雪が2回も降って、
そりゃぁどえらい事になって。
仕事中に救急車で運ばれて(2回目w)

まぁ、いつのまにやら春が過ぎようとしているわけです。


さて
そんなあまりどうでもいいような
近況はさておいて。



今回なんでまた、R.E.Mなのかっていうのも
特に理由なんかありません。

何聴こうかなぁと思って、
アレ聴こうかなぁと思った1曲なワケでした。


もういったい何年前の作品だか、ですが。
なんといっても、
このサビのループ感がとても好き。

そこまでの、派手か地味かといえば地味な感じの曲の印象が
このサビの展開が曲全体の印象を変えてしまうくらいの
魅力を感じます。




■  [PR]
# by Nishi9ra | 2014-04-24 14:56 | 音楽バンザイ | Comments(0)
イジワルしないで抱きしめてよ Juice=Juice


ハロプロです。

あえてこちらのダンスショットVerなわけですが、
とてもいいです。

まぁ、これまでこういった、いわゆるアイドルものは
一切載せてこなかったというか、
基本好きなものを書くわけで。

この曲とこのPVはとてもいいです。

基本曲調はポップですけど、
その雰囲気を、いわゆるアイドルとは一線を画しているのは
この曲のメインボーカルの3人と
このPVで代役で出てるモー娘。の石田のパフォーマンス。

今の、ここ最近のモー娘。とはちょっと違う、
楽曲そのものが生み出す雰囲気がとてもいい。


歌唱力という意味では全体のバランスが取れていないモー娘。は
田中れいなが抜けた後、さらにダンスパフォーマンスにその重きを置き、
こと個々の歌唱力については、言葉は悪いけど、
「うやむや」な感じで見えにくくしているような。

その点、Juice=Juiceは少人数ではありながらも
個々の歌唱力は高いと思う。

メンバーは10代というからには
当然まだまだ幼さが出るものだけども、
曲の雰囲気とのアンバランスが
またこの作品の魅力だと思います。




こちらは、あとで撮り直しのPV。





■  [PR]
# by Nishi9ra | 2014-02-06 02:37 | 音楽バンザイ | Comments(0)
No Photo, no ...



去年の暮れですが、一眼レフを買いました。
CanonのD70というやつで、まぁ「いいカメラ」っていう。

思い返せば今でこそiPhone一択ですが、
昔はケータイ選びの基準のひとつが内蔵「カメラ」でした。

これまでもいろんな写真を載せてはきましたが、
一眼買っちゃうってのはアレだ、ついにここまで来たか、って感じで。

もちろん、今のiPhone5sも「付属」カメラとしては充分な感じはするんですけど
一眼ってのはやっぱり、よう撮れる。
やっぱり、カメラというか写真を撮るのは好きなんだろうなぁ。










さて、写真つながりで。。。



2011年の映像だそうで、
Paul Simonも見た目はもう結構な感じですけど
変わらないなぁ、歌声。







■  [PR]
# by Nishi9ra | 2014-01-19 04:24 | 映像と音楽 | Comments(0)
陽炎









色々なものを見て、聞いて
そうやって、
時間が過ぎて


あれがいいな、これがいいなと
いろいろ
手にしたり、なくしたり。


結局のところ
いつまでも
残っているものは同じようで。

そしてまた、
色々なものを見て、聞いて。
そういうことがずっと繰り返される。


作品は年をとらない。
ただ、我々が年を重ねるだけで。。






■  [PR]
# by Nishi9ra | 2013-12-20 02:49 | 音楽バンザイ | Comments(0)
Smooth Operator







最近、やたらと嫁さまが聴きまくっている曲です。

私もOCEANLANEのカバーからだったので、
元歌がSADEだったというのは非常に驚きました。

とても良いアレンジだと思います。
カバー作品ってのは、
いかに自分色に仕上げるか、
元歌のままそっくりにコピーしてしまうか
そのどっちかにいけば。
私はそんなのが好き。


この作品については、見事にOCEANLANE色。
彼らの作品だって思ってしまうくらいに。

ただ、この曲が
好きでなきゃこれは出来ないんだよね。







■  [PR]
# by Nishi9ra | 2013-10-04 18:37 | 映像と音楽 | Comments(0)
サンバNo.7 - ピラニアンズ



なんかないかなぁ〜と
ぶらぶら探していたら、ピラニアンズを発見!!

そういえば、その昔いったなぁ。
そのときは、確かピラニアンズ2/4だったような。
なかなか全員揃わないイメージがあったような。



なんで、この動画見つけたかというと
坂田学さんのドラムを見たくて。

やっぱりいいなぁ。
この動画の5分くらいから始まるドラムソロ。

たしかに、すごい速いんだけど、
早く叩く、それがいい、というのではなくて
とっても聴いていて心地いい。
それがとっても大事。


ドラムは聞いてなんぼ。


見せてなんぼではないと改めて思うのであった。




■  [PR]
# by Nishi9ra | 2013-09-25 07:02 | 音楽バンザイ | Comments(0)
OCEANLANE - "Submarine Volcano"



OCEANLANEが活動していないのを昨日知ったけど。


好きものが終わったというモノサミシサ。
でも
いつまでも続かないよね、という
現実的なモノノミカタ。


私にとっての最高の音楽との出会いとは、
耳にした瞬間に湧き上がる爆発的な興奮。

そういった瞬間はこれまで何回かあるけど、
けっして多いものではないな。


On my way back homeは私にとって完璧な10曲が詰まっていた。
どこか憂いを帯びた、とても魅力的なメロディはその歌とあわせ。
まだ露出がほとんどなかったこともあり、
いったいどんなバンドだろうと、
その素晴らしい10曲とともに期待が膨らんだ。
この作品はこの先もずっと聴いている、そんな1枚だ。


Kiss&Killは私にとっては残念な作品だった。
それはあくまでも私の「聴きたい」と彼らが「やりたい」という間の
その違いに他ならない。
単にリスナーとしての好き嫌いといって問題ないだろう。


Castle In The Airはとてもバランスのとれた1枚。
Crossroadもしかり。

Look Inside the Mirrorは何度聴いてもいい。
Ships and Starsとともに私のお気に入り。


バンドも職業、音楽を仕事として続けていくってのは
やっぱり難しいのだろうか。
いや難しいだろう。



■  [PR]
# by Nishi9ra | 2013-09-07 11:28 | 映像と音楽 | Comments(0)
Franz Ferdinand - Love Illumination





ついに出た〜

Right Thoughts, Right Words, Right Action (LTD Edition Double Gatefold CD)

Franz Ferdinand / Hostess Entertainment

スコア:




まだ4枚目。。。
まだか、まだか、とようやくお目見え。

でも、そうすると、
5枚目を聞くのはまた何年後、、、という
前が2009年ぐらいだっけ。。
2作目以降は四年周期?

新作が聞けて、しかもこれまた良くって楽しいのに、
不思議な気持ち。


さて、すでに2曲のPVが公開されています。
なんでこっちかというと、
もう作った人の頭の中身がさっぱり理解出来ないから。


よくこうゆう映像が頭に描けるなあ。
ぶっ飛んでる。


でも、
こうゆうヘンタイはこそ素晴らしい。







■  [PR]
# by Nishi9ra | 2013-08-30 19:06 | 映像と音楽 | Comments(0)
モーニング娘。 『愛の軍団』



初めに。。
いわゆる、十数年前の「黄金期」は本当にニガテです


この「愛の軍団」
決してキャッチーな曲ではないんだけども、
頭に残る、つんくさんの曲と鞘師、石田、譜久村、小田がメインとなった振り。

「田中れいな後」の飛び抜けて歌唱力の良い主役不在(小田さくらも上手いけど)
の「今のモーニング娘。」はその分をパフォーマンスで魅せている。
初見で引き込まれる魅力ってのはそうそうあるもんじゃない。












■  [PR]
# by Nishi9ra | 2013-08-24 12:26 | 映像と音楽 | Comments(0)
Doves - Andalucía





この前の休みに相当久しぶりに渋谷クアトロに行ってきました。
あの。。。
かなり以前に書いた、クワトロ紹介のハナシは
もう、あてにならんですな。。。


そもそも、ブックオフだし。。
ライブフロアの下は全面改装して
なんかシャレた感じになっとるし。

相変わらず、ロッカーが狭いけど、
相変わらず、フロアの柱は邪魔だけど。
まぁ、これぞクワトロっていうことで。


その存在感というか空気は
老舗のもの。




上のPVはDOVESですが、
新曲聴きたいなぁということで。

このイントロ、好きだな。

曲全体を通しての
もの悲しくもありながらも、
疾走感のある音、展開。


わたしのなかの名曲




■  [PR]
# by Nishi9ra | 2013-08-08 14:00 | 映像と音楽 | Comments(0)
GRAPEVINE Tour 2013 2013/06/07(Fri) @仙台Rensa

GRAPEVINE Tour 2013 
2013/06/07(Fri) @仙台Rensa





1.なしくずしの愛
2.冥王星
3.MISOGI
4.作家の顛末
5.NOS
6.Pity on the boulevard
7.迷信
8.うわばみ
9.I must be high
10.コヨーテ
11.ピカロ
12.太陽と銃声
13.われら
14.1977
15.Wants
16.ナポリを見て死ね
17.フラニーと同意
18.無心の歌
19.片側一車線の夢
20.虎を放つ
en:
21.スイマー
22.白日
23.真昼の子供たち


仙台まで、
日帰りで行ってまいりました〜


私はこのツアー2回目。
初日のAX以来です。
毎回セットが変わっている、とは、
先日の横浜にも行った嫁さまから聞いてはおりましたが。


この日については言えば
なんといっても「NOS」。

盤の時点でも実にシブイ曲ですが、
目の前で聴くこの曲は
まぁ、カッコエエこと。
絶対にシングルにはならない曲ですが、
メロディーの美しさとかではなく、
この曲の圧倒的な存在感。
それはライブでしかわからないと思う。
このセッションはずっと聴いていたいですわ。
バンドの真骨頂。


そしてもう一つ
「太陽と銃声」〜「われら」

アニキのギターで繋がる二つの曲。
今回のツアーで私が楽しみにしていたのが
「われら」

新作「愚かなる者の語ること」の「コヨーテ」「われら」には
曲の途中で、まるで別の曲が始まるかのような展開がある。
「われら」の後半パートにおける、壮大感。
目の前では鳴っていた音は更に圧倒的に広がりを見せた。
それに加え、「太陽と銃声」からの繋ぎがとても素晴らしかった。


こと新作のツアーということになると、
「1977」は今のバインにとってライブ向きではないのか、
はたまたアレンジの錯誤中なのか、
まだまだ、「これ!!!」という満足感はなかったかな。
目指すところは「真昼の子供たち」のような、
よりギター色の強いところなのかも。
イントロの鍵盤はなく、歌い出しはギターを同時に。

「コヨーテ」も同じくまだ試行錯誤の色が濃く。
前半パートの変則展開をどうするか、というところかな。。。
曲の構成上、いつものように、亀井ドラムがどっしりとリズムで後ろで支えて、
といかないのが難しいところなのかな。と思っています。


まあ、そうゆうのを勝手に想像するというのが
とても面白い。



次は名古屋、21日に行ってきます。
当然、弾丸日帰りでございます。

仙台も車で行ってきましたが、
嫁さまも運転好きなので
昔に比べたら全〜然、楽なのです。ヽ(´ー`)ノ





牛タンくったけど、うまかった、、、、










Tags:# 
■  [PR]
# by Nishi9ra | 2013-06-10 13:34 | ライブに行ってきました | Comments(1)
Grapevine TOUR 2013 @SHIBUYA-AX 05.09
2013.05.09 @SHIBUYA-AX
GRAPEVINE TOUR 2013


1.無心の歌
2.I must be high
3.ジュブナイル
4.13/0.9
5.let me in ~おれがおれが~
6.作家の顛末
7.おそれ
8.うわばみ
9.コヨーテ
10.ピカロ
11.なしくずしの愛
12.太陽と銃声
13.1977
14.迷信
15.われら
16.ナポリを見て死ね
17.Misogi
18.片側一車線の夢
19.真昼の子供たち
20.虎を放つ

EN
21.フラニーと同意
22.光について



備忘録。。。

ひっさしぶりにライブに行ったというか、
その前に行ったのもバインのNHKホールってことは
ワンマンはバインしか行ってない、くらい。
挙句の果てにAXもいつ以来だろうかえ。

セットリストはご覧のとおり、
最近ではちょっと検索すればすぐ見つかるのですねぇ。
便利便利。


レコ発のツアーですが、
この選曲。
当然の「無心の歌」始まりの後の
「あれ、レコ発ですよね。。。」的なセットリストが
たまらんのです。

私がライブに行く理由というのは
CD音源の再現を聴きたくていくのではない。

CDはあくまでもその曲の形のひとつ。

当然、盤になるまでの試行錯誤があって、
そこに至った訳ですが。
でもね。
表現というのはきっともっともっと可能性があって、
その時の気分で左右されたって全然構わない。

ワタシにとってライブってのは
アーティストの表現者としての
作品に対する可能性をさがす場所でもあり、
聞き手の私にとってはそれを感じることの出来る
その場限りの空間、瞬間。

それを求めているから
今はGrapevineのライブに行くんだと思うんだねぇ。

さて、この初日の感想ですが
さすがにツアー初日ともなると
まだまだ手探り感があり、
特にコレはと思うような変化はまだなく、
特に「1977」は鍵盤の音を抑えているのか、
単に音量の調整の問題なのやら。

あーでもない、こーでもないと
そうやって曲の形が広がるんだろうなぁ。


このツアーは先は仙台と
最終日のZEPPに行く予定です。
他にも行けたらいいのになぁと。




■  [PR]
# by Nishi9ra | 2013-05-23 13:12 | ライブに行ってきました | Comments(0)
GRAPEVINE -1977



愚かな者の語ること [初回限定盤](アナログ盤LPレコード・ジャケット仕様)

GRAPEVINE / ポニーキャニオン

スコア:




やはり、の亀井メロディー。

静かに奏でる鍵盤から始まり、
たった30秒で始まるサビのパートは
とても儚いような。

このメロディーに
田中さんのちょっと斜めな詩がとてもピッタリで。

先に公開されている、
「なしくずしの愛」とは違った、
これもバインの魅力。


アルバムが待ち遠しい!!


でも、8cmシングルってww
一体どれだけの人が再生できるのさw

我が家は8cm用のアダプタ買っちゃったよ〜







■  [PR]
# by Nishi9ra | 2013-04-12 05:47 | 音のある絵 | Comments(0)
GRAPEVINE - なしくずしの愛




来月発売の新譜からの先行公開です。

PVってのはそれは色々作り方があるものですが、
今のGrapevineはただ演奏している姿だけで充分。
余計な演出はきっと曲の邪魔になると思う。
だから、このPVがとても好きです。

そこにいるだけで絵になるのだから。
そうゆうバンドなんだなと。
私と同世代で今だにこう、ロックを聞かせるのはもういないと思う。
気がついたらば、バインだけが残っていた。
だけど、きっとバインは「バインらしく」やっていただけ。


私がこの数年、聞いている。
何聴こうかな、じゃあバインだなと。

ライブに行きたいと、
予定をこじ開けてでも行けねぇかなぁというのも
もはやこのバンドだけ。


今度のツアーは行けるだけ行きたいな。
前回は盛岡行ったんだから!!


ほんと、いつの間にかクソみたいな
どうでもいいようなものばかりが
溢れかえってしまっていて
視界を悪くするんだけど、
聴きたいものは結局ずっとそこにあったんだな。





■  [PR]
# by Nishi9ra | 2013-03-05 04:55 | 音楽バンザイ | Comments(0)
Kimonos - Soundtrack To Murder



2010年の作品ですが、
私にとっては今年のベストかも。


惜しむらくは、
去年のARABAKIで何故観なかったかヽ(°▽、°)ノ
まぁ、知らなかったのでw


なんとも確信犯的なサウンドですが
こう、サラッと自分の音にしてしまうのが
実に向井さんらしいというか。

KimonosのPVはもう一曲あるんですが、
どちらも「見せ方」が上手い。

陰影とカメラワーク「だけ」で
とても印象深い作品になっています。

ゴテゴテいろいろ飾ればいいのではないんですね。

ま、一番ズルイのは
ドラムを叩いている向井さんですわね。

その映像が出ただけで
もう心は持って行かれます。





Kimonos

Kimonos / EMIミュージックジャパン

スコア:









■  [PR]
# by Nishi9ra | 2012-10-15 02:42 | 音楽バンザイ | Comments(0)
光る音 / Polaris



6年ぶり。

ながいといえば、長く。
中学入ったのが、高校卒業しちゃったよ、的な。

長いな。。。。


12月にライブがあるとか。
行きたいぞ。
代官山UNITなんぞ、もうどれだけ行っていないことか。

今年は中村一義、ZAZENBOYS、Polarisと
私にとっては嬉しい嬉しい。


サポートメンバーが変わっていて、
FISHMANS色が濃いPolarisの6年ぶりの作品となっています。


かなりのお久しぶりですが、
やっぱり、私は坂田さんのドラムでもう一度ライブを観たいんだなぁと。
6年前と全く同じ気持なのでした。

















■  [PR]
# by Nishi9ra | 2012-10-10 16:54 | 音楽バンザイ | Comments(0)
Wonderwall ①




この、なんとも言えない
違和感はなんだろなぁ。

歌っているのは以前と同じリアムで、
後ろにいるメンバーもほぼ同じ。

オーケストラも組まれちゃって。
盤そのまま、みたいな音を出してます。

やっぱり違うんだな。

もちろん、
これは私の個人的な先入観でしかないけども
他の人が作った曲を歌っている、という感じが抜けないな。

ああゆう、世界的なイベントでおそらくこの曲をやれば
サプライズも含めて当然のように
ああやって盛り上がるんだろけど、
私はどうしても好きになれない。
だから何の感慨もない。

この歌声はOASISの
リアム・ギャラガーではないのに
この曲を唄ってしまっているからなんだろう。





■  [PR]
# by Nishi9ra | 2012-09-10 10:27 | 音楽バンザイ | Comments(0)
Perfume - Spending All My Time



Spending all my time (初回限定盤)(DVD付)

Perfume / ユニバーサルJ

スコア:





ひっさびさに、CD(盤)を買いました。
このPerfumeはいいなぁ。

前作あたりまで、ちょっとマンネリ気味の音を
パフォーマンスがカバーしているなぁと見ていたんですけど
今作はとっても好きです。音も含めて。

とてもシンプルな構成で
繰り返しの繰り返し。


そこで退屈になるか、やみつきになるか。
私は後者でした。


PVも面白いので、とってもいいな。







■  [PR]
# by Nishi9ra | 2012-08-31 12:34 | 音楽バンザイ | Comments(0)
SUMMER SONIC 2012




何年ぶりだかのサマソニに行ってまいりました。

すっかり出不精になってしまったので、
会場入りは14時。

GREAT3
吉井和哉
Franz Ferdinand
Sigur Ros

足を運んだのはこの4ステージ



フランツはやっぱりズルイ。
盛り上がるべくして、盛り上げる。

どの曲を演奏するとかのチョイスとかではなく、
どの曲もなんだから。


The Dark Of The MatinéeからOutsidersまで


とても気持ちのいいライブでした。



■  [PR]
# by Nishi9ra | 2012-08-22 11:13 | ライブに行ってきました | Comments(0)
The SALOVERS - ディタラトゥエンティ

今年はサマソニに行くのです。


チケットは既に買ったのです。


とはいっても
初日だけですけどね。
いいえ
初日だけで私は十分です。



改めてラインナップを見ると
これは嬉しい限り。


いつかは観たかった、Sigur Rosを筆頭に。

DEATH CAB FOR CUTIEはワンマンの時に
未だに心残りがあったので、なんとかもう一度と。


Franz FerdinandはFUJI ROCK以来。
もはや何もいうことなしというか新作が聴きたい。


まぁ、
結局のところ
好みはずーーと変わっていないのです。



*****************


ROCK IN JAPAN FESには行っておりませんが、
ラインナップはやはり気になるもので
チェックはしておるのです。


近頃のニューカマー的なものについて
まったく知らないワタシにとっても
ようやく初耳が増えてきたのは面白いこと。


しっかし、今は便利だね。
各アーティストのサイトに行けば大体はYouTubeとかで
曲を聞くことが出来るもん。


そんなワケで
初めて見た名前のバンドの
音を聴いています。


あれね。
こんだけいっぱい音があれば
きっと「アレに似てる」とかあるのは、
もうしょうがないでしょ。

それをイチイチ言ってもどうすんの、って。
いいじゃん、もう。


音楽を作ってるって人は
きっとどこかで自分の好きな音のルーツに影響されてる。
それって当たり前だと思うんだよなぁ。


だから、いいんじゃないのかな、
別にこれいいな、っていうのが
何かに似ていても。
それが本当に好きならば。。。





ま、そんなわけで
一通り聞いてみて面白いな、と思ったのを載っけてみます。




The SALOVERS - ディタラトゥエンティ






うん、私はこの曲好きです。









■  [PR]
# by Nishi9ra | 2012-06-20 13:18 | 音楽バンザイ | Comments(0)
G.W.D / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT






YouTube見てたらミッシェルが観たくなって。


まあ、これから先、
こうギラギラしたのには
お目にかかれんのかな。





ないな。。。。




THEE MICHELLE GUN ELEPHANTが私のロック









■  [PR]
# by Nishi9ra | 2012-06-12 11:02 | 音楽バンザイ | Comments(0)
中村一義 「運命」



運命/ウソを暴け!

中村一義 / FIVE D plus

スコア:







本日発売ってことで。

私はiTunesで買ってしまいましたが。
おそらくCDにはなんらかの特典があるんでしょうな。


やはり、
歌詞カードが必須だということを
改めて思い知りました。。。。。


詩の一字一句をちゃんと知りたい、
と思ったのでありました。




そうすっとやっぱり
音源は盤なんだろうなぁ。


なんか、手にした感がないのは
私が昔の人だからなんでしょうね。




さて、
本題の曲ですけど、
さっき初めて通しで聴いたのですが。

「おやっ!!」っていう第一印象で。

100sならばそこまで驚かないのでしょうが、
中村さん名義で、このアップテンポ。

先行の「ウソを暴け」が
「金字塔」の流れを汲んでいる曲と感じていたので
なおさらそう思うのかも。


今日はずっと聴いてましょ。
ん、明日以降もか。


「ウソを暴け!」のPVもフルでみたいな〜

この曲、ものすんごく好きですわ。
通勤中の車内でずーーーーとリピートしてます。











■  [PR]
# by Nishi9ra | 2012-02-15 06:42 | 音楽バンザイ | Comments(0)
MISOGI





MISOGI EP(数量限定 完全盤)

GRAPEVINE / ポニーキャニオン

スコア:






うーん、カッコエエな。


もう、見回したら
みんな勝手にいなくなった、そんな感じ。


やりたいことをやり続ける、ってことが
今もつづく証ってことでしょうか。


この曲、ライブ映えするなぁ。
アニキのギターソロが楽しみですわ。














■  [PR]
# by Nishi9ra | 2012-02-11 17:32 | 音楽バンザイ | Comments(0)
" 主題歌 " 中村 一義


私の価値観は私のもの。
時には誰かと繋がるかもしれないけども
それを期待して決めているわけではない。



私がこうやって、あーでもないこーでもないと
好きな音を書いているけども

自分がどんな音が好きか、ってとっても曖昧。
結局、好きなモノが好きなワケ。


こうこうこうゆう音楽が好きなんだ、って語れるってのは
どうもムリヤリ言葉で表現しているようで
なんか違う。


例えばビートルズ好きは
ビートルズっぽいのが好きかっていうと違うと思う。
むしろ、「ビートルズっぽい」って避けたりするんじゃないのかな。


だから、ほんと偶然、
ふと耳にして、

「これっ!!!」

というとても幸せな瞬間。
私はその音が好きなんだと思う。


私にとっての「好きな音」は
探して見つけるのではなく、
偶然でも必然でもどっちでもいいや、
きっと出会うはず。


そしてそこから、
始まる、始まった



もし「犬と猫」をあの時偶然、聴いていなくても
「いつか」を「永遠なるもの」を聴いて今に繋がってる。

「金字塔」を知らなくても「太陽」「ERA」で。
「100s」とすれ違っても、「Honeycom.ware」。


そしてそこらから
「金字塔」へと繋がっていったはずだ。




中村一義という人の音楽は
私の価値観に
それはそれはそれはそれは
ど真ん中で。


私の音楽はあの時、また始まった。








主題歌

中村一義 / マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

スコア:












■  [PR]
# by Nishi9ra | 2012-01-30 13:04 | 音楽バンザイ | Comments(0)
中村一義 「ウソを暴け!」





iTunesストアで配信が始まりました。


あぁ
うれしいなぁ。。。。。





今年の年末には武道館ライブをやると。
行きたいなぁ。










■  [PR]
# by Nishi9ra | 2012-01-25 09:45 | 音楽バンザイ | Comments(0)
JAMAICA - 'Short and Entertaining'



No Problem

Jamaica / Downtown

スコア:







先日、マチャ彦さんから貰ったCDの1枚。
最近はずっと聴いてます。


まったく、知らなかったバンドで、
この映像で初めて見たくらい。



うん、いいかんじ。




さぁ、今年もはじまりました。







やっぱりYouTubeって便利ね。
いろいろ探してみましょ。












■  [PR]
# by Nishi9ra | 2012-01-11 10:32 | 音楽バンザイ | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >



音楽バンザイな日々
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
音楽ランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite