Polaris @ SHIBUYA-AX
c0027400_1132716.jpg



生まれ変わろうとしている、
このバンドのライブには
やはり、もう一人
5人目の彼女の歌声が必要だった。
"キーボード、コーラス、原田郁子"


坂田学さんから、あらきゆうこさんに変わって
Polarisのドラムの音、特にバスドラ、が重たくなった。
スネアは乾いて力強い音を轟かせる。
別に、坂田さんのドラムが軽いわけじゃない。
弱いわけでもない。
あらきさんがそういう音のドラマーだということ。
逗子のKANNONで
Charaさんの後ろで叩いていたときも
その音はかなり目立っていた。
いいドラマーだと思います。

問題はバランス。
オオヤさんの声は適度に力が抜けていて
とても優しく、ゆったりした歌声。
そしてPolarisの楽曲にも同じ事は言える。

力強さと繊細さのバランスを保つのには
郁子さんの存在が必要だったと実感。
ほぼフルセットでステージに立っている間、
キーボードでコーラスでリズムに曲に柔らかさを与えてくれた。

"月の恋人"
もともと、盤の時点で参加してるけど
郁子さん抜きにはありえないと思わせる、
とても素晴らしい演奏でした。

2005.9.22
SHIBUYA-AX

Polaris are

オオヤユウユケ

柏原 譲


Support Guest

Drum あらきゆうこ
Gtr&Drum 宮田 誠
Key&Cho 原田 郁子(from clammbon)

Special Guest
キセル



ガンバレ記憶くん、
うる覚えなセットリスト (順番はたぶん、こんな順)

① ひかりのさすほうへ (だったと思う。。)
② Slow Motion
③ 深呼吸
④ 月の恋人
⑤ 蓮華~アストロ・ニュース (かもしれない)
⑥ コスモス
⑦ 君と日々
⑧ 檸檬
⑨ コスタリカ
⑩ 天気図
⑪ 存在
⑫ 光と影
⑬ Fast & Slow

en
⑭ It's All Right !
⑮ 渚へカーブ (with キセル)
⑯ 流星 (with キセル)


いやぁ〜
クライマックスは
⑬の本編ラストの"Fast & Slow"と言いたいんですが、
檸檬〜コスタリカ〜天気図
この3曲は間髪入れずプレイするリレー展開で、
これが、この流れがまた良かった。
どれも好きな曲なんで。

今日は整理番号「118」番ということで
最前列でした。しかも譲さんの真ん前。
真正面とは言ったものです。

これまでPolarisは後ろでゆったりと聴いていたので
じっくりと見てきましたよ。
譲さんのベースプレイを。
"光と影"特にこの曲のベースが好きでして。

"光と影"をはじめとして、Polarisのステージは
ライトが実に効果的に空間を照らし、演出する。
あの、光と影。
いつもと同じように、ステージ後方、あらきさんの後ろから
その暗闇を光で包み返すような光が。
光は暗闇があるから、
影は光があるから。



やはり"瞬間"はやりませんでしたね。
あの曲というか、あのセッションは坂田さんのもの。
その代わり、
"Fast & Slow"を手に入れたのでしょうか。

ラストの"流星"コーラス。

キセル
あらきゆうこ
原田郁子
宮田まこと
and
オオヤユウスケ
柏原譲

ステージ上の全員があのコーラスを歌った。
なんてすばらしい曲だろうなぁ。
とても、とても素晴らしかった。
そして、終わった瞬間にフロアは真っ暗に。
思わず涙ぐんでしまった。


最初に流れた波のBGM。
そういえばあの時も流れてたなぁ。
このAXで。


この日、
譲さんが最初に、そして最後に言った、「ありがとう」。
AXに拍手と歓声が溢れた。

ありがとう
[PR]
by nishi9ra | 2005-09-22 23:21 | ライブに行ってきました | Comments(2)
Commented by 桜子 at 2005-09-25 03:46 x
素敵なライブだったみたいですね!
ポラリスも見たいバンドの一つだなぁ。。。
そうそう疑問だったんだけど
郁子ちゃんは正式メンバーなのですか?
今後ずっといっしょなの?
てゆかこの前のアルバムでは郁子ちゃんはいないの?
ゲストというには出ずっぱりすぎなので
どうなのかなぁ?と思いました。

ともかく楽しかったみたいで、良かったね!
Commented by nishi9ra at 2005-09-25 08:48
おはようございます
郁子さんはあくまで
クラムボンの原田郁子です。
以前からライブのサポートとして、
作品にはまたは前作にも
ピアノやコーラスで参加してますよ。
他にも
あらきゆうこさんが、
宮田まことさんがメンバーでないのかは
それがしにはわかりませんヌ。

おそらくですけど
この5人のメンバーがPolarisであってもおかしくないけど
それぞれみなさん、ソロだったり、バンドだったりと本来の
自分の居場所を持った人たちだから、じゃないかなぁ。
いちアーティストとして迎えているんでしょう。
また、
詩・曲・アレンジを生み出すところから「Polaris」なのだとしたら
あくまでサポートのみさなんはゲストになると思います。

自分なりに考えて、こんな答えになります。
<< Polaris Tour 20... "Genius Ba... >>



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧