100s "THE TOUR OF OZ #" @ZEPP TOKYO
爆音の末、第二部。

c0027400_0503671.jpg



気がついたら、晴れてた。
風は相変わらず強いけど、空は晴れた。

ここ、ZEPP TOKYOは
お台場のパレットタウンの中にある訳だけど、
初めて来たときは、迷った、迷った。
ほんとに分からんかった。
パレットタウン内の掲示板地図見たって、さっぱり。。。
まぁ、こうゆう時は
「人に聞け」ってことです。
(TOYOTAの建物内を通り抜け、
観覧車に向かって行けばいいんですけど)

まず、ZEPPの入り口にある張り紙を見て、ビックリ。
当日券あるんだ。。。。あらら。


さてそんな100sのライブですが、
今日の今日まで、まったく他の公演でのセットリストを
拝見してませんでした。
だから何をやるんだろう、っていうワクワク感が。
絶対、"第一部"のセットから変更があると思ってましたんで。

the band apartのライブが
盤のイメージから結構、おもしろいギャップがあるって
以前に書きましたけど、

100sはそれ以上だと思います。
ZEPPで言うなら
前から5ブロックぐらいまでかな、結構激しいです。
おそらく、あの盤の音を生でじっくり聴きたいって人は
多いはずです。

押し合いへし合い、みんな飛び跳ねてるし。
もしそれが悪い意味での予想外だったら、
その中にいても、きっと楽しくないでしょう。

ライブが始まっちゃうと、
みんな自分の事でいっぱいいっぱいです。
足を踏んでしまったり、踏まれたり。
後ろにいる人に押されると肘鉄かましたり、
目の前の人の髪が自分の顔に当たって口に入ったり、
ちょっとでも前に行きたい人はどんなに狭くても
平気で割り込んできたりする人もいます。
時にはライブ中でもこうゆうことが原因で
揉めたりする人もいます。

オールスタンディングのライブなんです。
どのバンドのライブが良いとかじゃなくて。

そして100sのライブでも特に前方ステージ付近では
まさにこうゆう事が起きます。
だから、もし
あの素晴らしい曲と演奏をじっくり聴きたいなら
後方や両脇で聴かれる事をオススメします。
後ろで聴くのもいいですよ。

終わった後に残るのが
演奏以外の嫌な思いでではなくて
バンドの、アーティストの演奏であってもらいたいので。

Polarisはこれまでいつも後ろでゆったり聴いてきました。
ZAZEN BOYSを日比谷野音の最後尾で聴いたとき
これほど音を堪能できるのかと感激したものです。

明日、後ろで聴こうかとも思ってます。
ただ、整理番号的に一番前で聴くチャンスでもあるんです。
迷ってます。

実際のところ、
今日は前から3列目ぐらいにいまして
当然モミクチャです。
でもそれはいつもの事なので覚悟の上です。

うれしくて
歌って、
飛んで、跳ねて、
叫んで。

これってまさに自分にとって
至福の時だよ。

本は読まない、
テレビドラマは見ない生活で
感激して目頭が熱くなることがあまりないのですが、
音楽は、大好きな音楽は
そんな自分に
ガツンガツン感情の壁を壊していきます。

"Honeycom.ware"という曲は一生の宝物。
盤で聴いても、ライブで聴いても
このリズムは無敵だ。
音の聖者の行進。

"B.O.K"、
この困ったくらいに何を言ってるかわからない、
サビの歌い方にようやく何かあると気がつき始めました。

あの広いはずのZEPPのステージを
あえて狭く使うセット。

6人で作られた半円から
あの素晴らしい音が奏でられる。

MCはやっぱりな雰囲気。
でも今日は町田さん、大人しかったような気が。


100sは今日もまた一歩、一歩と進化してます。
初めて聴いた中村一義の博愛博、
SHIBUYA-AXに来た、みんなはどうして良いかわからないような
ステージの上も下も手探りの状態で
初々しさが今ではとても懐かしいです。

100sのライブは今、
その両者が成長しながら時を刻んでいくのです。

今日はうる覚えセットリストはお休み。
明日、載せますんで。
もしそれを期待されている方がいらっしゃったら、
ごめんなさい。
(一応、憶えてはいるんですよ 笑)
[PR]
by nishi9ra | 2005-09-25 23:12 | ライブに行ってきました | Comments(0)
<< 100s "THE... 100s @ZEPP TOKYO >>



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧