The Sound Of Shimokitazawa @SHIBUYA 0-EAST
c0027400_195411.jpg




~まわる、まわる、ぐるぐる まわる~

この歌ね、タイトル知らないけど好きなんだ。
誰の歌かは知ってるよ。



「The Sound of Shimokitazawa 〜弾き語りの夕べ〜」

2005.11.17 Thu

@SHIBUYA O-EAST


出演

向井秀徳アコースティック&エレクトリック
峯田和伸
海北大輔
曽我部恵一



下北沢の再開発計画を考えるプロジェクトが立ち上げた今回のライブ。

それは、もう一つの始まり。
この運動が既に始まっているものであり、以前、ここでも
下北限定発売という曽我部さんの活動に触れてみた事もあります。

下北住人でない自分や他の人には、なかなか伝わりにくい話ですが、
自分自身、思うところがあるんで
(正直言えば、曽我部&向井さんのライブだし)
参加してみたのです。

オープニングで主催者の挨拶があり、
このイベントの説明があったけど、
特に、メッセージ性の強いイベントではなかったですね。
それは、この場をまたの出発として、発信地点として
より多くの人に関心を持ってもらいたいという、
意味合いがあったのかもしれません。

そう、これはスタートなのです。



ライブは4人が一人ずつ、登場するスタイル。
まず、トップはなんと"This is MUKAI SYUUTOKU"
こと、向井秀徳w
始めに聴いたこの人のライブは
この曽我部恵一さんとの競演

今日は"無戒"ではなく、「向かう、井と書いて向井」w
ピンクのフード付きのパーカーを黒のジャケットの下に着て、
アコースティックギターを鳴らしながらステージ袖から登場。
やっている曲は同じなのに、どうしてここまでZAZENと違うのか。
そしてそれがまたタマらんw

"The Days Of Nekomachi"
"6本の狂ったハガネの振動"
"CRAZY DAYS CRAZY FEELING"
"Kimochi"
"自問自答"

なにより、楽しいw
何があったか書きたいけど、
文字にするとなんか面白さが伝えにくいのでw
無戒さんのライブはまだまだあるので、
ゼヒその場で体験してもらいたいですね。
最高に笑えたライブだった。
さすが向井さん。

そして、
"Kimochi"
"自問自答"

とてもZAZENの曲とは思えないほど、
この「向井秀徳」でのこの2曲は素晴らしい。
前に、TVで椎名林檎と競演したことがあり、
彼女が"Kimochi"を歌っていた事を思い出した。
あれも良かったけど、やはり本人も素晴らしい。
このゆったりと、でもその詩、
言葉と言葉を噛みしめるように語られる、
向井調、この2曲のもう一つの顔が見える。

そう言えば、TVの"自問自答"はノーカットで放送したんだった。
ココロして聴きなさいってことですw



ラストはやはり、曽我部恵一。
セットチェンジでなぜかドラムキットがセットされた。
「???? ひょっとしてバンド?」
と思いつつも、両サイドにマイクスタンドがないので、違うし。
謎のまま、曽我部さんの登場を待つ事になった。



抱きしめられたい
きみの愛だけがぼくのハートをこわす
ハルコRock
ジュークボックス・ブルース
Fire Engine
テレフォン・ラブ
青春狂走曲
Love-Sick
Mellow Mind


やはり一人でのセット。
あの9/11 以来に見た、曽我部スマイルだ。
スゴく楽しそうで、嬉しそうw

ドラムの正体は"テレフォン・ラブ"
もうすっかりおなじみの、
~ おぉ〜 テレフォン・ラブ〜というパートが始まると、
ドラムを叩きだしてリズムを取るw
どうもテキトウのような気もする、叩きっぷりだったけどw
面白いからいいやw

またまた大暴れの曽我部さん、
フロアに向かってダイブを始めるw

"Mellow Mind"はやはりアカペラ。
いい声してるなぁ。

先月、足を運んだライブではどうも張りつめた感じがあったんで
この開放感は久々だよ。
HP上で読んだけど、あの時期はどうやらスランプだったらしい。

う〜ん、楽しい。
開放感溢れる曽我部さんの笑顔は、あの9/11を思い出させた。


当然のアンコール。
登場する4人。

峯田君の姿を見つけ、
何処かに消えていた、銀杏っ子が前に突進してくるw
まぁ、元気な事でw

そして始まったのは
冒頭の曲。

そう、向井さんも好きなんだよね、この曲。
一番、フロアのみんなより驚いていたのが峯田君。
本人も知らなかったようで、
申し訳なさそうに、それでもうれしそうに歌う。

彼は服を脱がなかったけど(まぁ、挨拶程度なことはあったけどw)
歌っている時点で彼は裸だなぁ。
だから、この銀杏っ子は彼を追い続けるのかもなぁ。

本題の趣旨に関しては
海北君の言葉が一番印象的。
彼の響き渡る、あの歌声に、
また一人、自分の知らなかった素晴らしい歌声があったことを知った。

これから、だよね。

そんな想いをこめて
署名をし、EASTを後にしました。
[PR]
by nishi9ra | 2005-11-17 23:48 | ライブに行ってきました | Comments(2)
Commented by へたれ at 2005-11-18 08:34 x
とてもとても素敵な4人がそろったライブだったんですねー(^-^)羨ましいです☆
曽我部さんも、向井さんも、海北君も、峯っち(元気そうでよかった)も、みんな下北好きなんだなーって伝わりますね!
へたれの姉も職場から遠いくせに下北に住んでますよ(笑)
やはり音楽好きには何かを感じさせる街なんでしょうね。
そぅいぅ文化がある街こそ、大切にしたいですね☆
Commented by nishi9ra at 2005-11-18 14:24
下北沢は面白い街ですね。
夏ぐらいからQUEとかライブハウスに行く機会が増えてて、
あのちょっと古い商店街の賑やかさ、
なかなか最近見られないもんです。
それでまた、オシャレな街だから面白いですね。

いろいろ良い点、悪い点があるんですよね。
当然、賛成の人もいるのも事実、
なかなか折り合いを付けるのは難しけど
みんなが笑えるようになれば。
ただ、賛成/反対っていうんじゃなくて。

海北君が言っていたのはそういう話だったんです。
ホント、その通りだと思いましたよ。
ではでは
<< OASIS @代々木第一体育館 AIR @SHIBUYA CL... >>



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧