ZAZEN BOYS @SHIBUYA-AX 2005.12.27
真っ白な気分。
すべてが解き放たれたような気分だ。


2ヶ月ぶりのZAZEN BOYS。
AXに来るのも今月初めのAIR以来だ。
今日は睡眠も多くとってるし、
食事もしっかりとってある。

準備は万全。


ここ最近の調子の悪さには
自分でも嫌気がさしている。
あんなのは二度とごめんだ。

それでも前か後ろか、は
圧倒的多数の自分会議で前に。


すっかり日も落ちた17時過ぎにAXへ。
さっそく限定販売の日比谷野音のCDを買う。
数枚買っている人を見ては、
オークションかな、といういらぬ詮索が頭をよぎる。

こうやって手に取ることが出来ると、ちょっと離れてはいるけど
所沢に住んでいる、ありがたみを感じる。


冬のAXでの開場待ちは寒さとの戦いでもある。
程よい時間でロッカーに荷物を預け、身軽になるが、
案の定、「会場調整の遅れ」で開場時間が遅れる。
震えて待つこと10分、やはり10分というべきか、
入場整理が始まる。


A91番というのは実は「192」番であることに気がつき、
覚悟はしていたけど、やはり最前列は埋まっていた。
2種類の整理番号があった為だ。「A」と「番号なし」。これが同じ扱い。


2列目に場所を決めた。
近くに、見たことのある、おじさんを発見。
toddleのライブで見かけるので
「toddleおじさん」と勝手に名付けていたのだが、
要は「Number girlおじさん」なのかと気がつく。
いいな。やはり音楽に年齢はない。



19時をこれまた10分くらい過ぎたころ、
ステージに向かって左側の袖に柔道二段が、
ヤンキーがスタンバイしているのを見つけ、凝視する。
いよいよ、はじまるんだ。


4人が一緒に登場。
眼鏡の上にサングラス、その上に白のサングラス姿の向井氏、
開口一番

「シブヤっ!!」

人は感情を何処までコントロール出来るんだろう。
ZAZENを前にして俺は自分のコントロールを失う。




思い出してみるけど。。。

Usodarake
Ikasama Love
Himitsu Girl's Top Secret
Hard Liquor
Maboroshi In My Blood
自問自答
METAL FICTION
Friday Night
Water Front
感覚的にNG
Whisky & Unubore
Tanuki
Crazy Days Crazy Feeling
Cold Beat
半透明少女関係
(他多数)

en
Kimochi




個人的には
"Crazy Days Crazy Feeling"の変化に一番驚いた。
この曲といえば、カシオマンなワケ。

ところが、今日初めて聴いたアレンジはヤンキーが主役。
一転してテンポも落とし、
向井さんはギターを置いて、
マイクをスタンドから外して歌いだす。
これは「Ⅲ」用のアレンジだろうか。
ヤンキーのぶっといベースがクローズアップされ、
そしてよりメロディが強調された。

"Crazy Days Crazy Feeling"は「夜」を迎えた。



シビレるステージだった。

カシオマンのダンス、舞うカシオマン。
音に乗って。

突き上げるヤンキーの拳。

柔道二段のビート。

そして、練り上げる、あの人。


すべてを音でねじ伏せるZAZEN BOYS、
これは頂点だろうか。






恐らく、前列で聴くのはこれが最後になる。


今日も先日の二の舞になるところだった。
開戦前夜からwater frontまで、
自分とのどうしようもない戦い。
真っ白になってしまい、
新譜からの3曲はまともに聴けていない。


またか、と頭をよぎり、
なんとかならんか、とその場で呼吸を整える。
かろうじて、持ち直したが。
しばらくは目を開けることが出来なかった。



人の波に揉まれるというのは面白い。

高田馬場からは下り電車には乗らない。
そんな寿し詰の状態で電車なんか乗れるか。
そんな状態なら平気で2、3本はスルーする。

そんな俺でもライブの人波は気持ちがいいもんだ。
要は同じようなリズムをお互いが体で刻む。
面白い一体感がその人波に生まれる。

飛んで、踊って、押して、押されて。
踏んで、踏まれて。
歌って、笑って、叫んで。

これがライブだな。


残念ながら、今の自分にはこの位置で
最後まで一体感を味わう体力が失われてしまったようだ。

それでも知っている。
後ろには後ろの楽しさがある。


今年はあともう一度、ZAZEN BOYSを聴く機会がある。
幕張にて今年を締めくくる、3バンドを聴く。

サンボマスター
曽我部恵一バンド
そして
ZAZEN BOYS

せっかくのフェスだろうが、
わざわざ、味見をする気はない。



好きなものを聴く。

これが今年の、これまでの俺。
これからもだ。


そうやってきたんだ。
[PR]
by nishi9ra | 2005-12-27 23:49 | ライブに行ってきました | Comments(0)
<< Arctic Monkeys ... 。 >>



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧