音楽と本
c0027400_2349121.jpg
                                                                                                                                                                                                                                                                  

音楽雑誌というのを
一番最初に買ったのは、いつだろうなぁ。

中学生の頃は
読んだ事もないな、きっと。

高校生になってからかな。

確か、「CDでーた」とか「GB」とか買ってたような。

CDでーた、はよく買ってたな。
それで、発売日を調べてたような。


ロッキン・オン・ジャパンを買ったは、
もうちょっと後のハナシ。


学生となり、書店でバイトをはじめて、
いろいろ音楽雑誌がある事を知る。

「音楽と人」もその一つ。
今もあるのかな、
上のヤツは当時、取り寄せたバックナンバーだ。
この雑誌は写真が多い。
結局、それがこの雑誌を
今、読まなくなった理由でもあるのだが。


ちなみに、
これは平成6年(1998年)12月号。

中村一義が「太陽」を発売した直後である。
変わらないな、中村君。
「音人」は中村君とは繋がりが強い雑誌だという認識がある。
久々にインタビューを読んで、結構語ってるなと思った。


あと、ミッシェルもそうだね、
かなり「音人」では取り上げてたね。
ちょうど、この号では、
あの"ギヤ・ブルーズ"を出した頃だね。

『自分らが「カッコいい」って思えるアルバムを作った、
その結果が"ギヤ・ブルーズ"なんだよ」(アベ)

そのとーり。
この作品、発売日に買ったっけ。
あの頃、明らかに音楽シーンが変わり始めていた。
それは、今をもって完結はしていないが
明らかに、音楽は、日本の音楽は変わって来ている。
CDが売れないと、人は言う。
当たり前だ。

俺たちにはいろんな音楽を耳にする機会が増えた。
売れる音楽が良い音楽なんていうのは妄想でしかなく。
それに気がつかない人が、「売れない」という。
何の為にアーティストは音楽を創るのか?
売る為か?


それがかつての
「ミリオン時代」だと思うのだ。
音楽はドラマとセットで。
「ドラマの主題歌=ヒット曲」

さよなら、ヒット曲。


売る事はアーティストにとって生きるということである。
売れなければ彼らは飯を食っていく事ができなくなる。

だけど、魂だけは売ってはいけない。

それがアーティストというものであってほしい。



そう信じて、
今日も聴いてしまうんだろう。

"犬と猫"を
[PR]
by nishi9ra | 2006-02-22 23:53 | 音楽バンザイ | Comments(4)
Commented by miezo at 2006-02-23 17:35 x
わぉ!! (ってこれもベタですが(^^;))
いきなりアップでの登場でびっくりしました♪ 
中村君、こういう写真でアップで表紙を飾ってたんですね。
何だか面白い。リアルタイムで知らなかったもんで、貴重です。

‘犬と猫’、 大好きな曲です。中村君の要素?もいっぱいで、
印象強いし。
初めタイトルから入ったので、犬猫好きな私としては、普通に
ほのぼの系の歌なのかと(曲だけで言うと‘ハルとフユ’のような
感じを)イメージしたのが … !! でした。

100sになって、より楽しそうですね、中村君(^-^)
そしてそして、丁度昨日届きましたよ ‘Ozlive!’が♪

Commented by nishi9ra at 2006-02-24 01:31
いやぁ〜
よく残ってましたよ、この雑誌。
所沢に引っ越してきた時に
一応、みんな持ってきたんですが、
数年前に捨てちゃったんですよ、ほとんど。

「音楽と人」、あの当時、
中村一義というアーティストを表紙にするってのは
かなりスゴい事だと思いますよ。

"犬と猫"の中村君の吐き出しっぷりには
あっぱれですw
独特の言い回し、中村節。
そしてメロディー。
何年経ってもずーっと聴いている曲です。

DVD、明日買いまーすw
行く途中に買えばよかった(涙)

ちなみに、上の写真なんで車に乗ってるかというと
タクシー会社で働いている、
中村一義というコンセプトの写真で
他にも面白い写真があります。
京王自動車っていうタクシー会社で撮影されたものです。

ではでは
Commented by miezo at 2006-02-24 20:03 x
中村君の写真、ケータイで見ると、最初小さな‘5mm’角くらいなんですよ。(でも分かったけど)
それをぽちっと選択、すると画面いっぱいのアップに。
また機会あったら他の写真もお待ちしてます。

あと、今日遅ればせながら、HPで中村君のおじいさんの件のコメントを知りました…
仕事の合間で読んでしまったんですが、思わず潤んでしまい。
nishi9raさんの言葉に通じるものがありますよね…。
やっぱりそんな彼の歌だから引き付ける力があって、
これからも聴き続けたいと思いました…。
Commented by nishi9ra at 2006-02-24 23:38
miezoさん、こんばんは。
100sのDVDは通販限定でしたか。。。。
タワレコで探しても全くないから(涙)
ということで、早速申し込みました。

中村君のおじいさんは、
これまで何度かインタビューでハナシが出てきていました。
ベートーベン好きということ、その偉大な音楽家と比べて
中村君の音楽にモノ申したり。
『祖父であり、親であり、友人であり、師であり、同志でした』という言葉。
きっと、二郎さんも喜んでいるでしょう。
<< ZAZEN BOYS @横浜 ... ZAZEN BOYS @SHI... >>



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧