Simon & Garfunkel と








ずっとある音を聴いていたい、
そんな日。




Simon & Garfunkel

"Bookends"


c0027400_4535483.jpg





この作品を初めて聴いたのは
まだ、千葉市に住んでいた頃で、
ちょっと家から離れた図書館にそれはあった。


もともとS&Gは親の影響で聴いていたから、
その当時から大して本を読まない、15年前のワタシは
何を目的に図書館へ行っていたかというと
CDを借りに行っていたんだ。

たしか「みやこ図書館」という名前だと思ったけど
そこにはあの当時からかなりの音源が置いてあったっけ。
しかも図書館なワケだから、タダ。
基本的に旧譜が中心なので特に洋楽は人気が無く、
今思えば宝の山なんだろうなぁ。


この"ブックエンド"も
そこに、あまり人気無く置いてあった。


初めて買った、S&GのCDは
1980年の"セントラルパークコンサート"のライブ版。
なぜ、いきなりライブ版を買ったのかというのは、
当時、「ライブ版」だとか全く知識がなくって、
単純に収録曲数が多かったからw
だって、買う余裕なんてないもんね。

「おー、これも入ってる!!」
そんなお得感覚で買ってビックリ。
ライブ音源だと知って、
あの頃はかなりガックリきたっけw

しばらく経ってからだね、
その音源の価値が解るようになったのは。
最近ではそのライブを映像として観ることも出来た。
まだまだ若き日の二人。

小沢健二の"ぼくらが旅に出る理由"
間奏で使われている、ブラスパートはサイモンの
"Late In The Evening"から。
ちょうど、あのライブの頃に出された曲。
(ちなみに、イントロは"You Can Call Me Al")
ソロ・アーティストとしてはその後に明暗を分ける二人。


このモノクロの"ブックエンド"のジャケットが時間を語り始める。
そして、ある想いが頭をよぎる。

"Old Friends"

当時の彼らから、
今の彼らに向けられているような。



相変らずお騒がせなアーティがサイモンと

「ブックエンドのように 公園のベンチにすわっている」

そんな日を想像して。
[PR]
by nishi9ra | 2006-03-15 23:12 | 音楽バンザイ | Comments(8)
Commented by モスコ at 2006-03-16 19:17 x
余韻が美しいエントリですね。
私もS&Gのこと、書きたいなぁと思っていたところです♪

オザケンの方を先に知って、たまたまどこかのお店で本家の方の曲が流れて来て、ビビりましたw  あぁ、コレやったんかと。ウレシカッタですけど。

ライブ盤のガッカシっていうのもよーうく分かります。イントロで「わ〜」って歓声が聴こえてきたら、「!?」ってなりますよね(笑)ライブ盤は後のお楽しみですもんね、そのアーティストを大好きになってからの。
Commented by kapool at 2006-03-17 03:50 x
S&G。

自分のはっきりとした出会いは、結構最近です。アマゾンで980円で売られていた「Bridge Over Troubled Water」で。
聴いてみたら、知ってる曲が多くて驚いたような気がします。どこかで聴いてたような。

ライヴで、がっかりというのは、私もよくわかります(笑
歓声から始まって、終始やるせない気持ちになりますね>最初
後で聞くと、名盤に感じるのが、本当に不思議なところです。

ではでは~
Commented by ミヤコ at 2006-03-17 22:19 x
ごめんなさい…。
みやこ図書館に反応してしまいました。笑

曽我部さん楽しみですね。
私は姫路だからまだちょっと先だなぁ。
Commented by nishi9ra at 2006-03-17 22:38
モスコさん、こんばんは〜
どうもありがとうございます。
S&Gは私の音楽リスナーとしてのルーツの一つ。
それは、とても昔のようで、今でも美しく聴こえる音。
この先も。

ライブ版w
あぁ、若かったw
あの頃は。。。。w

今では飛びつきますもんw
また、歓声が「LIVE」なんですもんね!
ではでは〜
Commented by nishi9ra at 2006-03-17 22:51
こんばんは、kapoolさん
私自身、知らない曲が当然あるのですが、
S&Gに限らず、
「このヒトの曲か〜」って嬉しい再会があるものです。
ライブ版を受け入れるようになった今、
実際に歓声をその場であげる自分がいる、
なんか面白いですw

ではでは!!
Commented by nishi9ra at 2006-03-17 22:59
ミヤコさんw
いよいよ、始まりますね〜
楽しみですよ。
しかも、翌日の21日は
4月の追加公演のチケットを買いに下北へ行ってきますw
もちろん、通し券ですw
Commented by ミヤコ at 2006-03-18 02:07 x
あ、やっぱり通し券なんすね。
いいなーっ!!笑
私も4月から新入社員なんですが22日行こうかと思っております。
東京で研修なので。
・・・大丈夫かなぁ。行けるかなぁ。
Commented by nishi9ra at 2006-03-18 19:32
通し券ですよw
ほっほっほ、って買えたらのハナシですw

入社おめでとうございます。
6年前に同じく新入社員だった私は、同時に実家を出て
埼玉にやってきました。
あれから今まで、多くの人、多くの音楽に出逢って来ました。
ミヤコさんにも素晴らしい出逢いがありますように。

**
QUEはかなり激戦ですよw
なんせ、3日間の総動員数で
既に売り切れのクワトロ1回分ですからw
がんばりましょうね!!
<< 曽我部恵一BANDへの道 ベベチオ @下北沢CLUB QUE >>



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧