サンボマスター @ZEPP TOKYO 2006.8.31

歌声はおこったのか?



2006.8.31 thr @Zepp Tokyo

「僕と君の全てをロックンロールと呼べ」ツアー2006 FINAL



二人ぼっちの世界
離れない二人
愛しさと心の壁
ゲットバックサンボマスター
二つの涙
歌声よおこれ
世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
戦争と僕
僕と君の全ては新しき歌で唄え
美しき人間の日々
全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ
手紙
そのぬくもりに用がある
何気なくて偉大な君


en1
さよならベイビー
夜汽車でやってきたアイツ
青春狂騒曲

en2
愛しき日々
月に咲く花のようになるの



***********



私はサンボに歌ってほしかった。
山口君には歌ってほしかったんだ。



Rock In Japan Festival 最終日
思わず、その場から立ち去ってしまった。

とても、聴いてられないものが
ステージ上から聴こえて来たから。

以前から、山口君の曲中の叫びはあったけど、
曲で言うところの1番を全く歌っていないのには驚いたし、
なによりも演奏までが音がズレていたのが、
その場を離れた最大の理由だった。

あれでは、私の中で歌声はおこりようもなかったんだ。
どれだけ、山口君と観客のみんなが叫んでも。
そして、ヤケドした腕が痛くてたまらず、
救護室へ逃げ込んだ。


あれも、「ライブ」だというのは、しょうがない。
実際に、相当盛り上がっていたのは事実だから。
ただ、私の中でソレをサンボに求めていなかった、
ただそれだけのこと。

アーティストが、バンドが
常に聴き手と同じ感覚でいられたら
それは幸せかもしれないけど、
そうじゃないことだってあるんだから。


今日のZeppもチケットを買っていながら、
行くかどうかは相当迷っていて、
まして、スカパーで生中継があるなら、
家で見ようかとも考えたり。。。。


一番新しいアルバム、
"僕と君の全てをロックンロールと呼べ"
をどれだけ聴いたか? 
その前の2作に比べれば、全然聴き込んでいないな。

重ね重ねも、サンボが悪いとかではなくて
感覚のズレなんだと思う。

それを確かめに
私はZeppに行ったような気すらするんだ。


開演時間から程なく、いつもの音が流れ
メンバーが現れた。

考えてみたら、
年末のカウントダウン以来のサンボだった。

最近は必ずやっているのか、
「上を向いて歩こう」を拳を突き上げ、叫び歌う。
いきなりのこのテンションに、不安が過る。

MCも以前とはちょっと変わってきてて
正直、演奏中の叫びはちょっと痛々しい。
一体どうしたんだろうってくらいに、
なにか、これは気迫じゃなくって、
悲痛さすら感じる。

去年のツアーで見せた、
余裕が無くなっているのか?
それはなぜ?

以前見せていた、「シーン」に対する反抗心は
当然今も健在なのだろう。
ただ、状況は彼らを「外」から「中」へ入れてしまった。

私はサンボの音楽が
ドラマで使われようと、CMで流れようと
彼らは絶対に変わらないと思っている。

だけど、それでも
変わる状況が勝手に生み出すものが
あるとするならば、
自分の音楽を「小泉的だ」と
言われるようなこともあるのかもしれない。

敵であるかのように見ていた「シーン」に、
いつのまにか自分たちがいる、
そんな、どうにもしようもないような
今の状況が、あの「叫び」の正体のような気がするんだ。

「歌わない」っていうのは、
きっと他からも言われているのだろうね。
MCでそんな内容をちらっと話していた。
これもライブだと。

うん、そうかもしれない。
けど、去年のあなたは、間違いなく、
素晴らしい歌声を聴かせてくれて
それに続いて、私も他のみんなも歌い、
会場には「歌声がおこった」んだ。


だから、歌って欲しいと思った。


けっして、大満足じゃないけども
でも私はこれでまた
サンボマスターのライブに行くんだろう。


終盤から、アンコールにかけて
私にはおなじみの曲が聴こえ、改めて思ったんだ。

サンボマスターは大丈夫だって。
[PR]
by Nishi9ra | 2006-08-31 23:05 | ライブに行ってきました | Comments(0)
<< 今月のあれこれ 今宵はサンボ >>



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧