小谷美紗子 @LIQUIDROOM EBISU 2006.9.5

不思議なことに

似て非なるものとは言ったもので。。。



LIQUIDROOM 2nd ANNIVERSARY
liquid surprise 02

2006.9.5 TUE


小谷美紗子
salyu




**************

◎ 小谷美紗子 trio ◎

Catch
Who
まだ赤い
悲愴 (ピアノソナタ 第二楽章)
Rum&Ginger




◎ salyu ◎

Valon-1
風に乗る船
再生
landmark
NAME (新曲 *9/6発売)
to U




*****************


このボーカリスト同士の組み合わせを知ったとき、
「なるほど」と思ったんです。

「歌」という点において、
この2人は他のアーティスとにはない、
自分だけの世界をもっている。
おそらく、私の知らない曲が
ラジオから流れたとして、
多分、私はその歌声の持ち主の名前を
思い浮かべることが出来るだろう。

その歌声、つまり声の質だとか、声量だとか
無意識のうちに聴き手にその名前を告げている。

名前のある声を持っているから


原田郁子 (クラムボン)
Cocco
佐藤伸治 (FISHMANS)
蔡 忠浩 (bonobos)
椎名林檎 (東京事変)
田中拡邦 (MAMALAID RAG)
オオヤユウスケ (Polaris)
永積タカシ (ハナレグミ/SUPER BUTTER DOG)
早瀬直久 (ベベチオ)
noribooooone (pygmy with bitter ends)


私が好きな声をあげてみたけど
上手いか下手かとか言うんじゃなくって、
「歌声」がそうゆうものを超えた「存在」であったり、
その人を表す「名前」だったりする人たちがいる。

小谷美紗子もsalyuも
私にとって、そういう「名前」をもった声を聴かせてくれる。


ただ、決定的に違うのは
そのステージから聴こえてくるものが語る。


小谷美紗子trioは
その4つの楽器の「戦い」。

「ピアノ」・「ベース」・「ドラム」・「歌声」

一つの曲を奏でるにあたって、
他の音との支え合いではなく、
その一つ一つが己を譲り合うことなく自己主張。
最大限に「自分」を聴かせようとする。
それがまとまりのない自己満足に終わらないのは、
最高のプレイをしようとする「秩序」があるから。
その「競争」が結果として、一つの作品の質を高めている。


小谷美紗子trioとは、一人も欠けてはいけないし、
かといって増えてしまうのもどうだろう。
シンプルなこの3人というスタイルが
このバンドにはちょうどいいのかもしれない。


むしろ、3人という余分な飾りがないだけに
その音の良さが隠れずに聴こえるのだと思っています。




salyuは先月のROCK IN JAPAN FESで
初めて聴いたのですが、
ホント、楽しそうに歌うね。

最近、"landmark"を買ったばかりで
正直、まだまだ知らない曲が多いんだけど

"Valon-1"

この曲はスゴく好き。
あの日、LAKE STAGEで聴いた時、
ステージの雰囲気、野外で ステージの後ろには池がある、
その雰囲気が私の"Valon-1"という曲にもっているイメージと
ピッタリで。

今日はリキッドルームの暗闇の中で聴いた"Valon-1"
やはり、外かなとw

ちなみに、サポートメンバーに
なんと、あらきゆうこさんと清水ひろたかさん

あらきさんは久々だなぁ。。
来月のPolarisで仙台に行きますよ

どうりで、バスドラがズンズン鳴ってると思ったよw


ちなみに、
曲順間違えたんだねw


清水さん、本編最後はエレキもってたんだけど、
始まる前のMC中に急にアコギに持ち替えたんだw


今、清水さんの日記読んでたら、やっぱりw

ということは
to Uがアンコールの予定だったのかなw
[PR]
by Nishi9ra | 2006-09-05 23:20 | ライブに行ってきました | Comments(0)
<< 刻の涙を、、、 ちょっと考えてみましたよ >>



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧