ROCK OF AGES 2006@ ZEPP TOKYO 2006.10.20

c0027400_9123335.jpg



2006.10.20(fri) ZEPP TOKYO

ROCK OF AGES 2006

SHELTER 15th anniversary 「extreme tumor music」


出演順

アナログフィッシュ
ストレイテナー
ASPARAGUS
THE BACK HORN
BRAHMAN
怒髪天
SLOTH LOVE CHUNKS
RAZORS EDGE
54-71
YOUR SONG IS GOOD





このライブイベントはライブハウス、
下北沢SHELTERの15周年記念イベントなのです。

20日の日に
どっかでいいライブはないかなぁと探していた時に
見事、見つけまして。
その時点でもかなり遅かったから、
「どーせ売り切れてるんでしょ」と半ば諦めて画面を見たら、
なんと余裕で買えるじゃないのw

まぁ、その大きな理由として
これ、オールナイトのイベントなんですよ。
ということで、22時〜翌6時まで、お台場には爆音が。

当初はIDチェックを行うって書いてあったんですけど、
私たちが入る時には、全然w(って書いちゃマズい?)
免許証を出して待ってた私って。。。


さてさて、
22時にSHELTER「店長」のMCで開演。
これが、かなり笑えるMCでw
缶ビールを3本一気で飲み干したところで

アナログフィッシュの登場

前から聴きたかった、バンド。
曲はほぼ初耳ばかりだったけど、
このバンドは3人というスタイルがよく似合う気がする。

人数は少ないから、出せる音の数が少なくても
聴かせる事の出来る、音の魅力は
限られてしまうものではないよ。
だってむしろ、その3人というスタイルが
キレとテンポの良い、あのリズムを生んでるとしたら。



ストレイテナー

今回のチケットが絶対に売り切れだろうなぁと思った一つの理由。
テナーのライブはこれが2回目。
最初は去年の5月。
忘れもしない、エルレガーデンのライブを始めた聴いた日。
対バンで出ていたのが、テナーだったのさ。
あの時点でかなり盛り上がってたからね。
(あの時点でベースが、ヤンキーだって気がついてなかったけどさw)

改めて聴いて、
かなり聴きやすい(語弊があるかな)音だなと。
メロディーのストレートさには
爽やかさすら感じるところもあるし、
でも一方で力強さも。

同じく3人編成だけど、
テナーの場合、3人で3人以上の魅力を
音の凄みと迫力、勢いで表現している。
そんなバンドだと思った。
まだまだ、知らない曲ばかりのバンドだけど
これから、耳にする事も増えてくるだろうなぁ。




ここで、食事の為2階へ。
私が行くと、いっつも閉まっているw、2階の入り口ですが、
今日はちょっとした、食事スペースに。
タイカレーを食べて、ここでまた知り合いと合流。




THE BACK HORN

初見のバックホーン。
終始、その迫力にボー然と圧倒されつつも、
いつしか自分もその音に。
それにしても、前から思っていたけども
ボーカルの山田氏。
白シャツ姿がどーしてもエレカシの宮本氏に見えるw
これまでは誌面を通して感じていたのが
目の当たりにすると更に実感。
あっという間の30分だったよ。



BRAHMAN

ついに、ついにブラフマンを聴く時が来るとはっ
正直、音のバランスが悪いのか、
トシロウの声が聴き取りにくいって思ったし、
演奏もズレてるのも感じた。
んが、
それ以上に、このトシロウ氏。
もう、ジーッと見入ってしまったw
スゴいわ。。。。
戦ってるよ、この人。
まぁ、リアルに格闘家なワケですが。

うーん、もう一度聴きたいな



SLOTH LOVE CHUNKS

名前だけ聞くと『??』でしょうけど、
一人の名前を書き加えれば。

「中尾憲太郎」

私がずっと探していた、最後の一人。
ナンバーガールのベーシスト。
そして、解散は中尾さんの脱退がキッカケとも記憶している。
だから、今
ZAZEN、toddle、Volaと聴いてきて、
中尾憲太郎の音がどうしても知りたかった。

メンバーが登場した瞬間、驚いた。
なぜなら、既に彼らの音を聴いていたのだから。
先日のthe band apartのライブ。
オープニングアクトで登場したバンドこそ、
SLOTH LOVE CHUNKS

やたらとギターのようにベースを弾く、嫌でもw目につくベーシスト、
それが、中尾憲太郎の2006年の姿だった。

実際、ナンバガ時代のライブは一度も観ることがなかったので
当時と比べるすべもないけども、
私はこのバンドには何かが足りないなぁと思って聴いていた。
中尾さんがイントロでボーカルをとる曲があって、
それはとてもいい曲だと思っていたんだ。




54-71

これまた、また聴くのを楽しみにしていたバンド。
前回は去年の5月。
新宿MARZでのZAZEN BOYSとの対バンにて。
その時のヘンタイっぷりなイメージばかりが残っていたので
今日はむしろ、というか全くもってまともなwスタイル。
このバンド、なんか他のバンドとは違うものがある。
次、聴くのが楽しみだ。






YOUR SONG IS GOOD

すでに朝を迎え、フロアにも、通路にも
まるで難民キャンプのような状態。
トリなのに、むしろ厳しいかw

今日のユアソンはテンポは早めで演奏していたような感じ。
だから、あっという間に終わってしまった。
前回のクワトロがあまりにも素晴らしかったので、
ちょっと今日は物足りないかな。。。





最後に店長が再び現れて
散々飲まされた後、ダイブで前列から1階最後尾まで運ばれるw

かなりの長丁場でしたけど
お疲れさまでした。




といいつつ、

これを書いている今日、10月21日
今度は東京キネマ倶楽部で、
青山月見ル君思フ
の2周年記念イベントがあるんですよね。


向井さんも出るし、曽我部さんも。


さぁて、早く寝て
早く起きなきゃw




とっても幸せな
10月20日でしたよ〜
[PR]
by Nishi9ra | 2006-10-20 23:05 | ライブに行ってきました | Comments(0)
<< 曽我部恵一BAND / 向井秀... Polaris @ 仙台CLU... >>



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧