選曲プレイリスト"Fix You"


c0027400_0493941.jpg



あなたにピッタリの音でありますように




c0027400_4504812.jpg


"Dead Duck"

Badly Drawn Boy


~from "About A Boy"



Badly Drawn Boy、こと、デーモン・ゴッホの作品。
映画 "About A Boy"
のサウンドトラックとして発表されたこの作品。
最初の曲として選んだのは、この音色。







c0027400_4555235.jpg


"Be Gentle With Me"

Boy Least Likely To


~from "The Best Party Ever"



Boy Least Likely To
既に、輸入版だけが発売されていましたが、
ようやく国内版も出たようですね。
とってもカワイイサウンド。
これはバンジョーかな?
アナログだから、その音の魅力がより引き出される。
最初の曲から繋ぐにはちょうどいい音でした。
とっても好きな音です。






c0027400_514677.jpg


"THE SKIN OF MY YELLOW COUNTRY TEETH"

Clap Your Hands Say Yeah

~from
"Clap Your Hands Say Yeah"




私がこの前、品川ステラボールに聴きにいった音。
ほら、なんかやる気なさそうでしょ?w
この曲の好きなところはドラムというかリズムですね。
縦ノリのビート。ロックなんですけど、
それでもこのゆるさw
好きだなぁw





c0027400_572826.jpg


"Burning"

The Whitest Boy Alive


~from "Dreams"



私の中では、今年出逢った曲の中でも特に刺激的。
ボソボソっと無表情な歌声と
それとは正反対なリズミカルなビート。
このミスマッチがいいなぁ。
とにかくシンプル。
最低限のアレンジ。音の種類。
シンプルほどムズカシイ。
だからハマるとドップリつかりますw






c0027400_5132713.jpg

"You Can Have It All"

Yo La Tengo

from
"Prisoners Of Love
"A Smattering Of Scintillating Senescent Song 1985-2003""



湧き出てくるような気泡のように
浮かび上がってきて、はじけて。
不思議なやさしい音。
これは、ヨ・ラ・テンゴの一つの顔。
つまりこの曲は彼らの体の一部なんだ。
変幻自在のポップサウンド。
それがこのバンドの魅力。









c0027400_5201040.jpg


"A Peak You Reach"

Badly Drawn Boy


~from "About A Boy"



再び、バッドリー・ドローン・ボーイ。
彼の魅力もまた、幅広い音の使い手だということ。
ちなみに、初来日のライブでは
大好きなお酒を飲んでのライブで
かなりグダグダの長時間ライブだったとかw
本人曰く、緊張するらしいw。。。。
2000年からのおつきあいな音です。









c0027400_5243714.jpg


"In the morning"

    The Coral"


from"In The Morning"



去年出逢った音で、何度もプレイリストに登場してますw
それだけ、この懐かしい音の魅力に♡なわけでw
まず、イントロが好きですね。
ジャジャジャっとドラム&Aギター。
そして鍵盤かなぁ。木琴のような気もするけど、
この音がね、この曲を語る音。
あぁ、いつまでも聴いているなぁ。。。









c0027400_5304656.jpg


"Title And Registration"

Death Cab for Cutie


~from "Transatlanticism"




今年の嬉しい出逢いの曲。
やっぱり、こう考えると、アコースティックで
シンプルなビートが好きなんだなぁと。
デスキャブ・フォー・キューティー、
絵を連れてくるサウンド。
それは叙景的であり、
私には美しくも寂しい風景を語る。








c0027400_5361424.jpg


"NETTAI BOY ~熱帯ボーイ~"

YOUR SONG IS GOOD


~from "FEVER"



ここで一気に雰囲気が変わりますw
そりゃぁ、はいw
ユアソンですから。
盤で聴いても飛び跳ねたくなるんですよ。
これがライブならばw
ただ不思議なことに、最初音源聴いたとき、
ここまで好きになるとは思わなかったなぁ。。。。
航空公園で行われたライブで聞いた瞬間、
一気に火がつきましたよw








c0027400_546064.jpg
10

"火の玉ジャイヴ"

東京スカパラダイスオーケストラ


from"火の玉ジャイヴ - EP"



ドラムは青木達之さんですよね。
お恥ずかしいハナシ、
茂木欣一さんが加入したのを知ったのは
去年のこと。。。。。
あぁ。。。(哀)
世間に疎いんですって(涙)

ってことは置いておいて。。
スカパラで初めて聴いたのはこの曲です。









c0027400_558523.jpg
11

"Eric.W"

the band apart


~from "K. AND HIS BIKE"



このプレイリストを創る際、洋楽がメインに、
選んでてんですけどユアソンから、この次の曲までが
日本のバンドになってますね。
特に理由は、、、、
まぁ、好きなんですよw
バンアパもデスキャブもみんな。
最後はやっぱり、音楽ですからねw









c0027400_623521.jpg
12

"The Autumn Song"

ELLEGARDEN


~from "Missing"



私がずっと探していた曲。
やっぱりいいんだよなぁ。。。










c0027400_6285462.jpg
13

"Snowden"

Doves


~from "Some Cities"



ここでまたリストの雰囲気が変わります。
そういう意味でダヴズというバンドは不思議なバンド。
この曲も結構ノイズなギター音が聞こえるんですけど、
根底にあるのは
「美しい」ということ。
この曲の美しさ、広がる音が
どこまでもその世界を広げていく。








c0027400_6424056.jpg
14

"By This River"

Sigh Boat


from"Sigh Boat"




このプレイリストの終わりに向けて流れる音。
歌声とピアノとウッドベース
静かに、静かに音が
耳を体を預けたくなる音の世界。
ささやくように紡がれる歌声と
やさしく包む音色に。








c0027400_894650.jpg
15

"If You Asked"

Longview


~from "Mercury"



静けさは受け継がれ、
この曲を聴いている時は目を閉じて
音の世界に浸りたい気持ちになります。
この曲を構成するもの、
その全てに美しさを感じます。









c0027400_8152466.jpg
16

"So Begins Our Alabee"

Owen


from "I do perceive"




もちろん、歌声も、曲も違うんだけど、
エリオット・スミスのいない今、
私にはその美しい世界を受け継ぐアーティストとして、
OWENはそういう位置にある。









c0027400_8244434.jpg
17

"All I Know"

Art Garfunkel


from"Garfunkel"




「天使の歌声」と評される、アート・ガーファンクルの歌声。
その高音の昇り行く伸びやかな声と、
アレンジが曲をより美しく。
イントロのピアノがとても好きです。
ちょっと悲しい詩なんですけどね。










c0027400_8321619.jpg
18

"Fix You"

Coldplay


from"X&Y"






美しいということ。

それは目で感じる景色だったりすることが多いのだけど
私は、耳でそれを感じたいな。

耳で感じたものが
こころで、目で絵を描くんだ。


それが私の好きな音の世界
[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-02 23:33 | 選曲CDRプレイリスト | Comments(0)
<< "good melo... Clap Your Hands... >>



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧