ZAZEN BOYSと。。。。

日向脱退

と聞いた瞬間、
やっぱりそれは驚くさ。。


でもでも。
なぜか、決してわずかではないボーゼンの時間のあと、
妙に納得してしまうのは何故でしょう。

うーん。

1年程前、あの「Ⅲ」が出たときに思ったのは、
『この先はどうなるのだろう?』という期待と
『これで解散とかないよなぁ。。。』という不安。

それだけ「Ⅲ」は突き詰めたような、
ライブ、生きた音を鳴らすバンドとして完成された作品だった。
盤の音はあくまでも、「基本」のスタイル。
そこから派生する、可能性。
その1曲、1パートの様々な変化、可能性をこれまでのライブで聴いてきたんだ。

ヤンキーの脱退=解散?と思ったけど、
向井さんの言葉を読んでみると、



*****************

2月3日
日向と話をする。

いくつかのバンドを並行して活動している
彼のスケジュールあわせに限界があり、
一緒にやるのは現実的にむずかしい、
そしてそれに伴いノリが違ってきている、
ちゅうようなことで、ZAZEN BOYSを辞めてくれい、という話をした。
スケジュールは折り合いつけて、やれはするが、
現在の状況は折り合いが付けられる状況でなく、
こっちの(ZAZENの)予定が立てられん、という具合である。

彼のベーシストとしての才能は素晴らしいものがあり、
共に演奏できんのは残念である。
ただ、この状況ではその才能を十分に生かせんし、
俺が描くヴィジョンを形にして、
ZAZEN BOYSをさらに進化させるためには、
体制を変える必要がある、と俺は考えた。
日向もどっかで限界はカンジていたと思う。
離れて、それぞれ発展していきましょう、という話になった。
また、ZAZENではない形でもなんでも、
また一緒に演奏できればイイ、ということも話して終わった。

若きベーシストを見つけに練り歩いてみるか、
福岡にでも行って、と考えている。

******************

向井秀徳日記より抜粋


これをどう見るかは、その人、その人が判断すればいいことで、
現実として、去年のCOUNT DOWN JAPANが最後のライブで、
ヤンキーはZAZENを離れたことになる。

そう思えば、大阪にも行けば良かった、などと考えてしまうのも
今更ながら、しょうがない。。。。


正直なところ、
ストレイテナーとZAZENBOYSという掛け持ちが続くのは
ムズカシイのはお互いのファンが気がついていた事だと思うし、
バンドのメンバーも本人も当然。

正直にいうと、
ヤンキーがどちらかを離れるとしたら、
ストレイテナーの方かなと思っていたんだ。
後から入ったからとかではなくて。
単純に私のイメージで。

結局、本人からの脱退というニュアンスではないようなので、
その答えは分からない。

この2つのバンドにおける、位置というのは
「ヤンキー」と「日向」の違いなのかな。
ともに「自由」にプレイしているようで、
ストレイテナーの時はやはり「支えている」イメージが強い。

その意味では「ヤンキー」としての「プレイ」は
ZAZEN BOYSという中でこそなのかも。
向井、吉兼、松下、そして日向。
あの一見、自由なイメージのもと、
おそらく練りに練られた音。

「町田のヤンキー」と「日向秀和」

その微妙なバランスも面白かったけど。


アヒト⇒松下

この変化はZAZEN BOYSというバンドに
とてつもない、変化をもたらした。


「Ⅲ」は頂点かもしれないと思っていたけど、
その上を目指すなら、いったいどうなるんだろう。

楽しみだ。




それでもやはり、
あの日比谷野音に一人現れ、
ぶっとい音を響かせて始まった、
あのプレイが聴けなくなるのは惜しいかな。

町田のヤンキー、
おつかれぃ
[PR]
by Nishi9ra | 2007-02-09 14:41 | 音楽バンザイ | Comments(2)
Commented by YASU30 at 2007-02-11 10:56 x
本当に驚きました。
あの4人が好きだったので、直ぐに今後のZAZENに期待!
と言う気持ちにはなれない自分もおります・・・。
とりあえずZAZENの次のライヴを見るまでは
この気持ち引きずろうと思ってます。(笑)
Commented by Nishi9ra at 2007-02-13 05:03
こんにちは、YASU30さん。

やはり、すぐ次、っていうふうにはイカンですよね。。。
ただ、私の場合は期待も大きいのです。
次はどっちへ、って。

ライブはいつになるんでしょうね。
とにかく、待ち遠しいです。

ではでは
<< 今後の予定はさ GOING UNDER GRO... >>



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧