ベベチオ @下北沢CLUB QUE 2007.2.20

久しぶりのベベチオ






2007.2.20 Tue. 下北沢CLUB QUE

RUNNING MAN


出演:

nitt
PLATON
ベベチオ



**やったかなと思う曲など(かなり曖昧)***


異心電信
12月の晴れの日
レインマン
はちみつハウス
ちよこれいと
魚が手をふる日
想い描いて
幸福のスイッチ
月もまあるい(かな?)

en
黄緑先生





*************



おひさしぶり


またあの歌声が聴けるとは、
その日の、QUEに着くまであまり実感がなかったんだ。


20時10分ごろ、
これまた久しぶりのCLUB QUEに着いた。
いったい、どれだけ来てなかったのやら。


余裕があると思っていたあの空間は、満員状態。
でもでも大丈夫。
QUEだってどこのライブハウスだって、
基本的に入り口は混むものなんです。
ほら、やっぱり入り口の反対側は空いているんだから。


PLATON

初めて耳にする音。
ドラムがしっかりしているなぁと思いつつ、
それでもなにか物足りなさを。
はじめましての機会、
残念ながら、もう一押し。。。。
リズムは良かったんだよ。




セットチェンジの間、
どうも、ドラムの調整をしているような感じ。
そう、これは幸せの予感。

ずっと、思っていること。

ベベチオはライブにサポートメンバーを入れたほうが良いんだって。
そう、ドラムサポート確定、と。

他はどうやらないみたい。
メンバーの二人がスタッフと共に準備を続ける。



どうやら海外帰りらしい、HAYASEさん。
なにやら、英語でご挨拶w

「異心電信」ではじまるセット。
意外とは意外だけど、私もベベチオのライブは久しぶりなんだから
そうゆうこともあるんだろう。

そもそも、対バンのライブがほとんどのベベチオが、
そのトリだなんて、驚きなんだけど、
その嬉しい喜びは演奏曲が増えたことであったりもする。

"魚が手をふる日"はワンマンでしか聴いたことがないかも。

そして、トリならば
アンコール

なんて嬉しいことかかいな。
これも、ベベチオの曲が知られてきている証なんだろうか。




やはり、届くんだよ
この歌声は。


歌を歌う、ということに対して、「上手い、下手」で語らないとしたら、
この聴こえる歌声は、聴き手に幸せな余韻を残す特別なものだと思う。

歌というものが、
一つの「楽器」であるならば
これまた繊細なものなんだろうなぁ。

管理をする、これはまさに「生活」そのものであって、
どうやったら、とか、こうすればといったものは無いのかもしれない。
体調を崩せば声質、声量は落ち、
いや、むしろ歌うことすら出来なくなる。
誰かが代わりになんて、
歌声はその持ち主でなければ鳴らすことができないのだから。

去年の秋頃だったか、のどに出来物かなにかで
早瀬君の歌声が調子を落としていた時期があって、
いつもはその歌声とその曲の素晴らしさに耳を澄ませているものが、
「だいじょうぶかな?」、「どうしたのだろう?」という
不安が聴き手の私にはあった。

そして、だからこそ
今この歌声を聴く喜び。
そう、この歌を聴く為に私はココに来たんだと。


これから私が望むならば、
ベベチオの二人にはステージで
もっと自分たちの音の可能性を試してほしいな。

平良君のベース、早瀬君のギター(コード)と歌
バックはワンマン意外は録音しておいたドラムやリードギターで支えている。
毎回かはわからないけど、おそらくライブ用に都度、用意しているのかな?

耳はその音色を捉え、その目で音が生まれる様を、
体でその音が生み出す空気の振動を受け止めるものだと思う。

ライブには音源を目の前で聴くことの出来る喜びと
音源では感じることが出来ない、予期できない何かがある。


それは、その瞬間にこそ鳴らされる、
予測がつかないものだから。
歌声が歌い手によって鳴らされるように、
ドラムもしかり。ギターも。
弾き手の気持ちが伝わる演奏というものがある。
そして、間違ったと思われるところから、
別の可能性がある。
CDという音源は一つの可能性を形にしたもの。
だから、それ以外の楽しみがいっぱい眠ってる。



それを楽しみたくて、私は足を運ぶのだろう。
これからも
[PR]
by Nishi9ra | 2007-02-22 03:47 | ライブに行ってきました | Comments(0)
<< きょうといふひ よもや話 >>



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧