カテゴリ:ライブハウスあれこれ( 7 )
日比谷野外大音楽堂 ・・・ライブハウスあれこれ【番外編】

c0027400_150230.jpg



野音でライブというと、
何とも言えない重みがある。


私にとってそれは、
SHIBUYA-AXにもなければ、
当然、東京ドームにもない。
うーん、
武道館にもないなぁ。。。


そうだねぇ。
似た感覚としては『渋谷クラブクワトロ』かな。
京都なら磔磔(たくたく) **『ハリツケ』って読むと思ってたw

大きさではなくて
その場に立てるという、一つの道しるべ。
武道館はね、ステータスだと思うけど。
あそこは音楽を聴くというのは、ちょっと違う。

この前、クワトロでベベチオのライブがあったけど、音が違ったよ。
クワトロってやっぱりスゴいんだなぁと思った。

それと同じく、
野音は空に音が飛んでいくような、
不思議な感覚がある。

音の良さでいうならば、
やはり屋内の方がいいんだろうね。

でもでも、あの空と音が混じる感覚は
屋外しか味わえない。




*********



いろいろ紹介してみようかと思ったら、
すでにありましてw

うーん、そのまま載せるのもなぁ。。。
けど、かなりわかりやすいなぁw

ということで、ひねくれ者の私は
やはり、自分で紹介しましょうw(だからダメなんだw)

えーと、
まずはオフィシャルホームページから

日比谷公会堂・日比谷公園大音楽堂の公式ホームページ


それによると

● 座席2,664席 立見席450席 車椅子席5席

ふむふむ。。
結構入れるんですね。
キャパ3000人ですか。
もちろん、座席は指定ですよね。

前からA.B.Cとなっていて、
私はB.Cの席に座ったことがありますけど、
見るということに関しては苦労したことはないですね。
というのも傾斜がある客席ですから。




● 交通アクセスはこんな感じ(オフィシャルより拝借)

c0027400_1535284.jpg


【東京メトロ 丸の内線】
 「霞ヶ関駅」下車 B2出口より徒歩約5分
【東京メトロ 日比谷線又は千代田線】
 「日比谷駅」下車 A14出口より徒歩約3分
【東京メトロ 日比谷線】
 「霞ヶ関駅」下車 A5出口より徒歩約5分
【東京メトロ 千代田線】
 「霞ヶ関駅」下車 C4出口より徒歩約3分
【都営地下鉄 三田線】
 「内幸町駅」下車 A7出口より徒歩約2分
【JR 山手線・京浜東北線】
 「有楽町駅」「新橋駅」下車
 日比谷口出口より徒歩約10分

って、ホント
交通には不便をきたしませんね。
私は丸の内線の「霞ヶ関」を使いますけど、
出口=日比谷公園ですもん。
便利だわ。




● コインロッカー

ありませんぬ。
ただ、ベンチ型の座席なんで、足下においたり、
立ち見する時には座席に置けるので
持ち込んでも困らないかな。
あとはどうしても、っていうなら、
駅のコインロッカーを使いましょ



● 飲食

持ち込みが自由なのが野音の魅力w
場外には必ず露天が出てます。

「お好み焼き、たこ焼き、焼きそば」
ケバブ屋はありませんw

いつも同じ露天のような気がしますが、
これは大人社会の事情でしょうかw
ならば、これ以上は言いません。。。。

ちなみに、
ビールとかサワーを売っている店員さん
私が買った時、かならず、
値段とお釣りの単位が10万円単位でしたw
私はこのノリが好きですw
(はい、そこっ、ベタとか言わないw)

雨が降ると売り上げが落ち込むらしく、
終演時などはかなりサービスがいいです。。。

あ、たこ焼きは
マヨネーズたっぷりでっ (⌒▽⌒)!




● アーティストラインナップ

去年、クラムボンが野音で出来なかったのは
『抽選』にハズれたから、って郁子さんが言ってましたっけ。

ということで、倍率は当然高く。
しかも、くじ引きなんですね〜 

世間的にも名の知れたアーティストが多いですよね。

あと、スペースシャワーTVのミニフェス。
"SWEET LOVE SHOWER"をやってますね。(毎年?)
中村一義君の初ライブはそのイベントで野音だったような。

ohanaとかさ、ここで聴きたいじゃない。
ハナレグミもさ(でもやっぱり、小金井公園だねw)
Polarisもココだよ(DVD買ったし。 観てないけど。。。)

ZAZEN BOYSの野音は伝説です。

100sここでやらないかな。。。。




● おまけ

野音のいいところは、その景色。
都会のビルのなかに、森があって、
その中から音が外へ溢れ出す。 

とくに夕焼けがキレイ。



c0027400_161350.jpg



これは先日行った、
デキシード・ザ・エモンズのライブより





c0027400_1692579.jpg


緑とビルの微妙な関係。
それがこの日比谷公園の面白さ




さて、さて、
次回は(って、いつだ?)


今度こそ、
下北沢CLUB QUEだと思われますw


予定は、あくまでも予定って
昔の人が言ってたよ。。。。。


nishi9raってヒトですけど・・・・
[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-01 16:10 | ライブハウスあれこれ | Comments(2)
渋谷CLUB QUATTROの歩き方

ライブハウスあれこれ 


第四回

渋谷 CLUB QUATTRO



c0027400_21575093.jpg



住所
東京都渋谷区宇田川町32-13 クアトロ・パルコ4.5F


ライブハウスやライブバーというと、
地下のイメージが自分の中では強い。

下北沢 CLUB QUE
下北沢 GRAGE
恵比寿 SWITCH
三軒茶屋 グレープフルーツムーン
渋谷 CHELSE HOTEL
代官山UNIT

これらは地下にあるライブハウスだ。
もちろん、そうでないものもあるわけだが、
クワトロに関してはパルコの4階にエントランス、
5階がフロアとなっている。


●「クワトロ」の由来はイタリア語で数字の「4」という意味だそうで、
 実際、渋谷パルコの「4番目」の店舗ということに由来するらしい。
そう考えると、あまり音楽には関係ないようだ。

ちなみに東京以外の都市にある「クワトロ」も
8Fや10Fだったりするらしい。


●広さはおそらく1000人、入れるかどうか。
リキッドルームと同じか、若干狭いくらいのような気がする。


●場所は渋谷のセンター街。
交通に関しては当然、電車となる。
駅からは徒歩5〜7分くらいだろうか。

いかんせん、あの雑踏の中を歩く。
渋谷という街の匂いってのはどうも嫌いだ。
ゴミくさいというか。未だに慣れない。



●フロアに関しては、
「柱」というクワトロ名物ともいえるものがある。
建物の柱がフロア内、しかもステージ近くにあって、
これが時には視界を妨げることにもなる。

ウマく使えば、背もたれにもなるし、
フロントエリアでありながらも押されたりすることもなく
ゆったり出来るかもしれない。
場所取りを難しくしてるのがこの「柱」だというわけだ。
ステージを見渡す為には柱のある、
左側ではなくて、右側にいないと柱が死角をつくってしまう。


●フロアは段差になっており、
当然、後方にはなるが、
上に上がっていた方が見やすい。
また、リキッドルームのようにカウンターが備え付けられている。
基本的に椅子はない場合が多いが、
チケット売行き次第では
椅子が用意されている場合もある。


基本的にはどこも変わらないかもしれないが、
カウンターやフロアの最前列はすぐに埋まってしまう。
つまり、カウンターはフロア最前列なみに需要があるということだ。



●ロッカーは数は少ないし、
ロッカーとロッカーのスペースが狭いので(一人分の狭さ)
非常に混雑する。

時期が時期なら、駅のロッカーを使うのもいいと思う。
4Fの入り口を入らないと、つまり、入場した後にロッカーがあるので、
荷物がある人は整理番号で呼ばれて入場した後、
荷物を預けて(しかも混み合う)から5Fのフロアに行くことになる。
当然、荷物がない人はそのまますぐに5Fに上がれる。
そう考えればどうだろう。
ちなみに300円だと記憶している。

もちろん、後方で聴くつもりならば、
手荷物程度なら持ち込んでもいいだろうし。


●ライブハウスと言えばアルコールが頭に浮かぶが、
ここは正直なところ、キビシい。
「ドリンク代」で500円といっても、アレではちとどうだろう。
なんせ種類が無い、量が少ない。

オロナミンビールというものがあるが、
ハッキリ言って自分は口に合わない。
ビールのオロナミンC割、という
キテレツ斎様もビックリなもんだ。


このクワトロの魅力はなんといっても
アーティストとの距離がないということだろう。
そして熱気がある。

これから知れ渡るであろうアーティストの登竜門のようで、
一方では名の知れたアーティストも。

クワトロでのライブはやはり特別なものなのだろう。



建物関係 ☆☆☆★★ (独特な造り)
飲食関係 ☆★★★★ (口に合わず。種類も少ない)
音響関係 ☆☆☆☆☆ (いいんじゃないかな)
交通関係 ☆☆☆★★ (選択肢は多い)
収容人数 ☆☆☆★★ (多くはないが、多すぎるとクワトロじゃない)
見やすさ ☆☆★★★ (死角多し)
公演種類 ☆☆☆☆★ (洋楽、邦楽ともに幅が広い)


ちなみに、このクワトロで撮影されたPVのうちに
Number Girlの"CIBICCOさん"がある。

渋谷駅〜クワトロまでの歩き方
[PR]
by nishi9ra | 2006-01-06 22:53 | ライブハウスあれこれ | Comments(4)
渋谷 CLUB QUATTRO
渋谷クラブクワトロ


武道館での公演を
成功の証とするアーティストやファンがいる。


クワトロも同じである。


そして、AXやZEPP、リキッドルームは
クワトロを通過したアーティストの到達点だと思う。


世の中には数えきれないほどのバンドがあり、
自分たちの音を聴かせたいと思っている。

世の中には数えきれないほどのライブハウスがあり、
日々、様々な音を届けている。


昨年、下北や新宿、渋谷の
小規模なライブハウスに足を運んだのだが、
キャパが300人程度のものもあれば、
100人にも満たない場所もある。

この大きさの空間がとても好きだ。
アーティストとの距離がなく、
目の前で音が鳴っている感覚が強い。
確かに人はそれほど入らないが、
本当に好きな人が集まっているような、
特別な雰囲気がある。

クワトロにもこの空気がある。
とても洒落た雰囲気ではなく、老舗のような佇まいではあるが、
生み出される空気の濃さは独特なものを感じる。

また、そのステージから聴こえてきた音を遡れば、
その重みを感じることも出来る、
そんな格式ももった場所なのかもしれない。

そして、その造りはアーティストとの距離を感じさせない。


AXやZEPPを満員にすることが出来る、アーティストが
それでも、収容人数の少ない、クワトロを選ぶ背景には
そんな独特の雰囲気があるからなのかもしれない。
[PR]
by nishi9ra | 2006-01-05 05:56 | ライブハウスあれこれ | Comments(1)
フェス


幕張メッセでおこなわれた、

SUMMER SONIC

COUNT DOWN JAPAN


同じ場所で開催されながらも、
この2つのFesの違いは面白い。




COUNT DOWN JAPAN

とにかく丁寧だ。


c0027400_015026.jpg



あらゆるところに主催者側の配慮が見られる。
クロークは1袋千円で何度でも出し入れが可能である点。
仮眠をとる、リクライニング・チェアー、
食事や休憩をするテーブルなどがスペースが
十分な数で設置してある。

ゴミに関しても、
「燃えるゴミ」以外は出ないような仕組みになっている。
食器類のプラスティックの入れ物から
すべて「燃えるゴミ」として扱われ、
あえて利用者に分別をしなくても良いように、
提供する側からのエチケットがある。
そして、そのゴミ箱も数多く設置されていて、
こまめに交換されているため、
ゴミが溢れて、捨てられないということもない。


エリアとエリアと結ぶ通路を「左側通行」にし、
混雑を緩和させようとする狙い。


各ステージの開演時間は「意図して」統一ではない。
当然、すべてのステージを見るのは不可能であるが、
常に音がどこかのステージで聴けるような配慮だろうか。

そして、一方ではあらかじめ聴き手にも、
スケジュールが組みやすくなっていると感じた。

ステージに関しても、EARTH STAGEの広さは圧巻。
後方には長椅子が設置されていたり、
とにかく、細かい気配りが目立つ。

一言で言えば、
「観客の視点で創られた、フェス」といえる。



しかし、
「注意書きの多いフェス」でもある。

「ご起立ください」という
プラカードを持ってフロントエリアで注意を促したり。

● マナー違反
● 場所取りは最低の行為


何度も何度も聴かされた言葉。

言っていることは十分理解出来るし、賛同出来るが、
なんか学校で怒られてるような感じだ。

実際はそれほど規制は多くなかったのかもしれないが、
どうも世話焼き過ぎな感もある。
ただ、ゴミはゴミ箱へ、というのはフェスに限らず
ごく日常の当たり前のことなのだから。

結局、最初から問われているのは
日常のモラルということか。

言われないでも出来る、ってのが理想なんだが。


ダイブやモッシュが禁止という事に関しては、
特にどうこう言うつもりはない。

禁止なら禁止でいいだろう。
ただ、禁止とする以上、どこまで本気で取り組んでいるのかを
明確にしなければ、それはただの「自己満足」でしかない。


とても良いフェスだと思う。
これでまだ3年目だというからオドロキだ。
来年はまた改善される点もあるのだろう。


「こうだったらいいのに」


おそらく、原点はそこにあるんだろう。

2005.12.30の行動
[PR]
by nishi9ra | 2006-01-04 23:59 | ライブハウスあれこれ | Comments(2)
"ZEPP TOKYO" の歩き方
今日は何も予定がなかった休日なので
久々にゆっくりしています。雨だし。。

ここ最近、まともに睡眠が取れてないので
目の下にクマを飼い続けています(苦笑)
チト恥ずかしい姿をさらしております。。。

昨日のページ
何回書き直したことか。。。。
ちゃんと見直してアップすりゃいいのですけど。
眠くて眠くて。。。
起きて自分で読んだときには ( ̄□ ̄;)!!
何書いてるんだかサッパリだぁ。。。(;´д`)ノ
今日の昼過ぎにようやく出来上がりましたよw
(それでもこの文章力。。。)



さてさて
"ライブハウスあれこれ"、ということで
第3回目の今回は、
ZEPP TOKYOについて書いてみようかと思います。


c0027400_20524965.jpg



↓周辺地図です

c0027400_2131849.jpg


ZEPP TOKYOは"パレットタウン"内にあるんです。

交通手段では
電車だと、「りんかい線」の「東京テレポート駅」
モノレールだと「ゆりかもめ」の「青海駅」、
ちょっと離れて、「お台場海浜公園駅」が最寄りかな。
あと車も駅前は結構、駐車場があるし、首都高が近いので便利かも。
ただ、駐車場は一日、1500円が相場のようですね。
これを高いと考えるか、安いと考えるか。。

ちなみに「りんかい線」の電車代、高いかな。
池袋からとうきょうテレポートまで、510円だもん。
新所沢〜池袋が330円だからねぇ。

えー、データを拝借してみると、
(ZEPP TOKYO HPより)

**************************

収容人数 :
スタンディング時 2,709人
1階 2,416人 (スタンディング)/
2階 200人 (座席)+93人 (スタンディング)

椅子使用時 1,204人
1階 1,004人 (椅子)/
2階 200人 (座席)

**************************


c0027400_21402189.jpgふむ、ふむ。
3000人は入らないんですか。
椅子使ったりするんですね。
個人的な感覚では、
建物の横幅は
SHIBUYA-AXと同じくらい。
縦の長さは
AXよりもある気がしますね。

AXは3000近く入らんでしょうから、そこが違うのかな?

フロアは細かく柵でブロック分けされてまして
ライブによっては細かくブロック分けされて販売されるようです。
くるりがそうだったかな?
床はかなりハッキリと傾斜があります。
また、段差も後方に2箇所も段差がありますので
後ろでも見やすいようになってます。

フロア内には後方にバーカウンターがあります。
ただし、アルコール類はビールだけだったかな?
ノンアルコールの500ℓのペットボトルは数種類ありますね。
エントランス脇のカウンターは実は利用した事がなくて
ここでひょっとしたら、ビール以外のアルコールがあるかも。
利用したいんですけど、
公演終了時ってメチャクチャ混んでるから。なかなか。。。



c0027400_21415098.jpg建物の造りはAXと似てますね。
違いとして、
ロッカーが建物内の通路にもあり、
これはいいですね。
これからの時期、寒いんですよ。
あの辺りは海が近くて
冷たく、強い風が吹くから。
中に入ってから着替えられるし。
建物内にあれだけの数のロッカーがあるのは助かります。

外にも、もちろんありますよ。
料金は300円/回だったハズ。
ライブハウス内は500円/回とのことです。
(内部ロッカー料金、訂正しました)

整理番号でいうなら、
A700番台でも結構前で聴けますが
さっき書いたように
後ろでも観れると思いますよ。


c0027400_21575645.jpgその他には
パレットタウン内ということで
いろいろ観たり、
買い物したり出来ますね。
ヴィーナスフォートとか、
TOYOTAのショールームとか。
食べるところも多くて
土日は結構混んでます。


ってなことで

建物関係 ☆☆☆☆☆ (きれいだし、ロッカーの多さから星5つ)
飲食関係 ☆☆☆★★ (悪くはないけど、決め手もないので3つ)
音響関係 ☆☆☆☆☆ (いいんじゃないですかなw)
交通関係 ☆☆☆★★ (選択肢は多いけど、遠いから)
収容人数 ☆☆☆☆★ (まぁ、ここでハズレたら運がないってこと?)
見やすさ ☆☆☆☆★ (見やすいと思いますよ)
公演種類 ☆☆☆☆★ (ある種、ステータスになってます?)



最後にZEPP TOKYOへの道のりなどを写真でご案内


c0027400_2295392.jpg① 
とうきょうテレポート駅から出たら見える景色。
パレットタウンと
観覧車が見えます。
ZEPPはちょうど観覧車の真下にあります。

えっ?
乗った事ありませんよw



c0027400_22165591.jpg
パレットタウンの入り口です。
さぁ、上に行きましょう。

(この日は天気良かったんだけど
逆光で撮っちゃたかな・・・)
素人ですから。。。



c0027400_22202794.jpg
エスカレーターで上にあがると
ここに出ます。
左手の建物がTOYOTAの
MEGA WEBというショールーム。
右側はヴィーナスフォート。
ショッピングモールです。
さぁ、左側の建物に行きましょう。



c0027400_22275567.jpg
MEGA WEBの
2階の入り口です。
ここから中へ入ります。
分かっていれば
別に問題ないんですけど
初めて来た時はホント迷った。。

c0027400_22343449.jpgこのTOYOYAのMEGA WEB
2階建ての大きさで、
広い、広い。
F1の展示もあったような。
さてこの建物に入ったら
反対側の観覧車のある方向の
出口を目指して進みましょう。



c0027400_22385295.jpg
到着です。
階段を使って下におります。
あと、MEGAWEBの1階からも
もちろん行けますんで。
お好きな方を。。。



いやいや
この写真を撮ったのは9/26の100sのライブの時。
やっぱり、昼からケータイのカメラで撮影するのは
チト恥ずかしいのです(笑)
とはいえ、バシバシ撮りましたけど。


こんな感じで、
ZEPP TOKYO編はおしまい。

次は、第4回目は何処にしようかな?
う〜ん
SHIBUYA CLUB QUATTROにしましょうかね。
オロナミンビールの謎に迫りたいと思いますw

最近ご無沙汰で来月2回ほど行きますんで
その頃にでも。
[PR]
by nishi9ra | 2005-10-05 22:51 | ライブハウスあれこれ | Comments(6)
LIQUIDROOM EBISU
ライブハウスについてアレこれと語ってみる、
第2回目は

LIQUIDROOM EBISUです。


もともとはリキッドルームと言えば新宿。
その新宿から場所を移転した先が
恵比寿。

学生の頃は恵比寿駅を利用してまして、
初めて新リキッドルームに運んだときは、
「え〜!?、ここなの!?」
という驚きがありました。
目の前を通ってたんですよ。

c0027400_2056479.gif


JR恵比寿駅西口から徒歩5分くらいかな。
渋谷駅からも15分くらいで行けるはず。
駒沢通り(駅ビル*atreの前の通り)を
青山方面に向かって歩くと
明治通りと交差する地点があります。(歩道橋が目印)
明治通りを渋谷方面に向かうと
すぐソコにあります。
目印は"TOWER CAFE"の看板。

c0027400_19571873.jpgこの看板がないと
正直ワカリマセン。。。
黒い建物なのです。
たしか、
"alternative/jazz"って
壁に書いてあった様な気が。。
ただし、壁と同色。
見えん。。。


c0027400_2135820.jpg明治通り越しに観たところ。
どうです?
読めないでしょ?(笑)
建物左上の文字。。
まぁ、ライブの日は
入り口にガードマンがいるので。
ちなみに、この写真の右側に
別の民間立体駐車場があるんですが
料金は覚悟してください(涙)
そりゃぁ、ねぇ・・・


c0027400_21102785.jpgこれは歩道橋から見た写真。
べ、別に怪しい者じゃないよ〜
こうゆうところで写真撮るのは
恥ずかしいのであります!!

建物入り口を入ると、
まず2階のロビーへ上がります。
(ステージは1Fだけど直行は×)
2Fのロビーで当日券販売や
入場整理を行います。
ロッカーは2Fにそれなりの数があります。たしか300円だっけな?
傘はロッカーの上にでも置きましょ


2Fのロビーにはカウンターバーと
TOWER CAFE(タワレコが経営するカフェ)があります。
ほかにもセレクトショップのスペースがあって
CDや外国の雑誌が販売してます。
あまり在庫は多くありませんけど、
タワレコ同様ポイントカードが使えるのです。


さてさて
ステージある、メインフロアですけど
下の写真は音響設計をした
若林音響さんから勝手に拝借(←だから、良くないって(汗)

c0027400_21324769.jpgここの造りが一番好きですね。
ステージに向かって、
フロアの左右と後方は
カウンターになってます。
整理番号と運が次第で座れるかも。
ここで聴くのはゆったり出来て
とても気持ちいいです。
もちろん、ステージ近くで聴くのも
いいですけどね。

フロアに降りれなくても
カウンターの周りはフロアより高くなっているので
結構、見やすいですよ。
最近、後方のカウンター(ステージに対して真正面)は
椅子置いてない事が多いですね。

あと、左右のカウンターのうち、ステージに向かって
左側は関係者席になってたり、
右側はおそらく、防災対策(避難通路の確保)として
開演寸前まで立ち入り出来ないことがあります。
まぁ、これを逆に利用して、開演間際の解放時に
このスペースを狙ってる人も結構いますね(笑)

あと、ここ禁煙ですよ。
O-NESTとかだと喫煙OKだったりしますが、
ここはムリ。(別に吸わないけど)
メインフロア入り口の外にもロビーがあり、
そこで喫煙出来ます。
ここにもカウンターバーがあって飲めます。
そしていつも飲んでます(笑)

酒の種類はやはり新しいだけあって
十分な種類が揃ってると思いますね。
ただ、ドリンクチケットの場合は注文が限られます。
ソフトドリンク、と軽食(ナッツだったっけ?)もあったはず。
ちなみに、メインフロア内にもバーがあります。

さてさて、
ここの収容数ですけど
1000人強ってとこですかね。
正確にはわからないんですが、まぁ、そんなところでしょう。

音ですけど
あまりエラそうな事言えるほど、聞き分けられませんが、
率直に感じた感想として、いいと思います。
爆音が鳴ったとしても音が潰れることなく
自然に聴こえます。

初めて行ったのは
去年のFranz Ferdinand、って・・・・

( ̄□ ̄;)!!
あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!
新譜出たんだった。。。
しまった〜〜〜!!!
買ってない。。。。(>_<。。。

いいや、
明日、仕事終わったら、
新宿のタワレコに行こっと!! ヽ(^。^)丿


とうことで

建物設備 ★★★★★ (キレイだから星5つ)
飲食関係 ★★★★★ (CAFEはあるし、飲み物いっぱいの星5つ)
音響関係 ★★★★★ (基準がわからんけど良いと思うので)
交通関係 ★★★★☆ (駅からそれほど遠くないので星4つ)
収容人数 ★★★☆☆ (これくらいの方がいいな、売切れ御免)
見やすさ ★★★★☆ (ここは見やすいと思う)
公演種類 ★★★★★ (かなり良いラインナップ)

こんな感じで
お気に入りの恵比寿リキッドルームでした。

次回、第3回は(近日公開)は
ZEPP TOKYOの予定です〜
[PR]
by nishi9ra | 2005-09-14 22:21 | ライブハウスあれこれ | Comments(6)
ライブハウスあれこれ ~SHIBUYA-AX~
う〜ん、CDラックが欲しいです。。。。
楽天とか、通販のカタログ見たりしてると
「いいなぁ」と思うものがあるんですけど、
でも1万円以上出すかと考えると、気が引けますねぇ。
だったらCD買うって(笑)

明日はSHIBUYA-AXで
クラムボン
ハナレグミ
ナタリーワイズ
の3組による
『サヨナラCOLOR〜映画のための音楽会』
に行ってきます。

今年、初めてクラムボンのライブに行ったわけですが
これからも予定を無理にでも空けてでも行きますよ。
それだけ素晴らしいライブですから。
明日もとても楽しみです。


c0027400_21524719.jpgSHIBUYA-AXは
原宿駅の近くで
渋谷からも十分歩いて行けます。

交通の便も良いし、
会場も広いですね。
ロッカーの数が多いのはGOOD。
建物の外にしかありませんけど、
数が足りなくて
入れられないてことは
あまりないんじゃないかな。
フロアはステージに向かって、
ゆるやかな傾斜がありますし。


収容数は2000人以上入れるのかな?
前で観るのもいいですが、
個人的なオススメは後方の音響ブース脇です。
段差がある為、視界を遮られることもありませんし。
音もあそこならバランスよく聴けるんじゃないかな。
ステージからはちょっと離れちゃいますけど
ゆっくり、聴かれたいのならばココをオススメします。
特に激しいライブなら尚更でしょうか。

ただし、このブース脇の最前列は競争率が高いです。
整理番号なら300番台の時点で埋まってしまうかも。
そんなアナタに(笑)はまさにブース脇の階段ですね。
ここ結構穴場です。
ただ、あくまでも階段ですから、
開演までは他の人の迷惑にならないように。。。
あと、前ならば左右の端も悪くないですよ。
意外に埋まりにくい場所ですね、
きっとスピーカーが近いから避けられちゃうのかな。

そんな俺は明日は215番なので
前から3列目ぐらいで聴いてきます。
とはいっても実際にフロアに入ったら、
いろいろと考えてしまいますけどね。。。。

そうそう、
AXと言えばグッズとか買いやすいですね、待機スペースが広いし。
あと飲み物の種類も他の会場に比べても遜色無くそろってます。
ライブハウスの楽しみの一つとして
飲み物の種類が結構ポイント高かったりします(笑)
[PR]
by nishi9ra | 2005-08-07 22:01 | ライブハウスあれこれ | Comments(0)



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧