カテゴリ:音楽バンザイ( 352 )
今後のライブ予定なんて
月日が経つのが早い、と思うのは
過ぎた日を単に振り返っているから。
ほら、よく思い出してみれば、
1日1日はこんなに長く、濃いものなんだから。

そんな俺の今年2ヶ月間は公私共に忙しい日々でしたね。
行ったライブは5公演。
さて、今後のライブ予定は、こんな感じです

3/14 ポラリス @リキッドルーム恵比寿
3/30 サンボマスター @渋谷AX
4/5 サンボマスター @渋谷AX(*只今チケ捜索中)
4/9 ママレイドラグ @東京キネマ倶楽部
5/8 BLOC PARTY @渋谷クラブクワトロ
5/30 ZAZEN BOYS @リキッドルーム恵比寿
7/13 100s @ ???
7/14 100s @ ???
7/21 フジファブリック @渋谷AX

そうです、フジファブリックのチケ取れました。あっさり。
あとは、明日入金するのみ。
渋谷AXでのワンマンです。えらい先の話ですけど。半袖の季節。
それにしてもサンボマスターのチケ。 
5連敗中かな。4/5公演だけでも。何故だぁ〜!
俺はチャンと会場行くんだから当たってよぉ〜!
決して転売なんかしませんって、買う可能性はあっても。。。
渋谷AXだと400番台でも全然OKなんだけどねぇ。
まぁ、何はともあれ、次はポラリス。
「深呼吸」大好きな曲です。

そんな今日のiPodさまさまのランダムオンエアーです

① La Tristesse Durera (Scream To A Sigh) / Manic Street Preachers
② Electricity / Longview
③ Mama / GREAT 3
④ Crazy Little Thing Called Love / Queen
⑤ 約束 / 森山直太朗
⑥ Feel So Good / Jamiroquai
⑦ Smash The Emergency Gjass / Gerling
⑧ 悲しみにさよなら / MAMALAID RAG
⑨ Hey Fuck You / The Beastie Boys
⑩ I Dig Love / George Harrison
⑪ 陽はまたのぼりくりかえす / Dragon Ash
⑫ Vertigo / U2

⑪Dragon Ashの名曲です。 
このアルバム「Buzz Songs」いいなぁ。
Dragon Ashについては今後やはり語らせていただきます。
[PR]
by nishi9ra | 2005-03-01 20:56 | 音楽バンザイ | Comments(0)
マッシュルーム to 横断歩道
最初に買ったビートルズのCDは高校時代に買った
「赤版」だったと思う。ありとあらゆる音源がCD化されてきましたが、
あの当時、結構大騒ぎだったような気がします。
やはり片道20Km位の通学路を自転車で通っていた
俺の相棒はFMラジオ付きのウォークマンでした。
そんなある日、FMから聴こえてきたのが
「Can't Buy Me Love」
これを聴いた瞬間、もう買うしかない!と決めたんです。

もちろん、ビートルズは以前から知ってはいましたが、
正直なところ「聴かず嫌い」ってやつでしょうか。
それまで俺の知っていた「ビートルズ」

・マッシュルームカットに襟なしのスーツ
・街を歩けば、ライブをやれば「キャー!、キャー!」状態。
・「LOVE ME DO」「SHE LOVES YOU」「YELLOW SUBMARINE」
・ジョン レノンとポール マッカートニー
・伝説のアイドル

そう、俺にとって「ビートルズ」とは「ただのアイドル」だった。
赤版を買った際にオマケでついていた、今でももっている冊子、
それにはビートルズの「歴史」が簡単ではあるけど書いてあり、
それを読んで、一層興味が沸いた。
マッシュルームはビートルズの全てでは無かった。
そして2枚目に選んだのは「アビーロード」

そこからはビートルズの虜になった。
すべてを聴くまでの時間はあっと言う間だった。

「A Day In The Life」
   平坦な感情の奇妙な混沌の音の世界は時を超えた。
「Something」
   美しいメロディーにバンドが二人だけではなかったことの衝撃。
「HELLO, GOOGBYE」
   シンプルなメロディーと「キューン」というのギターに
   何度も繰り返し再生。
「I Am The Walrus」
   『何年経っても色褪せない曲』は確かにそこにあった。

今だに残念なのはどうしてもテレビは「ビートルズ」を
かつての俺のイメージでしか伝えようとしない。
紹介する時に流れる映像は相変わらず、マッシュルーム。
音楽は「love me do」。客の半狂ぶり。
あぁ、もったいない。
俺なら、サージェントペパー時代の映像を見せて、曲は
「Here Comes The Sun」〜「Her Majesty」を聴かせるぞ。
放送時間なんか知らないさ。

数年前、NHKFMでたまたま聴いた「ビートルズ特集」。
番組の最後にこのメロディリレーをノンストップで流した事があった。
感激でしたね。CD持ってるけどもうラジオに釘付け。
そうなんだよ、これだよ、これと、一緒に聴いていた母親に
「これはスゴいことだよ」と力説してたっけ。。。
ラジオ番組を聴いててあれほど感激した事はないなぁ。

アビーロードのB面のリレーを俺は何回聴いただろうか。
そしてこれから何回聴き続けるのだろうか。
曲が後世に残すのは作者の力ではない、
それを聴いたリスナーなのだ。
c0027400_21401363.jpg

[PR]
by nishi9ra | 2005-02-28 21:40 | 音楽バンザイ | Comments(2)
プロモーションビデオ
プロモーション・ビデオも
曲の内容・イメージに合わせたもの、まったく関係ないもの様々。

TRAVISのPVと言えばほとんど「後者」。
はて、なんじゃろう?と。腕足せ臥せの賭けやら、学校の写真撮影会やら
ドリフ顔負けの食べ物投げ合い、妊婦だらけの街が舞台だったり。

俺の知ってる一番「おバカ」なPVは
DAFT PUNK "AROUND THE WORLD"
ホント分け分からん。
ステージにいる人たちが曲のそれぞれの楽器にあわせて、踊る。
ただそれだけ。
ただインパクトが強い。
衣装にダンス。気持ち悪いが気になる。

最近ではPVもDVD化されることも増えました。
喜ばしいものです。

技術的にも凝った作品が増え、観ていて面白い。
一押しの作品は
COLDPLAY "YELLOW"
電気グルーヴ「Cafe de 鬼(顔と科学)」など。
[PR]
by nishi9ra | 2005-02-27 22:04 | 音楽バンザイ | Comments(0)
The Beatles sellection
この前、実家でなかなか懐かしいモノを見つけた。
「The Beatles sellection」と題したカセットテープ。
学生の頃に自分で選曲したビートルズの編集カセット。
曲順も考えて、あれやこれやと時間をかけたもんです。
まぁ、懐かしついでに紹介してみます。

「The Beatles Sellectoin Ⅰ」

A面
① Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
② With A Little Help From My Friends
③ Rain
④ Hey Bulldog
⑤ Everybody's Got Something
     To Hide Except Me And My Monkey
⑥ Back In The U.S.S.R.
⑦ Helter Skelter
⑧ Revolution
⑨ Get Back
⑩ And Your Bird Can Sing
⑪ Got To Get You Into My Life
⑫ Lovely Rita
⑬ Baby You're A Rich Man
⑭ Come Together
⑮ Her Majesty

B面
⑯ I Saw Her Standing There
⑰ I'll Be On My Way
⑱ Something
⑲ Here Comes The Sun
⑳ Here, There And Everywhere
21 And Your Bird Can Sing
22 Across The Universe
23 The Long And Winding Road
24 Two Of Us
25 For You Blue
26 With A Little Help From My Friends
27 Hello, Goodbye
28 I Am The Walrus
29 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)

んー、まとまりが無いかなぁ
まぁ、1本目ということでとりあえず集めただけみたいな。
いまではCDRに焼くことができるんで
手間が掛からなくなったものですが、
カセットだとその時間分掛かるんで大変でしたね。
どうも、CDを取り替えるのが面倒だったらしく、
同じアルバムから2、3曲続けて選曲されているみたいです。
今だったら、当然違った選曲をするでしょうね。
[PR]
by nishi9ra | 2005-02-21 23:09 | 音楽バンザイ | Comments(0)
トホホのほ
ある意味すごいぞ〜
全部外れたよぉ。
えっ?何かと言えば先行予約のチケットのハナシ。
えーと、冷静に思い出そう。

① サンボマスター  4/5。
これ家族のアカウントまで使って申し込んだのに
    『撃 沈』

②ZAZENBOYS  4/28
ディスクガレージ、e+の先行予約ともども
    『撃 沈』

しかーし!
こんなことでは諦めません。
ライブは戦いですよ。
そう、チケットを取るところから、
もしくは、最優先の販売口を見つける事から戦いなのさ〜。
連戦連敗ですけどね。。。
こうなったらしょーがない。奥の手だ。
オークションかぁ・・・・ あまり気が進まなくもナイ。
サンボマスターの3/30はスカパーでやるみたいだけど、
これは会場に行かなきゃ。テレビは後で観るよ。
そして4/5もいくぞー

ひょっとして、スーパーカーで運を全て使ってしまったか?
今日、チケット届きました。
       が
整理番号「C」682って。
ひょっとしなくても、「A」から入りますよね。世の中は。

今日はずーっと、「フジファブリック / 銀河」聴いてました。
ホントにいい!
あと、Dovesの先行シングル「 Black & White Town」
これはヤバい。鳥肌立ちました。
そう、いい音楽に衝撃を受けたとき、鳥肌は立つもんです。
Music Clipを早速録画しました。
思い出しましたよ、あの映画を。
「Trainspotting」を
同じ空気が漂う
その虚無感
その葛藤
これがYouthful Days
[PR]
by nishi9ra | 2005-02-19 20:24 | 音楽バンザイ | Comments(2)
Coldplay日本語サイトオープン
ムムム、
さっそくZAZENBOYSの先行予約をハズしてしまった。
とは言いつつ、第2弾。『e+』の先行予約に申し込んだけど。
あぁ!! サンボマスターの追加公演取れますようにっ!!

そういえば、Coldplayのオフィシャル日本語サイトが出来た。
東芝EMIのサイトです
そうかぁ、ここでライブスケジュール発表するつもりかなぁ。
風の便りで「初夏ごろ」というのを耳にしてますが、
おそらくCD発売のタイミングで公式発表でしょうか。

まだよく分かりませんが、噂通りの場所でやるなら
チケットは争奪戦だよなぁ。3000人だよなぁ、詰め込んで。
でもでも、幕張とかスーパーアリーナとかではヤメてほしいなぁ。
ライブハウスですよ、やっぱり。ZeppとかAXくらいの。
あぁ、今からソワソワしてしまいますなぁ。

俺は必ず取るぞ、チケットも「休み」も。
[PR]
by nishi9ra | 2005-02-16 20:24 | 音楽バンザイ | Comments(0)
NUM-AMI-DABUTZ / Number Girl
この曲を語るには
「イントロの1分間を聴け」ってことでしょう。
俺はこのイントロにやられました。
もちろん、イントロだけでなく曲全体のアレンジが大好きなのです。
この1分間はこの曲を象徴していると言えるな。
「ジャーン」とギターが鳴り、ハイハットがリズムを刻む。
ベースが加わりもう一本、トリッキーなギターリズムが重なる。
そして曲が始まって30秒。この4つの音が爆発する。
短く叩き付けるリズムが気持ちいい。
田渕ひさ子の狂ったように鳴り響くギターが最高だ。
めちゃくちゃのようで計算されてる、この曲はやはりこのギターだ。
もちろん、ギターだけではなく、この曲を支えてる、
ドラムを忘れることは出来ないし、向井秀徳のラップのようで
風変わりな言葉の投げかけ、歌い回しも面白い。
全体を通して伝わるジャムセッションのような曲だ。

語り継がれるイントロ、そう「Smells Like Teen Spirit」の
イントロがいつまでも愛されるように、この曲の「1分間」は
俺の中で最高のイントロなのです。
このバンドが今もう無いのが残念でなりませんね。

c0027400_1481723.jpg

[PR]
by nishi9ra | 2005-02-08 23:06 | 音楽バンザイ | Comments(2)
LIFE / 小沢健二
ふと思ったけど、
オザケンと言っても「誰?」って思う人が増えてるんじゃないかな。
もったいない。
俺がちょうど高校生の頃、ソロでTV番組とかに出てたね。
今思うと考えられない事だけど。
あの頃、そしてこれからも聴かれ続けるだろう、この作品。
アレンジにいろいろなアーティストの曲を使っている訳。
(こうゆうのは「パクリ」ではないよ)

特に個人的に思い入れが有るのは
「ぼくらが旅に出る理由」
この曲ではポール・サイモンの楽曲を2曲使ってるんだ。
まず、イントロは「You Can Call Me Al」。
そして間奏に流れるのは「Late In The Evening」。
ポール・サイモンが好きだった、俺には
このオザケンの曲を聴いた瞬間に分かりましたね。
まぁ、上手い事使ってます。
繰り返すけど、この使い方を「パクリ」と言うのはチト貧しいね。
彼なりの先人へのオマージュと受け取ってきましたよ。俺は。

オザケンはとても歌唱力があるワケじゃないけど(むしろ・・・)
畳みかける言葉のリズムとポップだけど
彼がこの後進む、ジャズなテイストも詰まっている面白い作品。

この「LIFE」という作品。
今日、車の中で聴いていたけど、いいねぇ。やっぱ。
いつまでたっても色褪せない。もう10年くらい経つのかなぁ。
もう10年以上だって聴き続けるだろうな。

c0027400_23433041.jpg

[PR]
by nishi9ra | 2005-02-06 23:44 | 音楽バンザイ | Comments(5)
HALCALI / 音楽のススメ
おもにCDを買う時はタワレコに行ってるんですけど、
どうしても手に入らん場合はオンラインのHMVを使ってます。
特に輸入版のシングルCDは新宿のタワレコでも売ってない場合あるし。

さて最近買ったCDは

「街灯 / ふたりで目覚めたら / MAMALAID RAG」
「サンボマスターは君に語りかける / サンボマスター」
「Silent Alarm / Bloc Party」
「A Sphere In The Heart Of Silence / John Frusciante」
「Coming Down/ Longview」
「Still / Longview」
「Can't Explain / Longview」
「Mercury *special Edition / Longview」
「音楽ノススメ / HALCALI」

ロングビューはシングル版が欲しかったのと、
「スペシャルエディション」に惹かれてね。オンラインで購入。
発売日に買ったんだけど・・・通常版。
なんか最近多いねぇ、後から「スペシャルエディション」出すの。
別にいいけど・・・

さて「HALCALI」ですよ。
これ最高。デビューシングル「タンデム」が印象深くて、
その後どうしてんのやらと思ってたら、コレです。
いい!!実に良いっ。
なんかイメージ的には「パフィー」とダブルかもしれないけど、
より「音楽好きでやってます」って感じが天然で出てて。
別に先人を否定はしないけど。
素人っぽさがまだまだ抜けないのが味なのかなぁ。
歌が上手いとか下手とかじゃなくて曲全体から伝わる、
ハルカリという空気が良いんだよなぁ。クセになるサウンド。
大当たりの作品ですね。
c0027400_20201968.jpg
[PR]
by nishi9ra | 2005-02-03 20:21 | 音楽バンザイ | Comments(0)
Shea Seger / The May Street Project
どうも女性ヴォーカルが少ない。
って俺の持ってるCDの範囲でのこと。
いろいろ考えてみるが持ってないワケではないし。

Carole King 「It's Too Late」
Cardigans 「Carnival」
The Carpenters 「Yesterday Once More」
LOVE PSYCHEDELICO 「Your Song」
Miranda Lee Richards 「Ella」
Natalie Imbruglia 「That Day」
柴田淳 「ぼくの味方」
椎名林檎 「歌舞伎町の女王」
鬼束ちひろ 「LITTLE BEAT RIFLE」
櫛引彩香 「サニーデイ」

んー、とりあえず持ってるCDで気に入ってる曲をあげてみたけど。
共通するのはメロディーが良いということかな。
さてこんな中、新作リリースが待ち遠しいアーティストが一人。

Shea Seger (シェイ・シーガー)
c0027400_21494069.jpg
2001年にデビューアルバムが
発売されて以来、これまでの間
全く新作の音沙汰無し。
特に好きな曲は「Clutch」
ベースラインがイントロから特徴的な曲で、彼女のハスキーな声が低く刻むベースよく似合う。
深く沈んだ雰囲気だが、
それはサビのメロディーやリズムに乗って解放される。
抑えていた、内に秘める感情が解き放たれるような。
俺のお気に入りな一枚。
新作を待ち焦がれてります。
[PR]
by nishi9ra | 2005-01-18 22:24 | 音楽バンザイ | Comments(0)



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧