<   2005年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
今日のオンエア
今年は(も?)待ち遠しいCDがいっぱい発売されるようで。
DOVESもそのうちの一つ。c0027400_3513391.jpg
何と言っても
"There Goes The Fear"です。
曲の終わりのサンバのセッションは
以前クワトロのライブで聴いたけど
もうたまりません。
また行きたいですライブの一つ。
3人ともヴォーカルがとれるとか、
器用なバンドだね。


さて今日のiPodクンはこんな曲を聴かせてくれました。

1  Morning Bell/Amnesiac / RADIOHEAD
2  Changes / スーパーカー
3  The Swamp Song / OASIS
4  Flow / SADE
5  Silent Sigh / Badly Drawn Boy
6  A Most Peculiar Man / Simon & Garfunkel
7  みそか / スピッツ
8  Fantasma Spot / Cornelius
9  Cupid's Trick / Elliott Smith
10 Untitled 2 / KEANE
11 Animal / R.E.M
12 Lies / Ordinary Boys
13 When We Go Walkin' / Miranda Lee Richards
14 Letterbomb / Green Day
15 Milkwood Blues / The Coral
16 A Heart in New York / Art Garfunkel
17 Long, Long, Long / The Beatles
18 I Wanted To Be Wrong / R.E.M
19 Blue Jay Way / The Beatles
20 Superstar / Lauryn Hill
21 To Zion / Lauryn Hill

エリオット・スミスが亡くなったのと聞いて本当にショックでしたね。
遺作の"From A Basement On The Hill"
聴けて嬉しいんだけど、これが彼が出したかった形かと思うとね。
複雑だなぁ。
ランダム再生とはいえ、インストが多い日でした。
[PR]
by nishi9ra | 2005-01-31 23:20 | iPodバンザイ | Comments(0)
今日のオンエアー
通勤は晴れている限り、寝坊しない限り
片道10キロをチャリンコで駆け抜ける俺なのですが。
そんな旅にはiPodは大切な連れだったり。
3500曲以上も入っている訳です。
そんな小さな音楽箱はランダム再生を主としております。
今日のオンエア曲は

1、 All Around The World Or The Myth Of Fingerprints 
                   /Paul Simon
2、 Wouldn't Change A Thing / Haven
3、 3 The Hard Way / The Beastie Boys
4、 花いちもんめ / はっぴいえんど
5、 家族の風景 / ハナレグミ
6、 Boy In The Well / R.E.M
7、 Hold Me Tight / ASIAN KUNG-FU GENERATION
8、 Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
               / The Beatles
9、 Yellow Butterfly / Tahiti 80
10、Isn't It A Pity / George Harrison
11、サンゴ十五夜 / 元ちとせ
12、Some Say / SUM 41
13、Year Of The Rat / Badly Drawn Boy
14、美しき人間の日々 / サンボマスター
15、Crystal / New Order
16、Shut Out / SOUL'd OUT
17、God In The Numbers / Richard Ashcroft
18、未来の生命体 / エレファントカシマシ
19、A Design For Life / Manic Street Preachers
20、Like A Man Possessed / The Get Up Kids

ウマいこと20曲ピッタし。
自分でもこの曲持ってたんだと驚くモノもあるんだねぇ。
んで今日の一番のお気に入りは
「Crystal / New Order」
18時にだと真っ暗で困りモノですが、
この曲聴きながら俺の心と体はチャリンコの上で踊り始めます。
そういえば、仕事中は頭の中で
Franz FerdinandのCheating On Youが鳴り響いていましたな。
彼らのリキッドルームのライブ行ったけど楽しかったなぁ。
[PR]
by nishi9ra | 2005-01-30 22:57 | iPodバンザイ | Comments(0)
Supercar / Fairway
2月26日のライブにて解散、と聞いて正直驚いた。
そして早速、昨日28日にチケットプレオーダーを申し込んだ。
う〜ん、穫れないだろうなぁ。
3/30日のサンボマスターも3回抽選外れたしねぇ。
もう原因は「金」になるもんだから
売られてるんだよね、オークションで。
ってか俺も買ったりしてるからエラそうな事は言えないけどね。
ただ、ホントに行きたいから申し込んでるからさぁ〜
困るよなぁ。

スーパーカーのサウンドは浮遊感。
浮遊感と言えばフィッシュマンズの代名詞みたいなもんだけど、
それとはまたひと味違うね。
よりハッキリとしたエレクトロなサウンド。
もっともその流れは「Futurama」以降の話。
初期の作品は「けだるさ漂うROCK」。悪い意味じゃなくてね。
俺の好きな曲は「Love Fofever」と「Fairway」
後者はアルバム版よりシングル版がいいね。
c0027400_1403453.jpg
[PR]
by nishi9ra | 2005-01-29 14:11 | この作品、レビュー | Comments(2)
Mercury / Longview
c0027400_2335912.jpgこの作品のイメージは「白」。
そう真っ白だ。
ジャケットのデザインが
とても合っているのだけど、
俺的には「無人の雪原」が思い浮かぶ、
そんな音だ。
「静かなるロック」
それはとても静かで深く、深く。
深淵で奏でられる音。
静寂のなかで、
とても感情的でもある。
その感情を押し殺すような。
Travis"The Man Who"
Coldplay "Parachutes"
1999年、2000年に発売された、
この2作の「静かなるロック」の流れを汲んだ作品だ。
次の作品がたのしみだ。
[PR]
by nishi9ra | 2005-01-23 23:33 | この作品、レビュー | Comments(0)
K / BUMP OF CHICKEN
昨年発売された「ユグドラシル」も好きだけど、
インディーズ時代の2ndアルバム「The Living Dead」も名作。

バンプのロックは溢れんばかりの若々しさと、
それゆえのほろ苦さを抱え
真っすぐ駆け抜けている。
このアルバムでは「K」という曲が特に好きだ。

若い絵描きと野良猫の詩。
その黒猫は容姿から「忌み嫌われて」
いつしか「孤独には慣れていた」、寂しさと裏返しに。
その若い絵描きは恋人を故郷に残し旅をしていた。
最初は慣れない愛情に戸惑う黒猫も
やがて心を開くがある日、貧しい生活に絵描きは倒れてしまう。
死ぬ前に恋人への手紙を託された黒猫は友達の故郷へと走る。

こうゆう叙事的な詩に奏でられる、
早いビートはこの「ホーリーナイト」と名付けられた黒猫の駆ける姿。
よくある物語かもしれないが、その詩に惹かれるね。

  絵描きは「友達」に「ホーリーナイト」と名前をつけてあげる。
「HOLY NIGHT」=「聖なる夜/黒き幸」
遠い「友人」の故郷に満身創痍で辿り着いた「ホーリーナイト」は
そこで力尽きてしまう。手紙を受け取った絵描きの恋人は
もう動かなくなった猫に「アルファベットを一つ加え」埋葬する。
「聖なる騎士」、HOLY "K"NIGHTを。

いいなぁ。
これ聴くと涙ぐんでしまう時があるよ。
一見シンプルな物語だけど、奥深い詩だ。
いい詩書くよなぁ、若いのに。おっと、年は関係ないね。
この「The Living Dead」は「K」のような「8つの物語」から
構成されている作品。
最近のメッセージ性の濃い詩もいいが、叙事的な詩もいいね。

(2000年3月25日 発売)
c0027400_129991.jpg

[PR]
by nishi9ra | 2005-01-19 22:46 | この作品、レビュー | Comments(0)
Shea Seger / The May Street Project
どうも女性ヴォーカルが少ない。
って俺の持ってるCDの範囲でのこと。
いろいろ考えてみるが持ってないワケではないし。

Carole King 「It's Too Late」
Cardigans 「Carnival」
The Carpenters 「Yesterday Once More」
LOVE PSYCHEDELICO 「Your Song」
Miranda Lee Richards 「Ella」
Natalie Imbruglia 「That Day」
柴田淳 「ぼくの味方」
椎名林檎 「歌舞伎町の女王」
鬼束ちひろ 「LITTLE BEAT RIFLE」
櫛引彩香 「サニーデイ」

んー、とりあえず持ってるCDで気に入ってる曲をあげてみたけど。
共通するのはメロディーが良いということかな。
さてこんな中、新作リリースが待ち遠しいアーティストが一人。

Shea Seger (シェイ・シーガー)
c0027400_21494069.jpg
2001年にデビューアルバムが
発売されて以来、これまでの間
全く新作の音沙汰無し。
特に好きな曲は「Clutch」
ベースラインがイントロから特徴的な曲で、彼女のハスキーな声が低く刻むベースよく似合う。
深く沈んだ雰囲気だが、
それはサビのメロディーやリズムに乗って解放される。
抑えていた、内に秘める感情が解き放たれるような。
俺のお気に入りな一枚。
新作を待ち焦がれてります。
[PR]
by nishi9ra | 2005-01-18 22:24 | 音楽バンザイ | Comments(0)
今後のライブ予定なーんて
今年の目標。
「1年20公演」 観に行くぞ〜
という事で、既に1/13のTHE MUSICは行ってきましたが、
今後の予定はと言うと

2/9 サンボマスター @渋谷クワトロ
2/10 MANIC STREET PREACHERS @SHIBUYA - AX
2/13 THE CHEMICAL BROTHERS @NKホール
3/14 Polaris @LIQUID ROOM EBISU
4/9 MAMALAID RAG @東京キネマ倶楽部

ここまでは確定しとります。うむうむ。
   んで、狙っとるのがコチラ

* 100s (夏頃ですか?)
* COLDPLAY (5/26、5/27 らしい)

COLDPLAYは前から行きたかったライブ。
絶対2日間いくぞ、ってチケ穫れるかなぁ・・・
100sはライブハウス希望。中村一義の武道館とAX行ったけど
やっぱAXの方が観やすいし音もいいしね。
[PR]
by nishi9ra | 2005-01-17 23:59 | 音楽バンザイ | Comments(2)
iPod a GO GO!
c0027400_185168.jpgこれが俺の2代目iPodなのです。
容量は40G。世間では「第四世代」と呼ばれているモノです。
初めてiPodを買ったのは2年程前だったかな。
それまでVAIOユーザーではありながらMacのデザインに惹かれ欲しいなぁと思いつつも、
PC変える勇気が俺には無かったとです。
そんな時、Win対応版が出たもんだから。
その後の遍歴は親Mac、脱sony路線まっしぐら。iMacを購入したのが一昨年。
次はiBookなのです。G5出ないかな。
c0027400_18171291.jpgこんな俺のiPodには3370曲入っております。
もっと入れたいのですけど、
かなりの面倒くさがり屋なので。
先代の10Gはとても足りなかったので
今は大満足です。
iPod miniや今度発売になったiPod suffuleは
面白いけど、要らないかな。

 今もっとも再生回数が多い曲、
        トップ5はというと
1、Honeycom.ware / 100s
2、I Have A Dream / Air
3、Embrace / BUMP OF CHICKEN
4、同じドアをくぐれたら / BUMP OF CHICKEN
5、The Dark Of The Matinée / Franz Ferdinand

という感じ。バンプは発売当時から全曲ヘビーローテでしたね。
[PR]
by nishi9ra | 2005-01-16 19:06 | iPodバンザイ | Comments(0)
CD買いだおれ
今週はリリースラッシュ。
なわけで今日は仕事が終わった後、新宿のタワレコに行ってきました。
時間がなかったのでゆっくり見れなかったけど
ハナから買うもの決めてましたんで。

* 「OZ / 100s」
* 「スーベニア / スピッツ」
* 「Push The Button / The Chemical Brothers」
* 「The Holy Bible / Manic Street Preachers」10th Anv.
* 「Empty souls / Manic Street Preachers」
* 「Bedshaped / Keane」
* 「With The Lights Out / Nirvana」
* 「モラトリアム / レミオロメン」
* 「Live forever」 DVD

こんな感じで。
今はさっそく100sのアルバム聴いとります。c0027400_437102.jpg
[PR]
by nishi9ra | 2005-01-14 23:45 | CDを買いまくり | Comments(0)
THE MUSIC LIVE @ ZEPP TOKYO
オープニングは"Welcome To The North"
まさに開幕にふさわしいナンバーで、ハコはもうモッシュの嵐。
2列目の柵に前に陣取っていた俺も押しつぶされないように必死さ。
昨年発売された2ndアルバムからの選曲がほとんどだが、
この新作は前作の流れを汲んで入るがよりメロディーが聴きやすい。
アレンジの面でも「Getaway」のような曲が多い。
前作よりROCKだと思うのだ。
いかんせん、あまりに「元気のいい」エリアにいただけに
音楽自体をあまり堪能出来なかった。
いや、柵の側にいる分、かえって身動き出来なくなるくらいだからね。
まさにサバイバー。
それでも、「Cessation」「Into The Night」「I Need Love」と
楽しみにしていた曲がライブで聴けてよかった。
特に「I Need Love」はイントロからのギターが大好きだ。
Vo.のロバート・ハーヴェイ、
ライブでもあのハイトーンヴォイスは健在だ。
パフォーマンスも「かなり」大人しいメンバーに比べ
アグレッシヴで面白い。
彼らの早いビートは勝手なイメージだが車ではなく単車が似合う。
その疾走感、最高。
曲のアレンジは前作が「うねり」のぐるんぐるん、
うねりにうねってる感じ。ちょうど、あのジャケットの円のように。
今作はあの円をさらに回りながらも少し別の方向に伸びだした。
その伸びた方向はハイウェイを単車で駆け抜けるような疾走感。
いずれにいして「規格外」なROCK。それがこのバンドの魅力だ。
どうにも「盛り上がり過ぎ」な場所にいた事と、俺自身の体調不良で
大満足とはいかないまでも良いライブだった。

c0027400_131935.jpg

[PR]
by nishi9ra | 2005-01-13 23:59 | ライブに行ってきました | Comments(0)



音楽バンザイな日々
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧