<   2005年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
toddle @下北沢CLUB QUE
この際、toddleのプレイが、その轟音が
耳に頭に残り続けるのは何故かというのは
自分の中では別に意味の無いことなのかな。

このバンドを知った理由はもちろん、
田渕さんがいるバンドなワケで、
当然前身のNumber girlという語り草となったバンドのメンバーだ。
その名前を知った時、toddleへの興味というのは、
「元ナンバーガールの田渕さんが」という別の意味での興味があったんだ。

今、toddleのあの音を知ってからは、
もはやかつての名バンドのメンバーであったことは
問題ではなくなっている。

そのギターだけを聴きに行くのではなく、
後で土台としてがっちりと支える、
ドラム、ベースの「リズム隊」のプレイもtoddleの魅力だ。

前回のタワレコのインストアーライブから
それほど日は経っていないけど
今日のQUEは身動きが取りにくいほどの人が集まった。

初めて聴いた、O-NESTの光景が嘘のようだ。
あの時はまだCDリリース前。
それが、あの"I dedicate D chord"を発表後、
たちまち人が集まり始めているのだ。

それは驚きではないよ。
当然の結果。

"a sight"
で始った今日のライブ、
やはり、まだまだ歌声がかき消されてしまう場面もあるけど、
それは、それだけこのバンドサウンドが力強い事を実感させる。


(とりあえず、曲順抜きで思い出してみると・・・)

A Sight
Hesitate To See
Bakadana~
Wanderlust
Scene Of A Girl
Oyster
So Long
World wide Waddle
I Dedicate D Chord

en
○○○○(わからなかった・・・)
Mur Mur


それにしても、
どうしても触れずにいられないのが
マサルさんの世界のような「ウフフフフ」というマッタリ感が漂う、
ギター娘2人のMCw

相変わらずというかいつもにも増していたような。。。
それもtoddlew。
今日はメンズもMC参加w

次はいつ聴けるのかな?




*****************

さてさて、
実はこの日は合計4組による対バンライブだったんですが、

全てヨシっ!!!!

個人的には"マゴ"の「発表会」にハマりましたw
あの時間、みんな首が傾いてましたねw

「??????」

大好きですね。
さすが関西系!?


あとちょっと、手元に名前がわかるものがないのですが、
他の2組。近いうちにCD買いますってか、
3組目のバンドはCDR買い損ねこねてしまった。。。
このバンド、これから注目。(って名前覚えなさいww)
[PR]
by nishi9ra | 2005-10-31 23:53 | ライブに行ってきました | Comments(4)
Doves @SHIBUYA-AX
アンコールが続く中、頭の中は
"There Goes The Fear"でいっぱいの人は
自分の他にどれだけいただろう。

再び現れた「4人」はこれまでと同じポジションではなく、
これまでこのライブでヴォーカルをとっていた、
ジミの位置に同じくドラムのアンディが入った。

そして
"M62 Song"が始まった。
そうか、これはアンディの担当する曲だったんだ。
実に"The Last Broadcast"の中でも異彩を放つ曲。
ヴィンセント・ギャロの"バッファロー'66"に流れてきそうな曲。
AXにチラホラと手拍子が起こるけどすぐ消えてしまう。
ごめんね、この曲には手拍子はつけたくないんだ。
ただ、耳を傾けたいから。
そんな、空間を呼ぶ美しい曲。


そして、そのままジミがドラムに座った。
間違いないよ。この先は
"Here It Comes"しかないだろう。
これぞDoves。
メンバー3人は単なる「器用」というのではない。
ドラムもヴォーカルも出来る「だけ」ではなく、
そこからまた違う「音」を生み出すのだから。

アンコール3曲目が
"Some Cities"
ここで最初のパートに戻る。
熊を連想させる、ジミの容姿。その歌声も野太いけど
独特の柔らかさがある。


そしてついに最後の時がやってきた。
ある楽器がステージに一つ追加された。
そう、最後はやはりこの曲しかなかったんだ。

"There Goes The Fear"

最高の盛り上がりを見せる会場に美しいギターの旋律と
ジミの声が響き渡る。
2002年かぁ、初めて聴いたのは。
いくら年を重ねても味わいのある曲がここにある。
そして曲の、このライブの最後を飾ったセッション。
サンバのリズムを彷彿させるこの最高のセッションで
ライブは終わった。



Dovesは面白いバンドだ。
まぎれもなく、ロックだ。
一方でその音の広がりはとても奇麗でもある。
オープニングの"Snowden"の神秘的なイントロ。
続くドラムのビート。
いつのまにか曲調が変わってしまう事すらある。
直線で向かってくるようだけど
その先端はあらゆる方向へ広がっていくかのようだ。

今日は結局、フロア後方の高くなっている場所で
じっくりと音に向かい合えたよ。
確かに前の盛り上がりを見ていると、前も捨てがたいねw
けど、後ろには後ろの面白さがある。

あぁ、次Dovesのライブを聴くには
一体どれだけ待つ事になるのかな。
家路に着いた今、今日の喜びの影にそんな想いが過ってしまう。

そう、これは素晴らしいライブだった。


(やったと思う曲は・・・・)

Snowden
Sky Starts Falling
Pounding
Black And White Town
Caught By The River
Sea Song
One Of These Days
Almost Forget Myself
Valley
Rise
Last Broadcast
The Cedar Room


en
M62 Song
Here It Comes
Some Cities
There Goes The Fear
[PR]
by nishi9ra | 2005-10-30 23:07 | ライブに行ってきました | Comments(0)
前か後ろか、それが問題だ。
もう、大変っ!!
今日はちょっと大変でしたよ。。。

車の当て逃げを見ちゃってねぇ。
思わず追っかけてしまったw
まぁ、そのハナシは何処かで。。(ワザとらしいw)


さぁ、明日はDovesですよ!!
って、良かった。。。。
チケットが見つからないと思ったら
e+の封筒に入れっぱなしだった。。。ふひぃ〜
いつもなら財布に入れておくのに。
無くしたかと思ったよ。。

はい、整理番号は85番です。
ここでまた、問題が。
前で聴こうか、後ろで聴こうか。
場所はSHIBUYA-AX。
最近どうも後ろで聴く事を覚えてしまったようでw

Dovesのライブは前回のクワトロで
「あれ、みんなこんなに騒ぐの?」ってくらい盛り上がった記憶が。
特に、"Pounding"、"Catch The Sun"、"There Goes The Fear"
はみんな跳ねてましたねw
新作の"Some Cities"でいうなら、
これでしょう!!

c0027400_0505043.jpg



"Black And White Town"


この曲、大好きなんですよ!!\(^O^)/
初めて聴いた瞬間から。
だからこの曲もCDRを作るときに選択する確率が高いですね。
あぁ!!聴きたい!!
ひょっとして、オープニングナンバーかな!?
楽しみだぁ。

イントロのドラムを聴いた瞬間には
頭が真っ白になってしまいそうだよw
このPVも好きでしてね。

c0027400_2328066.jpg
もう、この世界観っていうんでしょうか、
"TRAINSPOTTING"が
すぐ頭に浮かんできましたね。

c0027400_2327233.jpg

これ、バルサのジャージだねw
この兄ちゃんもイッちゃってますw
(コワっ。。。)



c0027400_23304663.jpg子供版"TRAINSPOTTING"みたいな。
目がねぇ、、、
どの子もヤバい。。
余りにも空虚な退廃的な絵が
描かれている、このPV。


うんうん。
それでは、最後に明日はコレが聴きたいぞ、という
極めて個人的なリクエストを。

"Here It Comes"
(この曲だとジミがドラムを、そしてコーラスをやるんだったっけ。)

"M62 Song"
(前回はライブで聴けなかった曲。これも好き)

あとは
"Walk In Fire"
"Snowden"
"Sea Song"
"Last Broadcast"
"Satellites"
"N.Y."
"Words"
"Rise"
"Hit The Ground Running"
"Sky Starts Falling"
"Almost Forget Myself"
とか、とか。

もちろん、最初に上に挙げた4曲は外せないなぁ。

早く明日にならないかな?
[PR]
by nishi9ra | 2005-10-29 23:49 | 音楽バンザイ | Comments(2)
Laughter In The Rain?


ハズレちゃった。。(>_<。。。

COUNT DOWN JAPAN '05~'06


まぁ、しょうがないかな。
休めるという確証がなかったし。
んでもって、どうせ行くなら、
その日の開場から終演まで聴きたかったんですよん。

もちろん、そりゃぁ行きたいですけどね。
買うチャンスはいくらでもあったんだから。
こればっかりは自分のせいです。

と、思ってたら
2通のメールマガジンが届いてまして。

・ Polaris OFFICIAL WEB SITE MAIL NEWS

・ rose records



まずは、Polaris

"Familysong"  Presents

カゾク カイギ
Family Meeting2005〜納会ナイトat UNIT〜

12月29日 代官山UNIT 

出演: Polaris
ゲスト:キセル/mi-gu/宮田まこと(solo unit)


行くしかないw

詳しくはPolarisオフィシャルサイトにてどうぞ。



さぁ、元気が出てきたところでw

次は、rose records。
曽我部さんのメルマガです。

ライブ版のCDの詳細が発表になりました。
タイトルは「LIVE」
全10曲。
う〜ん、楽しみ!!
これまた気になる方は曽我部恵一オフィシャルサイトを要チェックw


さぁ、すっかり元気になったところで

今日のiPodランダムオンエアーを紹介しましょう。(久々w)



"Fillip"   Muse

"便箋歌"   クラムボン

"Not Coming Home"   Maroon 5

"現状 II"   曽我部恵一

"Temptation"   Moby

"Blind Situation"   Shea Seger

"Freedom"   TWIGY

"Love Me Tomorrow"   Chicago

"季節の窓で"   森山直太朗

"手をつなごう"   山崎まさよし

"For You"   Coldplay

"Song Of Long Ago"   Carole King

"A Question Mark"   Elliott Smith

"It's A Short Life"   土岐麻子

"Thinking On The Mind"   Little Barrie

"Star Guitar"   The Chemical Brothers


それにしても
曽我部さん、またまたライブスケジュールが更新されてる・・・
って、もちろん増えてるワケで (◎_◎;)


なんと、今気がついたら、
今回で298回目の更新。
300回目は。。。。

おぉ〜、その日はDOVESのライブではないですか。
[PR]
by nishi9ra | 2005-10-28 22:27 | iPodバンザイ | Comments(0)
音の手紙
今日は、三軒茶屋に行く予定だったのに。。。

溜まった仕事の処理に追われて休日出勤。
夕方前にはさすがに上がったけど。
それから行く気力はもう無かったなぁ。
ダメだね、まだまだ、だ。

もっとも、給料をもらっているからCDを買いまくったり、
ライブ会場に足を運べるんだから。
やることはやらないと。


さてさて、そんなハナシはさておき。
行く予定だった、三軒茶屋のナイスなライブバー、
GRAPEFRUIT MOON、
そのライブ生中継をネットで聴いています。

しつこいぐらい紹介しますけど、

LIVE Cheers
ここでは全国数カ所のライブハウスでの
ライブをネットで無料配信してるんです。生中継。

まさか、今日のグレープフルーツムーンも配信してるとは。


残念ながら、今日楽しみにしていた、
宮田まことさんのライブは聴き逃したけど、
やっぱり、いいねぇ。



昨日、多田さんから編集CDRが届きました。
しかも5枚w

さっそくコンポに入れて聴いているのです。
この前、その5枚のプレイリストが紹介されていたのですが
ひょっとしてコレを送ってくれるのでは?と思い、
リストはチラッとしか見てません。

今日、会社に行く途中の車の中で聴いていたら、
聴こえてきたのは、ジュリーこと沢田研二の声。
何ともいえないイントロからの演歌のような展開にも驚いたけど
ジュリーの歌声に聴き惚れた。
色っぽい。しかも嫌みがない。
思わずカーステのボリュームをあげてしまった。



編集CDRプレイリスト

『Fine Line』

1. "The Smile I Love"
        / 高柳昌行

2. "Fine Line"
      / Paul McCartney

3. "Willie Nelson - (previously unreleased, insert 2)
      / Miles Davis
     from 『Complete Jack Johnson Sessions』

4. やさしさとして思い出として
     / ふきのとう 

5. Tanguedia III
     / Astor piazzolla from『Tango : Zero Hour』

6. Go Your Own Way
     / Fleetwood Mac from『Rumours』

7. 時の過ぎゆくままに
      / 沢田研二

8. New Old Age
     / John Taylor, Steve Swallow,
Gabriele Mirabassi

9. Police People

10. All Of Us

11. The Good Life

12. Word From Bird
      / Pat Metheny, Ornette Coleman,
       Charlie Haden,Jack Dejohnette,
       Denard Coleman
from 『SONG X : TWNTIES ANNIVERSARY』

13. 1382 Wyclif Gen. ii. 7
      / Akira Rabelais
    from 『Spellewauerynsherde』

14. Only You
      / 内田有紀

15. Promise
       / Candy


最後の"Candy"って誰だろう。
この曲のリズムは面白いなぁ。
[PR]
by nishi9ra | 2005-10-27 22:50 | 音楽バンザイ | Comments(6)
選曲CDRプレイリスト "Here Comes The Sun"
c0027400_21464937.jpg


       ~ Here comes the sun,

        here comes the sun
 
        And I say it's alright ~



      ~ The Beatles
                 "Here Comes The Sun"



c0027400_22132461.jpg
"初花凛々"

    Singer Songer



from"初花凛々"(2005)






c0027400_22155376.jpg

"Dancing In The Moonlight"


    Toploader



from"Onka's Big Moka"(2000)





c0027400_22201764.jpg

Here Comes The Sun


    The Beatles



from"Abbey Road"(1969)





c0027400_22214157.jpg

"Sonnet"


    The Verve



from"Urban Hymns"(1997)






c0027400_22241996.jpg

"Marching Bands
      of Manhattan"


    Death Cab for Cutie



from"Plans"(2005)





c0027400_22262576.jpg

"Once Around The Block"


    Badly Drawn Boy



from
"The Hour Of The Bewilderbeast"





c0027400_2231104.jpg

"In the morning"


    
The Coral"


from"In The Morning"(2005)





c0027400_2401487.jpg

"サニーデイ"


    櫛引彩香



from"サニーデイ"





c0027400_242364.jpg

"LITTLE BEAT RIFLE"


    鬼束ちひろ



from"infection"(2001)





c0027400_2423244.jpg

"ウグイス"


    スネオヘアー



from"ウグイス"(2003)





c0027400_2452714.jpg

"トーキョー・ストーリー"


    曽我部恵一



from"Strawberry"(2004)





c0027400_2474488.jpg

"Falling For You"


    Longview



from"Mercury"(2003)





c0027400_2485412.jpg

"Say Something"


    Haven



from"Between The Senses"(2002)





c0027400_250628.jpg

"Sing"


    Travis



from"Invisible Band"(2001)





c0027400_2495732.jpg

"By Your Side"


    Sade



from"Lovers Rock"(2000)





c0027400_251239.jpg

"Miss Misery"


    Elliott Smith



from"Xo (Japanese Edition)"(1998)






*******************

このプレイリストが入ったCDRは
ちょっと前に出逢った人に。

"音楽を聴かなくなった"という君に送った、ちょっとした音の手紙。

最後に買ったのが
"ガンズ・アンド・ローゼズのCD"って、いつからなのやらw?
って、ガンズを聴いてたようには、とても見えないから面白いしw

今回のプレイリストで2枚目になるんだけど、
このプレイリストに限らず、
選曲する時は自分の好きな曲の中で
「この人に聴いてもらいたい」というイメージで選曲してます。


①"初花凛々"

この曲と3曲目の"Here Comes The Sun"は
今回必ず入れようと思っていた曲。
詩の"Hello~" は自分からの言葉でもあるから。
イメージかな、このCDRを渡した人の。
なんかこの曲がすぐ浮かんできたから。


②"Dancing In The Moonlight"

この曲はToploaderのオリジナルではないのですが、
これぞ、Toploaderという自分色が溢れる名カバー。
"初花凛々"からの流れとしても。


⑤"Marching Bands of Manhattan"

この音は瞬間を奪う音。
初めて耳に飛び込んでくる歌声に。
ここにも「静かなるロック」が存在していたとは。
楽器の種類ではなく、鳴る音として繊細。
繊細の中にある広がり。
最後の突然の終止符を打ったような単音に。


⑥"Once Around The Block"

この曲も、5年も経った今も愛する音。
酔いどれデーモンの音もやはり色彩のある音。
この曲のバックトラックに潜む音色。
ちょっと物悲しい、センチなメロディーの良さはもちろんだけど、
アレンジの良さは彼の魅力。


⑧"サニーデイ"

彼女の歌声とPOPなメロディー。
櫛引彩香というアーティストの魅力が約5分という短い時間ながら
詰め込まれた作品。
自分の中では空をイメージする作品。
青空であったり、夕暮れだったり。


⑨"LITTLE BEAT RIFLE"

鬼束ちひろの作品では一番好きな曲。
四角くて重い作品が多い印象があるけど、
この曲に感じる暖かさも彼女。

Because
God is watching you
God is holding your grief
God is watching all shadow


だから、待っているから。
鬼束ちひろにも音楽が必要だ、これからもずっと。


(2005.10作成)



いまを生きているから
きっと何処かで音を耳にしているんだ。

実際にその場で鳴っていなくても
聴こえる音だってある。
音を出して聴けない時だって
頭のなかで好きな音がなっているんだ。

音が音楽になるとき、
そこからまた始めればいいよね。

なんか
とっても危なっかしくて、
だけどそれでもマイペースな君にw
[PR]
by nishi9ra | 2005-10-26 21:27 | 選曲CDRプレイリスト | Comments(2)
「着うた」とか「着うたフル」とか
ケータイの着うたかぁ。

へたれさんのケータイ同様に

こちらもいっぱいダウンロードしたのです。

我がケータイ、
auの"PENCK"というのを使っているのですけど
c0027400_061678.jpg

(ちなみに色はシルバー)

そのダウンロードリストなんてのを紹介しちゃいましょう。

まず、着うたフルから。


"ワンダーフォーゲル"  くるり

"I Dedicate D Chord"  toddle

"Speed Of Sound"   Coldplay

"Lyla"  OASIS

"銀河"  フジファブリック

"Honeycom.ware"  100s



う〜ん、どの曲もCD持ってるんだよなぁ(苦笑)




続いて、ちょっと短い"着うた"はというと

"東京"  くるり
"テレフォン・ラブ"  曽我部恵一
"Missing”  ELLEGARDEN
"Marry Me"  ELLEGARDEN
"Red Hot"  ELLEGARDEN

"It's All Right !"   Polaris
"月の恋人"  Polaris

"透明少女"  Number Girl
"Hentai Terminated"  ZAZEN BOYS
"Brain Constructuin"  ZAZEN BOYS
"Himitsu Girl's Top Secret"  ZAZEN BOYS

"虹"  フジファブリック
"ダンス2000"  フジファブリック
"Thank You For The Music"  bonobos

"炉"  クラムボン
"A Whiter Shade Of Pale"  Procol Harum
"There Goes The Fear"  Doves
"The Dark Of The Matinée"  Franz Ferdinand

"ゲルニカ"  中村一義
"ハレルヤ"  中村一義

"A Design For Life"  Manic Street Preachers
"Faster"  Manic Street Preachers
"Re-Offender"  Travis

"Daydream Believer"  The Monkees
"Last Train To The Clarksville"  The Monkees
"In My Place"  Coldplay
"I Need To Be In Love"  Carpenters


って、ちょっとちょっと
多すぎるなぁ、、、、
いつの間にかこんなに。
容量をかなり使ってるような。

実際に使ってない曲、かなりあるような(笑)


しかも
ほぼ、みんなCDを持ってるってのは、いかがなものかと。。。。
モンキーズくらいかな。

最近、着うたを自分で編集というか、
好きな曲、音源をケイタイに入れることが出来る、
PCソフトが売ってるんですよね。
それ買えば、ダウンロードする必要も無いから欲しいのだけど、
みんなWINDOWS対応なんだよん(涙)
Mac対応版はないのかしらん。


****************

c0027400_2063862.jpg

ちなみに
待ち受け画面は同じく、
このOASIS。

頂き物ですw

シブいっスね!!、ホント。
またこの詩は、"Acquiesce"だし。
いいもの頂いちゃいました!!
[PR]
by nishi9ra | 2005-10-25 23:00 | 音楽バンザイ | Comments(0)
NICO Touches the Walls @渋谷CHELSEA HOTEL

c0027400_22562971.jpg


NICO Touches the Wallsと
自分を結ぶのはこの"LIVE DVD"とライブだけ。
つまりNICOの音に触れるのはライブ会場のみ。
いいよなぁ。

もしNICOの音源を持っているなら間違いなく
自分で作ってるプレイリストに入れるだろうな。

でもでも、
ライブに行かなきゃ聴けないのだw
なんだろう、なんか嬉しいぞ。

ずばり、
自分が知っている曲名は2曲だけ。
"行方"
"そのTAXI,160km/h"
どちらも"LIVE DVD"に収録されているから。

けど、もちろん他の曲も聴いた事がある。
ただ、タイトルがわからないだけ。

今日の1曲目。
前回の下北沢251でも聴いた曲。
自分にとってこの曲のイントロは意外な展開。
だけどその後に続くのは、NICOのメロディー。
その2つの混在がまた面白い。

"手拍子をお願いします"と今日も始まった曲。
この曲、好きなんだよなぁ。
NICOの魅力が何かと考えてみても
自分にとって彼らの曲の魅力はやはりメロディーと歌。

好きな曲は数えきらないほどあるんだけど、
その中で、"初めて聞いた瞬間から好きになる曲"ということになると
かなり限られた、というか特別な曲になる。
NICOの曲、"行方"はまさにそれ。
今日もまたいい歌声だったよ。

今日は渋谷ということもあってか、いっぱい入っていたなぁ。
100人まではいかないかもしれないけど。
それでも、前回の下北よりは多かった。
あの場にいたみんながNICOが目当てだとは思わないけど、
かつての自分がそうだったように、
この出逢いが、始まりになった人がいると思うと嬉しくなるよ。

あと、面白いといえば、
盤の音源を知らないので、これが盤になるとどうなるの?
っていう興味があります。

普通、全く逆なんですよね。
CDを聴いて、ライブへ。
『ここが盤と違う』とか『ライブのアレンジの方がいい』とか
いろいろ比べてしまうものです。
その場合、盤の音がベースになってるワケですけど、
ライブを先に聴いているので
今後、CDとなってリリースされると、どうなるんだろう?
たのしいなぁ。

Polarisもね、ライブの音がたまらなく好き。
CDの音よりより躍動感があったり、
CDの音が『まとまり過ぎ』て聴こえてしまうような気もする。
NICOはどっちだろう。
楽しみだなぁ。

次は千葉県は柏ZAXでの対バン。
11月6日かぁ、残念。これはさすがに行けないよ。。。
その次の9日はAIRだしね。
あとは11月10日のHEAVEN'S ROCK さいたま新都心、か。
これが一番行ける可能性があるかな。
とはいえ、仕事があるしね。
う〜ん、また聴きたい。
来年1月8日には初のワンマン。
1月8日かぁ。。。。。。
鹿野さんのイベント行くつもりなんだよね。
うむぅ。。。。。

いやぁ、もし行けるチャンスがあるなら、聴いてみてくださいな。
そのチケット料金が『安っ!!』って言いたくなるような、
いいバンド、いいライブですから。

また、聴きたいよ。



*********************

話は変わって、
今日はライブ以外は散々な日(>_<。。。
休みが潰れちゃって18時30分の開演に間に合わず。。。
電車は途中で止まるし(゜дÅ)ホロリ

渋谷で道に迷うしw
調べておいたんだけどなぁ。。。
アップルストアーの近くかと思ったらハンズの近くだった。。。

最近、よく道に迷うんですよw
このまえ下北行った時は、
何故か電車が下北で止まらなかったり(笑)
まぁ、そんなトホホ話はまたいつか。。。。
[PR]
by nishi9ra | 2005-10-24 23:59 | ライブに行ってきました | Comments(4)
MY "Happy Birthday, John"
実は、
先日からずっと考えてるんですよ。

MY "Happy Birthday, John"

つまり、
「自分だったら、このアーティストにこの曲をプレイしてもらいたい」
そうゆうことなのです。

c0027400_22363246.jpg


このCDの収録アーティストを
おさらいしてみましょう。

① "Oh My Love"  100s
② "Yer Blues"  椎名林檎
③ "Beautiful Boy(Daring Boy)"  DREAMS COME TRUE
④ "Happy Xmas(War Is Over)" 槇原敬之
⑤ "Hey Bulldog"  奥田民生
⑥ "God"  宮沢和史
⑦ "Lucy In The Sky With Diamonds"  PUFFY
⑧ "Tomrrow Never Knows"  ナカコウ
⑨ "Love"  フジファブリック
⑩ "Revolution"  Bonnie Pink
⑪ "Woman"  SAKURA
⑫ "Don't Let Me Down"  忌野清志郎 & 仲井戸麗市
⑬ "Mother"  Acid Test
⑭ "In My Life"  高野寛

うんうん。
Acid Testっていうのは
ミスチルの桜井さん、田原さんと小林武史さんのバンドですね。
まぁ、それは置いといて。

まず、
1曲目の"Oh My Love"100sです。
名義こそ中村一義でしたが、100sとして
スピッツのトリビュートアルバム"一期一会"で
"冷たい頬"の名カバーがあります。

今回も、『さすが!!』。
この人たちは前回同様、「自分たちの世界の音」として
見事に表現している。
この音作りは"OZ"の「別冊」のような音。
あの名作から生まれでた音。
今度は静かにキラキラと輝く。

そして
9曲目の"LOVE"フジファブリック
オリジナルのピアノの繊細な旋律に対して
彼らの選んだ音は、うねりのある、ギターグルーヴ。
そのリズムにあう、歌声。
中盤からはエフェクトで視界がボヤけてしまうかのような
幻想的ではない、むしろ混沌的な音の世界。
これは面白い。
そして素晴らしい。

12曲目の清志郎さんも自分の世界に、この曲を連れて行ってます。
"Don't Let Me Down"という最初のフレーズで決まり。



さてさて、
ではでは
それならアナタはどうするの、ということで
まず、選曲から始めさせていただきますよ。
上の曲目をみて、あの曲が無いのかと思いましたので。

ということで
この曲を入れましょう。

"Instant Karma!"
"#9 Dream"
"Mind Games"
"Watching The Wheels"
"Cold Turkey"
"Give Peace A Chance"
"Whatever Gets You Thru The Night"


"Mind Games"をフジファブリックでも面白なぁ。

"Cold Turkey" を曽我部恵一バンドってのもいいかな。

"Beautiful Boy(Daring Boy)"は土岐麻子。

"#9 Dream"は小沢健二。これは"Eclectic"のイメージで。

"Lucy In The Sky With Diamonds"ねぇ。。。HALCALI。
もしくは可能なら、はっぴいえんど。



まだまだ、考えがまとまっていないんですけど
こんな感じでいろいろ考えてます。
[PR]
by nishi9ra | 2005-10-23 22:26 | この作品、レビュー | Comments(0)
世界のニュース、自分のニュース
やった!!(*^_^*)

11月23日のライブのチケットが穫れました。

"King Low Songs" @横浜BLITZ

出演:
無戒秀徳アコースティック&エレクトリック
小谷美紗子

and more・・・

横浜。。。
遠いけど、行くぞ!!

今年の4月13日、
曽我部恵一&無戒秀徳のライブ最高でした。
なんとこの時点では、2人とも初めて聴きに行くライブでした。
この後、何度も足を運んだ原点がココにあるようでw
今年、一番聴きに行ってるのが
曽我部さんであり、ZAZEN BOYSなのですから。

さてさて、
今日は給料日前だって言うのに
性懲りもなく買っているCDとかのハナシ。


c0027400_23354149.jpg
"We can sing a song"

    AIR



"Tell Me More"と
兄弟のようなメロディー。
やっぱりいいですね、
こうゆうAIRも



c0027400_23395839.jpg
"Takk..."

    Sigur Rós


圧巻。
圧倒する音というのは
音量だけではなく、
旋律でもあるという事実。
その一例がここにある。



c0027400_23475850.jpg
"記録映像"

OMOIDE IN MY HEAD 3


NUMBER GIRL



買ってしまった。
というか、
買うしかないよねw

そして
第4弾発売告知
〜レア音源集〜
買うしかないでしょw


c0027400_23534039.jpg
"Shimokitazawa
       Concert"

曽我部恵一



"パパは〜?"
"もう、うたっちゃった"
可愛い声が聞こえて。。。



c0027400_23591054.jpg
"世界のニュース
Light Of The World!!"

曽我部恵一



好きだなぁ、この曲。
ライブだと、これがまたw



そうそう、
沖縄を満喫されている、miezoさん。
"チーム・マイナス6% オーガスタキャンプスペシャルイン沖縄"
このライブに行かれているのですねw

いいなぁw
宜野湾市海浜公園屋外劇場という場所は、
日比谷野音みたいに見やすいところだそうです。
出演者を教えて頂いたんですが
おぉ〜これは"福耳"ですねw

いいなぁw
わたしゃ、京都より西へは行った事がないのです(涙)
しかも高校の修学旅行σ(^◇^;)
来年こそ大阪の地を踏みたいなぁ。
[PR]
by nishi9ra | 2005-10-22 22:36 | CDを買いまくり | Comments(6)



音楽バンザイな日々
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧