<   2006年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧
ZAZEN BOYS @SHIBUYA-AX 2006.11.29

半透明 ×2



この先、どこへ行くんだろう。
2006年を締める、Tour Matsuri Sessionは
不思議な余韻を残している。

私の中では"ZAZEN BOYS 3"は
通過点ではなく頂点のような作品。
ここまで来たか、そう感じる作品だった。

だからこそ、「次」が
バンドは続いていくだけにその先が知りたい。


2006.11.29
Tour Matsuri Session @SHIBUYA-AX

(順番はw)

Whisky & Unubore
Himitsu Girl's Top Secret
Si・Ge・Ki
Usodarake
安眠棒
Sekarasika
Crazy Days Crazy Feeling
Sugar Man
1989
イレイザーヘッド
Maboroshi In My Blood
Ikasama Love
Friday Night
COLD BEAT
黒い下着
DAIGAKUSEI
半透明少女関係
Riff Man

en
半透明少女関係
Water Front



***************


新曲の2曲は「3」とは全く異なるというか、
ZAZENの曲というより、ナンバガに近い。
ただし、これが次の方向性かと言われると「?」。
そして、かなり形を変えていくのだろう。
それだけの「隙間」がある。

この日はリストから外れた、「Metal Fiction」だとか、
逆にセットにあった、「Sugar Man」
ライブで、ライブをこなすことで
変形を重ね、型を成す。
今のZAZENの魅力はなんと言ってもライブ。
スタジオセッションもそうであるように。

CDといった形はその曲のもつ、
ZAZENの表現力の断片でしかなく、
その完成はバンド自体が今も探しているのだと思う。

新曲はその意味で、まったくもって「隙間」だらけで、
むしろ、この曲が表現の世界でどんな進化をするのか。
新曲はロックだ。
それもかなりの初々しさを感じる、ロック。
それもQUEやSHELTERで流れそうな。


あらためて思うのは「3」は
かなりの完成度でCDという形に収まっている。
そもそも、セッションから生まれたような作品のような気もするし、
ならばまだまだ、変わる余地もあるとはおもうけど、
CDに閉じ込めた時点でかなりの変化のあとだったのかな。

つまり、"RIFF MAN"は
ライブでもっと良くなるかと思っていたけど
それほど驚いた変化はない。
それだけ、音源は突き詰めた後なのかもしれないから。

"CRAZY DAYS CRAZY FEELING"

もはやCDの音源の面影は全くないのだけど、
この日もさらに変化を見せた。
前回、聴いた時は
CD音源にかなり近づいた、元に戻ったものだったけど、
この日、再び表現の可能性を求めたのだろうか?



どちらかというと出し惜しむこともあった、
半透明が2回聴けたのは嬉しいやら、なんか微妙な気持ち。
開戦前夜・KIMOCHIがセットから抜けて、
そのあとを引き継ぐのは、


"Water Front"


この音を盤に残しても、この雰囲気は残せない。
[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-29 14:58 | ライブに行ってきました | Comments(0)
サヨナラ オハヨウ
最近、実家に帰ってませんね。

確か、今年の夏に
正確にはSUMMER SONICの時に立ち寄った程度です。

その前はというと。。。
去年のCOUNT DOWN JAPANの2日目に
これまた立ち寄った程度。

ええ、、、親不孝ものめっ!!




来月には一度は帰るつもりなんです。
自分がこの歳になって、
やっとわかることってのもあります。
感謝するってこと。
なかなか、直接は言えないけども


そんな実家から
段ボール1個に、
なにやらいっぱいの差し入れが送られてきました。
お米や私の好きなカレーやw
そして梅干しw

私は大の梅干し好きですのでっ!!
でもでも、我が家で漬けた赤いヤツはですね。。。
通常の3倍は美味いんですよ。


ふと、今。。。。
さっき届いた贈り物を見ながら
久々に帰ろうかなと。

今の実家のある場所は、
私が高校に入学した年に移った場所で、
それほどなじみというか、
思い出が薄いけど


昔から結構涙もろい、私は
一人暮らしを始めたあの日、
家を出るとき、
年甲斐もなく車の中で泣いてました。

気付かれないように。


あれから7年が経って、
私もすっかりオッサンになり、
親も今では毎日、家でヒマを持て余しているようでw
昔から、無駄遣いをしない人たちで
その反動が子供に移ったのかと思ったりw


いつか、我が家に帰った時、
母親に1枚のプレイリストをあげたことがありました。

今度、帰った時に
また何か届けようかな。




選曲プレイリスト "Tears Are In Your Eyes"

1
"Alone Again (Naturally)"
Gilbert O'Sullivan

2
"Superstar"
The Carpenters

3
"Bright Eyes"
Art Garfunkel

4
"Roots (The Fruit Of Many)"
LSK

5
"Brighter Than Sunshine"
Aqualung

6
"Once Around The Block"
Badly Drawn Boy

7
"Sing"
Travis

8
"Melody Fair"
Bee Gees

9
"You've Got A Friend"
Carole King

10
"Laughter In The Rain"
Neil Sedaka

11
"Jesusland"
Ben Folds

12
"In the morning"
The Coral

13
"Heart Of Gold"
Neil Young

14
"Miss Misery"
Elliott Smith

15
"Sonnet"
The Verve

16
"Somewhere Only We Know"
Keane

17
"Yellow"
Coldplay

18
"Yesterday Once More"
The Carpenters

19
"Tears Are In Your Eyes"
Yo La Tengo





c0027400_18483496.jpg




「かつての」私の部屋

すっかり親の物置兼屋内緑化されてますけど。




キッチンには
ハイライトもウイスキーグラスもないけども。。。


ホントはちょっと立ち寄るのも苦手だけど
ここも私の帰る家なんだと







2006.11.28 tue. 19:15

音楽が流れる、私の部屋で
[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-28 19:11 | 音楽バンザイ | Comments(0)
D'You Know What I Mean?



おとといの私

BAGSY @渋谷CHELSEA HOTEL




BAGSYに行くのはこれが2回目だったりするのです。


好きな音楽をかけ、踊る。

こうゆうことです。
シンプルで好きですね。

あっという間に時間が
朝を迎えているっていう、
この感覚。

一番楽しいのは、
ほんと楽しそうに
踊っているみんなを見ている時なんですけどね。
まぁ、誰とはいいませんがw

なんか、こちらが嬉しくなるよo(*^▽^*)o~♪

来月、もう1回、2回?
どこかでおジャマしようかと。

何がかかるかってのはもちろん、
そのクラブイベントのスタンス、またはDJによって異なりますけど、
この前、私が一番嬉しかったのは
NUM-AMI-DABUTZが聞こえた時ですかね。


ちなみに、
こちらがBAGSYのHPです。

次回は12月23日(土)
23時30分〜翌5時までらしいですよ。



(晩飯のお礼に、コピペだけど宣伝しておきましょw)


☆☆☆Club BAGSY vol.47☆☆☆
2006/12/23(Sat)
OPEN&START 23:30〜all night
DJ's:影正 一貴 / ume-rock / ムラカミ ダイスケ
VJ : US3
Guest DJ :
小野 眞一(100s,tae,フィッシュバスケット)
保坂 壮彦(soultoday)
@渋谷 CHELSEA HOTEL (Tel)03-3770-1567
charge:\2000(w/1drink)


c0027400_18573145.jpg



** 予約はHPからして下さいな。

**********


そうですね、ちなみに
次回のゲストDJは小野 眞一さんですよ。
ええ、100sのあの方です〜

私はというと、、、
どうしましょ? 行くかどうか迷ってたりw






****************


今更なんですけど、
やっぱりですね。。。。。。。。

OASISのベストはいらないです。

昨日は渋谷のHMVやタワレコを見ていまして。
あれも、これもと欲しいなぁと思っていたわけですよ。

でも、買ったのは2枚だけです。


Q.さぁ、一体なんでしょう?


A.


c0027400_1972788.jpg

"Message Pie"

ANATAKIKOU



c0027400_1973866.jpg
"Apple of his eye 
りんごの子守唄(青盤)"

Various Artists






いやぁ、、、
どうして、
ビートルズの「新作」は試聴する気にならないのかねw

頑固だねぇ・・・w

頑固ですもんw
[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-27 19:12 | 音楽バンザイ | Comments(0)
ここで逢いましょう


晴れていました



そんな晴れの太陽の下



私たちは、あの時のように待ち合わせて
車の中で音楽を聴きながら
向かったのです



あの8月の空にあった光は、
今日もこの場を照らして、

暑さばかりを感じたその空気は、
温かさに変わってました。

それは今、
この時期の季節が、
秋を越え、
次の季節を迎えつつあることを実感させるのです。



c0027400_3492452.jpg




あの時の緑は

また、来年

ここで逢いましょう

c0027400_18214523.jpg

[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-22 23:01 | そこへゆけ | Comments(0)
選曲プレイリスト"天気図"


c0027400_2030587.jpg



ようこそ、
こんにちは


お待ちしておりました



この音と空のもとで。。。。







選曲プレイリスト"天気図"
For sumire01 "KI・MO・CHI"






c0027400_20381942.jpg


"天気図"

Polaris


from "Home"



空の色が蒼いとするならば
その蒼さにすこしでも近づきたいな

始まりの音は
軽やかに動き出して
感じる空の色、温かさ
Polarisの青






c0027400_20474590.jpg


"BABY BLUE"

FISHMANS


from "空中キャンプ"




同じ空を見ていたのは、
君も同じ
その色は?
同じこころで、同じ気持ちで
流れる、空の色。

Polarisよりも、ちょっと前に
同じ空を歩いていたんだ。。。





c0027400_21574049.jpg
3

"Haiti"

The Arcade Fire


from"Funeral"



聞こえる音は
流れる音

流れるものは
水ですか?
それとも
空に漂う空気?

きっとこの空も蒼かったんだろうなぁ。
そして日は落ちていく。





c0027400_2264299.jpg


"つぎの夜へ"

ゆらゆら帝国


~from "つぎの夜へ"




日は落ちて
ちょっと冷たさを感じる、この感覚。
忍び寄るような歌声に
妖しさを数える

そして、、、次の夜へ






c0027400_7324993.jpg


"リリー"

ANATAKIKOU


from"Gradation '12"








c0027400_733514.jpg


"キャラメル包みの恋は竜巻トランポリン"

水玉さがし


~from "地団駄のリズム"









c0027400_73525100.jpg


"hanson"

control freak!!


~from "Sunset Strip"(2006)









c0027400_7361024.jpg


"ドライブ"

岩崎 愛


~from "雨があがったら"








c0027400_7383560.jpg


"眩暈"

鬼束ちひろ


~from "インソムニア"








c0027400_7405991.jpg
10

"あじさい"

サニーデイ・サービス


~from "東京"








c0027400_744695.jpg
11

"サニーデイ"


    櫛引彩香


from"サニーデイ"








c0027400_7451568.jpg
12

"グッド・バイ"

Apogee


~from "グッド・バイ"








c0027400_7501368.jpg
13

"Emergency Solar Still"

Poly Abc


from"Imprint ****"








c0027400_7515273.jpg
14

"奇跡"

小谷美紗子


from "Catch"








c0027400_7524755.jpg
15

"12月の晴れの日"


ベベチオ


from"ひとつやふたつ"








c0027400_7535734.jpg
16

"いつも二人で"

中村一義


from"太陽"(1998)









風の温度に
空の色に
感じる
季節の流れに

秋が過ぎ
冬がちょっと顔をのぞかせる

冷たい空は
ちょっと白みを増して


それでも
今日も空は青い

c0027400_7555023.jpg

[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-20 20:36 | 選曲CDRプレイリスト | Comments(0)
がーん・・・

やっちまったい・・・

今日は、
65DaysOfStaticのライブだったというのに。

今頃、目が覚めてしまったではないですか。。。。

もう、間に合わないよ。。。

寝よう。。。。
[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-20 18:32 | 音楽バンザイ | Comments(0)
最近ったら

えっと、今日はですね、

すっかり忘れていたことがありまして。。。

それに気がついたのは
時計が1日の半分をとうに過ぎた、
午後2時ごろ。


自然と口から出る、

「あぁ〜っ!! ガ━━(゚Д゚;)━━ン!」



「あぁ、、、忘れてたぁ。。。」

「どうしよ、どうしよ。。。」

「10時ごろ、何やってたんだろ?」

「ドラえもんの菓子パン買ってる場合じゃなかった」などなど





後悔も走馬灯のように。。。。



とりあえず、見て見ようと
ケータイで調べてみたら。




あった!!


ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ





ということで、
GOING UNDER GROUND

@ZEPP TOKYOワンマンチケットが手に入りましたw



はぁ。。。
よかった。。。。。

ほんに、
嬉しい。。。




んなもんで、
家に帰る途中、TSUTAYAに行きまして、
返しそびれてた"ダビンチ・コード"のDVD
と"SAW"のDVDを返しましたとさ。


と同時に、
またレンタルしてきました。

どうも、最近レンタルしてるなぁ。
まぁ、いいんだ。


じつは。。。

まだ、買ってません。

OASISのベスト


これ、買わんでいいのかもしれない。

そんな気がする。
[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-18 22:50 | 音楽バンザイ | Comments(0)
うららかSun




こんなことをいうと

笑われてしまうかもしれないけど


いま

どうしても

行ってみたい場所があるんだ



あのとき

そこでは

そこには


人と音が溢れていて



c0027400_18384788.jpg







あれから

時間が経って

いろいろあったけど


今日も私は音楽を聴いているんだ




たったひとつ

変わったとするならば


それは


c0027400_18385740.jpg

[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-17 18:42 | そこへゆけ | Comments(0)
カウントダウンは・・・・


えぇっ~~



という、第1声でお届けいたします(涙)




私はワタシは、

カウントダウンは100s以外、
ありえんと思っていたんですけどねぇ。。


カウントダウンどころか、
うーん。。。。



そうなると、
SAKE ROCKしかないですねん。


今回、4日間参加しますんで


ついに、
ついに

スカパラがっ!!


これまで
何度もライブに行きたいと思っていたんですけど、
座席指定は嫌だったんで。

踊りましょう!!


それにしても、30日はやっぱりスゴイや。


ZAZEN BOYS

に始まり、


ELLEGAREDEN

で終わるとはっ!!



ちなみに。。。


4日間は所沢から車で行きます~
[PR]
by nishi9ra | 2006-11-16 23:50 | 音楽バンザイ | Comments(0)
ウーマンリブ先生 @池袋サンシャイン劇場 2006.11.15

劇場でびゅーです


c0027400_0264988.jpg



作・演出:

宮藤官九郎




出演:


松尾スズキ

池津祥子
伊勢志摩
宍戸美和公
猫背椿
皆川猿時
荒川良々

平岩紙
少路勇介
宮沢紗恵子

星野源

宮藤官九郎

古田新太




***********




おもしろいっ!!



いやぁ~
生まれて初めて、劇場で演劇を見ましたよ。
これまで観た演劇といえば。。。

ええ、学芸会程度ですってばw



松尾スズキさんて、すごいですね。
私の中では、オロチの飼い主w
という認識ですがなw

役者ってきっとこうゆう人たちのことなんだね。

とくに面白かったのは、台詞の「間」ですね。
相手の台詞に被せて次の台詞がテンポよく繋がるから、
話のリズムが良いし、笑いどころが途切れない。


いやぁ。。。
実に楽しいものを観てきましたよ。


宮藤官九郎さんって、かなり有名な方なのは存じていましたけど、
あのセリフ回しや、演出を担当されていたとなると、
これまでの作品にも、手を伸ばしたくなるのは、必然かなw


ストーリーはある小説作家(エロねw)のハナシ。
それを取り巻く登場人物たちとのドタバタなストーリー展開。

これといったメッセージとかではなく、
単に笑わせるw

事前に、「下ネタ満載」と聞いていましたので、
どんなものかなと、思ってましたけど、
あくまでもメインのハナシをさえぎるものではなく。

ストーリーの方もしっかりと締めていましたので、
展開に混乱することもなく安心して笑える作品でした。



いやぁ、、
松尾さんの演技ってすごいわ。。。。



ちなみに、開演時に流れたのは
エンケンさんの曲でした。
[PR]
by nishi9ra | 2006-11-16 00:46 | ライブに行ってきました | Comments(0)



音楽バンザイな日々
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧