<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
" 永遠なるもの " 中村 一義



金字塔

中村一義 / ユニバーサル ミュージック

スコア:






「中村一義」初期2枚の曲ほど、
CDで聴きたいと思う。


だから、
ライブで聴いて「CDの方がいいなぁ」と思ってしまうのは、
そもそもライブでやることが前提で作られていないからと、
後付ながらの私の思い込み。


とはいっても、
初めてライブで聴けたときは
それはそれはそれはそれは
嬉しかったけどね。





永遠なるもの






今年はこの曲でおしまい。




つづきはまた来年。
[PR]
by Nishi9ra | 2011-12-28 10:17 | 音楽バンザイ | Comments(0)
LITTLE CREATURES "MOSQUITO CURTAIN"




FUTURE SHOCKING PINK

little creatures / フェイスレコーズ

スコア:








そして、今


あの頃から20年は経ったのでしょうか。



積み重なり過ぎて行く時間と



今、彼らのいる場所は



あの18歳が描いていた世界の先にあったものなのかもしれないのです。
[PR]
by Nishi9ra | 2011-12-27 09:34 | 音楽バンザイ | Comments(0)
Little Creatures - My Life As a Dog






すっごい若いですね。
ただ、18歳に見えない気もするw

若いんだけど、鳴らしている音が若くない。
当時のイカ天では群を抜いていたんでしょう。

やりたいことがハッキリしている。
なにをやりたいか。
なにを表現したいか。

それを表現できる力がある、
彼らだけが出来る、という音の世界観がある。


だからこそ、今もなお
続けていけるんだと。





斎藤ノブさんのコメント、
今の栗原さんのプレイを観ればこの意味がよくわかります。



「ベース上手いね」と褒められた、
鈴木さんの嬉しそうな表情がとってもイイですね。




こうゆうバンドは稀なんだよね。
[PR]
by Nishi9ra | 2011-12-26 12:14 | 音楽バンザイ | Comments(0)
Coldplay - Speed Of Sound




X&Y

ColdplayEMI

スコア:







ロックとポップを分けたいならば、
その中間のような曲。


ま、音楽を「ジャンル」分けることは
結局のところ、
単なる自己満足でしかないのだろうけども。

分けてみたところで、
何もなかったのだから。



2005年ですか、この作品は。
前作がファーストをより、
頭ガッチガチの重たい作品だったものだから、
この彩色豊な先行シングルには本当に驚きました。


今のColdplayの流れの始まりの曲かも。
映像はとっても音に合っていて、
実にカラフル。

とはいえ、
底抜けに明るいってワケではないのが
いかにもこのバンドらしい。
テーマは哲学ちっくな。
[PR]
by Nishi9ra | 2011-12-07 13:27 | 音楽バンザイ | Comments(0)
Coldplay - Yellow





パラシューツ

コールドプレイ ベリーマン バックランド チャンピオン マーチン東芝EMI

スコア:







「ロックアート」という言葉に、
なるほど、と思った。

ウマイ言葉を見つけたね、と思うと同時に、
言葉自体の違和感というか。。。。


ロックがアートであってはいけないのではないんだけど、
頭ガチガチで難しく考えると
ロックってのは、いわゆる反骨的な言葉のイメージが強いワケで。

じゃあ、
ロックじゃないのかよ、
ってなると、ロックなのかな、って。


こうゆう言葉には意味が無い。


ロックアートってじゃあなんだよ、ってなっても
音楽自体がアートだろってなるんだろうし。
ロックがアートではいけないこともないんだな。


ミスチルがロックかどうかってのが、
このColdplayがロックがどうかっていう
無意味な境界線引きに似てる。


最近、「深海」をよう車の中で聴いていたのだけど、
これカッコエエと新たに再認識。

ロックだなと思うんだよね。
なんでだろ。

カッコエエは置いといて、
この1枚の作品に入っている曲と曲が
音と音で繋がり、この曲の次はこうこなきゃって感じで
次の音が始まる。

アルバムという1枚の作品を聴く醍醐味だと思う。


今ではすっかり新しい曲とか知らんのだけどね。。。



ん、別にミスチルのことが言いたいのではないのだ。



Coldplayに話を戻そ。


「アート」という部分はおそらく、
「X&Y」の頃からのデジタル色の強いサウンドからなのかな。

PVでのあの芸術家っぽい見せ方もそれを助長しているかもしれない。


とは言え、初期の彼らのイメージは
内省的な、静かに浸るような、それは深淵。

小難しいと言ってしまえばそれまでだけども、
今のようなちょっとオーバーなくらいなポップさとは
対極の音だった。



新作の「Mylo Xyloto」は
「Viva La Vida Or Death And All His Friends」の延長の作品で
相変わらず派手さ全開だ。

だけど、じゃぁPOPかよ?となると
そうとも言えないのは
私がPOPを馬鹿にしているからなのか、
はたまた。。。。

音は派手になれども、
曲全体としての雰囲気は
結局インテリなのかもしれん。


このYellowがやっぱり私のお気に入りなのだが、
今の作品はそれはそれでいいと思う。

もし、私がColdplayを聴かなくなるとしたら、
彼らの詩が
「好きだけども、気持ちが伝えられなくて、寂しくて、でも会いたい」みたいな、
歌だったら聴かなくなるな。うん。呪われそう。





つづく
[PR]
by Nishi9ra | 2011-12-06 10:40 | 音楽バンザイ | Comments(0)
Radiohead - The National Anthem (Glastonbury 2003)




KID A

レディオヘッド / EMIミュージック・ジャパン

スコア:





"KID A"という作品の中で
一番最初にループ再生しまくったのがこの曲。


ハッキリ言って、
初めてこのアルバムを聴いた時の
置いてけぼり感というか、ポカーンと。
「あ、これいいな」っていう、分かりやすいメロディが
どこにもありはしない。


「なんだこりゃ」、
というのがあの頃の私の率直な感想。


ライブ音源よりも
CD音源はテンポがゆっくりで、
そして重い

ずーんと重いというのを際立たせているのが
この"KID A"全体にある、
「なに考えてんだか、さっぱりわからん」という、
作品を通しての感情の表現のわかりずらい歌声。
そして今でこそたまらん、このノイズが構成する音の世界。

そう考えると、"Idioteque"やこの作品は
取っ付き易いのかもしれない。


表現の方法として、
一言一句、表現者の思い、感情を事細かく綴っていくものもある。
「私はこうやって、あーやって、嬉しくって、、、、」

受け手にはこれほど分かりやすいものはないと同時に
まったく考える余地がないのも
それはそれで作品の受け手としては怠けすぎだと思う。


私がバラード的なやつを避けているのは
まぁ、会話をしていて一歩的にベラベラと喋られると
こちらからは何も言う気が失せてしまうという、
押し付けられた感のある表現方法が嫌なんだろう。


そういう私の趣向からすれば、
こうゆう「投げっぱなし」的な表現は実に面白く感じる。

私はこう表現してみましたけど、
あとはどうぞご自由に。

そんな感じだ。



そして、この"KID A"にはその表現者と受け手の
ボールの投げっぱなし合戦がある。
私の中ではそれがもう10年も続いているのだ。
聴けば聴くほど面白い。
[PR]
by Nishi9ra | 2011-12-01 06:55 | 音楽バンザイ | Comments(0)



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧