<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Grapevine @仙台darwin 2015.10.28 wed.
2015.10.28 wed.
@仙台darwin


なしくずしの愛
夏の逆襲(morning light)
超える
Big tree song
MAWATA
KOL (キックアウト ラヴァー)
EVIL EYE
君を待つ間
そら
インダストリアル
SATORI
壁の星
SEA
IPA
RAKUEN
100cc
その未来
Glare
風の歌

en.1
指先
愁眠
ふれていたい



ということで、全22曲
これは野音から続く、クラブサーキットで共通の曲数のようで。
(最終日の札幌は23曲だったそうですが)

今回、久々に一つのツアーをいくつか回ってきましたが、
今度は何をやるんだろう、っていうこの感覚が楽しかったですね。
まぁ、そこはバインですんで、毎回同じことはやんないよ、的な感じが
セットリストに出ていたんだと思います。

クラブサーキットは当然、レコ発のツアーとは違い、
今、これをやろう、という選曲になるわけで、
おそらく今このバンドが演奏したいと思うのが
この22曲とこの曲順なんでしょう。
その曲も順番を変え、アレンジを変えることは表現者たちの
その先を聞かせてくれて、私たち聞き手はそれを堪能できるのでしょう。
聴かせたい側と聴きたい側のこの音に対する欲求は
これこそが、今もこのバンドに、
いえ、今、さらに足を運ぶ人が増えている理由なのでないかと思うのです。

このクラブサーキットでは過去の作品と生まれたばかりの作品が
実に違和感なく共存し、この22曲は時には曲目が、曲順が違えども
一つの作品でした。

そう考えた時、私が聴きたいくてたまらないw、COREや411には
この22曲の作品の中に入る余地がなかったのかも。
次のバインのライブは来年のリキッドですかね。
ゲストも紹介され、suchmosとはまた面白い組み合わです。
いやー来年まで待てねーw
どっかで急にやってくれませんかねw

PVもフルバージョンが公開され、実にカッコイイw仕上がりです。
このevil eyeはバイン史上、ライブで最も盛り上がる曲になるんじゃないかな。


仙台には何度か行っているんですけど、
今回のライブハウスは初めてで、とても見やすい場所でしたね。
広島のクワトロはクワトロの中でもキレイな印象があって、
名古屋のクワトロはとても見やすく、
その一方で長野のJUNK BOXはちょっとw、、、ハズレ。
私の最終日がこの場所でよかったですw

ちなみにこんな場所です

c0027400_09241250.jpg

キャパが370くらい。
非常に新しく?キレイな場所でした。
いろんなライブハウスがありますけど、
ここもとてもいい場所ですね。



[PR]
by Nishi9ra | 2015-10-31 09:32 | ライブに行ってきました | Comments(0)
GRPEVINE @名古屋CLUB QUATTRO、@長野CLUB JUNK BOX

GRAPEVINE 2015 クラブサーキット


@名古屋CLUB QUATTRO 2015.10.23 fri.
@長野 CLUB JUNKBOX 2015.10.24 sat.


なしくずしの愛
夏の逆襲(morning light)
真昼の子供たち   →【超える】
Big tree song
MAWATA
KOL (キックアウト ラヴァー)
EVIL EYE
君を待つ間
そら
インダストリアル
SATORI
壁の星
SEA
IPA
RAKUEN
100cc
その未来
GRAVEYARD →【Glare】
風の歌

en.1
指先 →【smalltown, superhero】
愁眠
ふれていたい


【 】内が長野で変更になった曲です。


実は、野音以降のツアーのセットリストは
itunesでプレイリストにして聴いてるんですが、
変更になった、

「MAWATA → KOL」
「君待ち→そら」

この並びの方がいいかも。
とはいえ、やっぱり「夏の逆襲」だなぁ。
しつこいよですがw、
これはホントすごい演奏になってます。

個人的にはKOLでのアニキとカネヤンの
ソロパートのアオリ&盛り上がりはどうにも違和感しかないのでw
「夏の逆襲」のそれはホント心が震える。
序盤のほんの2曲目だけど2曲目だからこそいいのかな。

2つの野音での「Big tree → 放浪フリーク」もセットにぴったりだったけど、
「なしくずし → 夏の逆襲」の流れもまたよし。
どっちがいいかなんて、知らん。
どっちもいいw

今回のクラブサーキットは九州以外の3ヶ所を聴いてきましたが、
ライブの曲順ってホント大事なんだなぁと。
しみじみ。

KOLとEVIL EYEの前後入れ替えもイイ。
というか、KOLから間髪入れずにEVIL EYEのイントロが始まった瞬間の
この2つの曲の相性の良さったら。
そしてこの新曲の演奏も当たり前かもしれないけど、
聴くたびにアニキのギターがどんどんカッコよくなってる。

この曲、しばらくセットから外せないでしょ。

残りは2公演。
曲順こそ違えど、やっぱり曲は東京・大阪の野音がベースみたい。
そうなると、野音でやってクラブサーキットでまだやってないのは
「放浪フリーク」、「無心の歌」、「コヨーテ」、「冥王星」ということになりますw
特に「冥王星」は新曲の並びに入ってもおかしくないな。。。
「冥王星」「KOL」「EVIL EYE」どう並ぶかはわからんけど。
勝手な想像ですがw


次は仙台に参ります。
実はさっき、チケット買いましたw


仙台、久しぶり!!


c0027400_12030919.jpg

もうすっかり、秋です
とっても気持ちがいい季節











[PR]
by Nishi9ra | 2015-10-25 12:03 | ライブに行ってきました | Comments(0)
GRAPEVINE - EVIL EYE

c0027400_12572441.jpg
明日は名古屋〜

この新曲がアップされてから1週間くらいになりますが、
やっぱりいいな。
結構、攻撃的な感じだと思っているのはワタシだけ?

また、PVがこれまた面白いことったら。。。。
バインの作品ではまた一線を画す感じの作品になってますけど、
とてもヨシw




[PR]
by Nishi9ra | 2015-10-22 14:03 | 音楽バンザイ | Comments(0)
Grapevine @広島Club Quattro 2015.10.16
c0027400_13515655.jpg


@広島クラブクワトロ 2015.10.16 fri.


なしくずしの愛

夏の逆襲(morning light)
真昼の子供たち
Big tree song
そら
EVIL EYE
KOL (キックアウト ラヴァー)
君を待つ間
MAWATA
インダストリアル
壁の星
SEA
IPA
RAKUEN
100cc
その未来
GRAVEYARD
風の歌

en.1
指先
愁眠
ふれていたい



セットはこんな感じらしいですw
(某掲示板から参照しとります)



クラブサーキットの初日ということで、
なんか情報がアップされんのかなくらいの
軽〜いノリでサイトを見たら、ねぇw

今回のクラブサーキットは東京、大阪、
つまり野音開催の場所を外したということですけど、
初日のセットを見る限り、納得。

曲順はほとんど違えども、内容はほぼ変わらず。
おそらく、今バンドが演奏したい曲なんだろうなぁ。
考えようによっては、野音に来れん人向け、
もう少し深読みすると、野音来た人は被るから、
要は野音とクラブサーキットは合わせて
一つのツアーみたいなもんなのかもしれません。

さて、やはり新曲には触れねば
とにかく最初に耳にした瞬間の「ヤラレタ」感たるや。
まぁ、本当にクソかっこいい音だ。
正面突破でやってきた感がある。

歌詞は田中さん曰く、配信限定だと載っけられんから、みたいなことで
今回のツアーの開場入り口に上の写真のようなパネルと
歌詞が載ってるワケ。
通りがかり「もしや」と思って思わずパチリ。
かなり韻を踏んだ詩のイメージです。

ツアーの初日だけあって、1曲目は?
という緊張感があるなか、そこはさすがに新曲ではなく。

夏の逆襲 (morning light)はライブ映えする。
ストレンジランドはTWANGSと並んで好きな作品だけど、
ライブバンドとしての魅力がこの1曲だけでも溢れかえる。
歌詞にして2行。
「あの夏を越えるくらい(あの夏のmorning light) 真実を可能にするのは」
曲の後半で一気に爆発する感はライブでこそさらに圧巻。

終始ご機嫌な田中さんでしたが、
やはり新曲を「エロビデオ」、と(笑)そりゃそうだ。
でもさ、たぶんというか、間違いなく、
バインファンの女性は「もっとやれw」という声だと思うんだよなw
あの映像を見て気恥ずかしいと思うのは男の方だろうねw
新曲はライブでは初だと思うけど、やはりそれは手探り感のまだあるもので
言い換えればこれからどうなる、っていう期待。
音源聞いて、1:52くらいのギターソロは
二人のギターの掛け合い的なものかと思ってたところが
完全にアニキのソロだったし。
今回のクラブサーキットでどう変わっていくか楽しみ!!

KOLはEVIL EYEと相性がいい感じ。
なんだろ、曲順的にすんごくしっくりと。

会場は前々日に前売りを買った私が209番という、
まったくチケット売れてねぇじゃんというw
すごくゆったりとライブを観て聴くことが出来ました。
なんだかんだ300人くらい入ってたんじゃないかな。
というか、キャパは500?ギュウギュウで。
広島のクワトロはもちろん初めてでしたけど、とっても小綺麗な感じ。
比較対象が渋谷だからだろうけど。

本編ラストが「風の歌」
やっぱりこの曲とかかかると、終演感が広がって。

「(広島)もう二度とこないぜぇ、今年は」となんだか
この日のお気入りフレーズとなっていましたけどホント楽しそうな田中さんでした。

アンコールは「ふれていたい」
どうした、流行りがやってきたのかw


ということで、COREはやりませんでした、とw
というか、今回はTWANGSとSINGからはゼロでした。


来週は名古屋と長野。
今度は車で参ろうか、どうしましょ。

しかし、飛行機は便利、はえー。1時間で着いてんの。
新幹線とほぼ同額で。。。。

広島、いいとこでした。
また、いつか。






[PR]
by Nishi9ra | 2015-10-18 16:07 | ライブに行ってきました | Comments(0)
今月の予定
実はまだ会社で「夏休み」というやつを取っていませんでしてw
いい加減に取ろうかと。

ただ、家でゴロゴロという気分では到底ないので
どっかに出かけたい。
つーかライブに行きたい。
ほんとしばらくご無沙汰だったので
その反動。


今月はこうなっています。。。。

10月9日(金)toe @金沢MANIER 
10月16日(金)Grapevine @広島クラブクアトロ
10月23日(金)Grapevine @名古屋クラブクアトロ
10月24日(土)Grapevine @長野Club Junk Box
10月28日(水)Grapevine @仙台darwin
10月30日(金)toe @渋谷o-east
10月31日(土)Little Creatures @品川プリンスホテルクラブex

バインのクラブサーキットはホント楽しみ!!
本当は札幌も行こうかと思ってましてw
うーんw





[PR]
by Nishi9ra | 2015-10-16 01:22 | 音楽バンザイ | Comments(0)
toe @KANAZAWA MANIER 2015.10.9
【変わるものと変わらぬもの volume.09 ~ 3rd full length album "HEAR YOU"release tour ~】

c0027400_10182901.jpg


金沢という街はとっても大きくて
また来たい、って心の底から思ったなぁ。
というか、今住んでる場所を離れて住んでみたい、って気にさせるような
なんか魅力的な街でした。

さて、なんで埼玉から金沢まで足を運んだかというと、
toeのライブを聴きたかったからw

すごいシンプルな行動理由ですけど、
いやー遠かったw
遠かったけど、金沢良かったなぁ。。。。。
冬行ってみたいな。
実際にそこで生活している人たちは大変だと思うけどね。


会場は金沢の中心街にあるライブハウスで、
すごく小さなイメージおそらく500人入るかどうか。
音響トラブルか何かで開演の20時30分をかなり遅れてスタート。

やっぱり、toeの演奏力というか、ライブ力といえばいいのかな、
演奏を聴きたい、観たい側、同じく聴かせたいという想い。
ステージを挟んでのこの一体感っていいな。

私は新譜の中ではやっぱり、「Song Silly」が好き。
同じく歌が入っている「グッドバイ」は中盤から後半にかけて、
爆発的な演奏展開に魅力があるけども、
Song Sillyはいたって静かに始まり、終わる。
静かだからこそ、その曲の、歌の魅力が増す。

こういうバンドはやっぱりいないなぁ。
ライブ時間はおそらく1時間30分もかかってないかもしれない、
最近、歌が入った曲が増えてはいるけども、
こう演奏だけでここまでも魅力的なバンドってすごいな。
私の耳は4人の手元を、鳴る音を追いかけるんだ。
そこにあるのは真剣勝負。
聞き手と演奏者の。
ひとつひとつの音を追いかけて。

なんて幸せな時間なんだろう。
そこに不満などあるはずがないんだ。









[PR]
by Nishi9ra | 2015-10-12 11:27 | ライブに行ってきました | Comments(0)
toe - 1/21、エソテリック

もちろん、全てを知っているワケではないけども、
純粋に演奏、というものを聴きたいのであれば、
toeのライブに行きたい。

上のライブ映像はこれまたいい感じに2曲観れるのだけども
柏倉さんの演奏というのは、こう映像を通して見ても引き込まれる。

実際に目の前で見ると、ただただ圧巻。
こういう演奏が出来る人というのはそうそういるものではない。
今回のツアーは計3回ほど足を運ぶつもり。
ライブは本当に久しぶりなのでとても楽しみ!!

新譜は歌が入っている作品が多いのですが、
やっぱりSong Sillyを聴いてみたいかな。。。
もちろんやるでしょうけどw


それにしても、10月30日の東京公演は
チケット売り切れで探してたんですけど
なんとも譲って頂いちゃいましてw
すんごく嬉しいです。
ありがたしw

追加公演は自力でw



私の好きなドラマーを5人挙げるならば、
柏倉さんは当然入ります。

坂田学、玉田豊夢、栗原務、伊藤大助

あ、もう5人だ、
きっと5人じゃ足りないよw

[PR]
by Nishi9ra | 2015-10-08 16:13 | 音楽バンザイ | Comments(0)
サカナクション / 新宝島

はじめに言っておくと
別にそこまでサカナクションは好きなわけではなくって、
でも嫌いなわけでもないのですw


「Documentary」は盤で買ってしばらく聴いてました。
まあここで、こそまで好きではないんだな、ってニュアンスなわけでw

そうなんです、私にとってのサカナクションは
「局地的」に好きになる音があるバンドなんです。
それは突然やってくるもんで、前回のそれは「ミュージック」であり、
「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」になるのです。
特に後者の方はその奇抜なPVも一際、私の興味を引いてしまう。
ところが、面白いことに私が一生ものだと思っているアーティストの音に比べると
決して長い付き合いにならない傾向がw


なんだよ、好きなんか嫌いなんかハッキリせい、と言われそうですが
自分でもよくわからんw


そんな中、ふと聞こえたこの新譜。
ズルいよね(笑)
この出落ち感満タンのPV。。。
だけども出落ちで終わらせない、この作品の魅力。
ほっんとズルいw

そしてこの曲のアレンジとリズム。
映像と音楽が作品の魅力を最大限に生かしている。
少なくとも私にはそうとしか感じられないw
本当に魅力的な作品。


もう一体何回再生してるんだろうねw


私の中にまた
サカナクションの時間がやってきましたよ
今度は長くなりそうだ。





[PR]
by Nishi9ra | 2015-10-05 13:23 | 音楽バンザイ | Comments(0)
FLYの孤独
c0027400_14030112.jpg

ふと思ったのだけども、
「From a small town」という作品における、
「FLY」の違和感ってなんだろう。

やはり、「ランチェロ'58」のイントロから
このアルバムの世界は始まり、「Juxtaposed」で終わる。

私にはこの作品は当然ながら「FLY」で幕が開いた後、
もう一度、「ランチェロ'58」でも幕の開く音がするのです。
ただし、その後に続く曲を考えた時、「FLY」の孤独感。
私にとって、この曲の居場所はこの作品ではココしかなかったと思う。

FLYという曲は近年のバインにおいて、「わかりやすく盛り上がる」曲の位置付け。
それはひと昔前のこのバンドの姿であって、それは他のバンドでも表現する音。
ところが、最近のバインのライブで一際歓声があがるのは
「This town」におけるアニキと田中のギターソロの掛け合いだ。

そこにはGrapevineというライブバンドが時間を経て表現をしてきたものと、
同じ時間を経て、その音の遍歴を辿ってきた聞き手が
同じ一つの価値観を共有しているという姿がある。


私が初めてバインのライブを観たときには
間違いなくここまで男性ファンはいなかった。
まだMCの最中に「田中〜」という、
今ではあり得ないような客の呼びかけが起こっていたもんだ。


FLYがライブで演奏される機会が減っているのかはわからないけども、
「NOS」、「411」といった
この曲をライブで聴きたいという楽しみが増える一方だ。
FLYの孤独は止まらない。


まぁ、私は「CORE」が聴きたいのだけども
私が行くと、いっつもやってくんないんだよね(笑)







[PR]
by Nishi9ra | 2015-10-02 14:40 | 音楽バンザイ | Comments(0)



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧