タグ:音楽 ( 77 ) タグの人気記事
AIR @ZEPP TOKYO 2007.1.26



Hello


いつからか、音楽に遠ざかっていたような。
そんな気持ちがあるのだけども

また逢えたような



今年に入ってCDJ以外では最初のライブ
久しぶりのようなZEPP TOKYOも2階からみると
こんなに小さかったけ?


車谷浩司はやはり音の中で舞っていた。

ギターという楽器を「美しく弾く」のが
the band apartの川崎さんならば
車谷さんは自ら鳴らす音の中で「舞う」のだと。

前回、AIRのライブに足を運んだのは去年の7月のクワトロ。
その時のアコースティック中心のスタイルとは変わって、
今回は「動」。

AIRの作品は初期の衝動的な「動」
"Usual tone of voice"や
一時の「お休み期間」の前後の作品に聞こえる「静」
AIRだけではないものの、
特にAIRの作品はその辺りで好みが分かれるのかな。


昔の映像を見たりすると、
今の車谷さんが「柔らかく」なったように見えるのかもしてないけど
それはアーティストとしての幅と考えるなら、
2度目のアンコールに応える姿をみたならば、
AIRはAIRだし、車谷さんはやっぱり車谷さんなんだ。
人の本質はそう簡単に、周りの人が思うほど変わるものじゃない。
まして、それが「その人」たるものを示すものであるならば。



ZEPPの広いステージには3人
もちろん、いつものメンバー。

何故に何度も何度もライブに行くのかという答えは
その日のステージにあるわけで

この日はその答えは
"Last Dance"であり、
「懐かしい曲をやります」と紹介された、
私がAIRの作品の中でも特に好きな
"Hello"だった。


CD音源か、ライブ音源か

"Last Dance"に関して言えば、
私にとってCD音源が聴かせてくれる、
あの切ない旋律がをライブがそれを超えることが、まだない。
今回のステージでもそれは変わらなかったけども
歌声とギターが届けた音色
私の記憶の中では、その「距離」がかなり近づいた気がした。

ひさしぶりに聴こえた、
"Hello"
懐かしさに
思い出すのはいつの記憶だろう



AIRにあの「KIDS」魂を求め続ける人には、
その自分の中にある、思いをなかなか発散させる場所がなく、
物足りないのかもしれないんだ。
2度目のアンコールは
そんな気持ちに答える"Dive&Dive"だった。


ダイブがおこり、
ステージ前に運ばれた「KIDS」とハイタッチをする姿を遠くから見て思う


AIRは、車谷浩司は変わらない

いつも読んでいただいている方へ
[PR]
by Nishi9ra | 2007-01-27 11:28 | ライブに行ってきました | Comments(0)
選曲プレイリスト "スノーキング"

c0027400_16504831.jpg




〜そう、憶えて・・・あぁ忘れる・・・。
     だからさぁ、見てたもの、あなたに話すよ。〜







c0027400_5392918.jpg


"スノーキング"

中村一義


from "100s"






c0027400_5405097.jpg
2

"Exit stage Right"

Badly Drawn Boy


~from "About A Boy"








c0027400_5432961.jpg
3

"You know my name"

The Beatles


from "Past Masters, Vol. 2"








c0027400_5485180.jpg
4

"Two Of Us"

The Beatles


~from "Let It Be...Naked"








c0027400_5593081.jpg
5

"We Are The Sleepyheads"

Belle & Sebastian


from"The Life Pursuit"









c0027400_6101369.jpg
6

"星と願うなら"

polaris


From "Family"








c0027400_6114445.jpg
7

"リッポーセンチメンタル"

Pygmy With Bitter Ends


from
"The Universe In The Pocket"








c0027400_6145193.jpg
8

"シンデレラ"

ANATAKIKOU


~from "シンデレラ"








c0027400_616482.jpg
9

"はちみつハウス"


ベベチオ


from"ひとつやふたつ"








c0027400_617330.jpg
10

"Starlet"

AIR


from "One"









c0027400_6191315.jpg
11

"美しく燃える森"

東京スカパラダイスオーケストラ


~from
"Stompin' On Down Beat Alley"








c0027400_6213953.jpg
12

"胸いっぱい"

サニーデイ・サービス


from "LOVE ALBUM"








c0027400_6223989.jpg
13

"きみの愛だけがぼくのハートをこわす"

曽我部恵一


from "ラブレター"








c0027400_62457.jpg
14

"とっておきの唄 "

Bump Of Chicken


from"Flame Vein "








c0027400_630462.jpg
15

"夢で逢いましょう"

ハナレグミ


From "“Hana-Uta”"








c0027400_6323218.jpg
16

"Tears are in your eyes"

Yo La Tengo

from
"Prisoners Of Love
"A Smattering Of Scintillating
Senescent Song 1985-2003""








c0027400_6354788.jpg
17

"笑顔"

中村一義


from"太陽"








c0027400_6381150.jpg
18

"いつも二人で"

中村一義


from"太陽"











c0027400_1753566.jpg





〜過ぎる今が想い出なら
      いつも二人でいれるように。〜
                  
           "いつも二人で"  中村 一義
[PR]
by Nishi9ra | 2006-12-21 06:00 | 選曲CDRプレイリスト | Comments(0)
Is this LOVE?

ようやく耳にしました



The Beatles "LOVE"


c0027400_504992.jpg




タワレコは新宿店に足を運んでみたら、
私の視界に入ってくるんだもの。


「そんな、聴かず嫌いしてないで、聴いてごらん」って



さすがはタワレコ、
手作りポップに「新作」の文字はなくw

そうなんですって、
だから~

新作じゃないの。


それを見て
ちょっと気分を取り直し聴いてみました。



んで、分かりました



これは、きっとサントラ盤なんですよ。


演劇の、もしくはTVの映画のドキュメンタリー

それでビートルズを語る番組を放送したとします、
その時に後ろで流れているようなものだと思いました。



それは2曲目の"Get Back"を聴いた瞬間に気がついたのです。


あぁ、これはイカンと。


なぜ、"Hard days night"のイントロを被せなきゃならんのか?
後ろのドラムは"the end"ですか?

なぜ?



確かにですね、私はこの作品に対しては
正直、どうかと思っていたので、
そんな先入観はあったんだと思います。


だから、いい意味で裏切ってもらえたらと思いましたけど。。。


私の想像の向こうへは行ってくれませんでした。


やはり、その曲にはその曲の思い入れがあって、
どれだけつなぎ合わせても
私には元の曲の一部でしかなく。


ですから、この作品は
マーティンの作品です。

彼のリミックス作品というか、
例えば「ビートルズをピアノで聴く」みたいな、
元の曲はビートルズだけど、
やっぱり違う、そんな印象です。



ビートルズがあの音を出したのは、
あの時代だから、だと信じます。

その時の世界の空気
それは、思想であったり文化であったり


だから、今この機材の溢れる時代に
あの4人があの時代の年齢で迎えたらとしたら

彼らはどんな音を奏でるのか?とか


名も知れぬまま
消えていくのかもしれないし

同じような知名度を残すのかもしれない







少なくとも

「LOVE」の世界ではないと思えて・・・





そんな気持ちでヘッドフォンを戻し、
これを手にとって
レジへ向かったのです



c0027400_5383567.jpg



今はこれでいいです
[PR]
by Nishi9ra | 2006-12-09 23:55 | 音楽バンザイ | Comments(0)
クラムボン @LIQUIDROOM EBISU 2006.12.5

2006.12.5 tue

HANAHAKU @LIQUIDROOM EBISU



** クラムボン **

THE NEW SONG
ドギー&マギー
パンと蜜をめしあがれ
波よせて
おだやかな暮らし
ナイトクルージング
バイタルサイン
シカゴ





**
今年聴き納めのクラムボン
思えば、野音を逗子を逃してしまったこともあったっけ。

クラムボンのイベントかと思いきや
トップでの登場。
ステージ上のセットを見た時に確信はあったんだけどね。

そういえば、曽我部さんもそうだけど、
クラムボンもトリは少ない気がする。


トップにして、1番長く
ステージの上から音を聴かせてくれました。

クラムボンもライブバンド。
その真価というか、音に触れるには
盤とライブで彼らの音に触れてもらえれば。

それは、また新たなる魅力の発見。
でも驚きじゃないんだ。

きっと、「やっぱり!!」と納得するんだろう。

CDなどの音源は
彼らの音のほんの一部を閉じ込めただけに過ぎないさ。

目の前から聴こえる、
郁子さんの声
ミトさんのベース
大助さんのドラム

この3ピースは音を鳴らすためにここに集う
それも、とびっきりのヤツを。

だから、どうぞ
次の機会でも

その音に触れてみて下さい


私が3ピースバンドですぐに頭に浮かぶのは

クラムボンだから。
[PR]
by Nishi9ra | 2006-12-06 20:06 | ライブに行ってきました | Comments(0)
ANATAKIKOU "悲しくはないさ"


c0027400_1544789.jpg





私はこの曲を聴いたことがあったのだろうか?


でなければ、
こんなほんの瞬間で
好きになる音はないかもしれないさ。



やはり、今年も素晴らしい出逢いが待っていたんだよ
[PR]
by Nishi9ra | 2006-12-05 15:08 | 音楽バンザイ | Comments(0)
LET YOU NIGHT



お忍びで千葉に帰ってました。

正確に言うと、
コチラに参加してきました〜




******************

LET YOU NIGHT vol.3


06/12/03(sun) 17:00〜22:30
@千葉sacro△monte

DJ:yui/KOTCHAN/HISAKO
GUEST DJ:SACHiKO(JACK)/KoDAMA/星原喜一郎(ALRIGHT)

CHIBA ROCK & DANCE MUSIC & COUNTDOWNJAPAN



*************


おそらく、というか
間違いなく、私が最年長の空間でしたが、
楽しかったです。ホント。
初耳の音から、私が愛する音まで。
それは、千葉市の一角で


改めて、音楽ってやつは
年齢で聴くものではないなぁと思いましたよ。
だから、
「最近の若いヤツが聴く音楽は・・・」っていうのは
自己放棄。

それはですね。。
どれだけ若くたって、歳取ったって
好きな音楽があれば、
好きになれないものだってあるんです。
あたりまえなの。

それは年齢が決めるものじゃなくって。

自分が何を感じるのか。
何を求めているのかってこと。

それこそ、私と干支が同じの一回り歳の少ないw、
DJのみんながかける音に私が食いつくのはw、
私の感覚が若いのではなくて、
彼らと感覚が近いっていうことなんです。


音だけじゃなく、
映像、文章、絵などの「アート」と区分けされるものは
届ける側と、受け取る側の感覚の交差。


届くか、届かないか。
ある人に届かなくても、
それが全てに届くものじゃない。

いろんな人に届いたから、
ある人に届くわけじゃない。


なにを届けたいか
なにを求めているのか


それが重なったとき
それこそ幸せな空間が生まれるんだと思うんだ。


これまでおジャマしたイベントよりは
規模は小さいし、途中で機材のトラブルとか
「まだまだ、これから」って感じはあったりしましたけど。

終わった時に感じた
「楽しかった」っていう気持ちは今でも変わりませんよ。


また、おジャマしますね〜
[PR]
by Nishi9ra | 2006-12-04 18:11 | 音楽バンザイ | Comments(0)
ZAZEN BOYS @SHIBUYA-AX 2006.11.29

半透明 ×2



この先、どこへ行くんだろう。
2006年を締める、Tour Matsuri Sessionは
不思議な余韻を残している。

私の中では"ZAZEN BOYS 3"は
通過点ではなく頂点のような作品。
ここまで来たか、そう感じる作品だった。

だからこそ、「次」が
バンドは続いていくだけにその先が知りたい。


2006.11.29
Tour Matsuri Session @SHIBUYA-AX

(順番はw)

Whisky & Unubore
Himitsu Girl's Top Secret
Si・Ge・Ki
Usodarake
安眠棒
Sekarasika
Crazy Days Crazy Feeling
Sugar Man
1989
イレイザーヘッド
Maboroshi In My Blood
Ikasama Love
Friday Night
COLD BEAT
黒い下着
DAIGAKUSEI
半透明少女関係
Riff Man

en
半透明少女関係
Water Front



***************


新曲の2曲は「3」とは全く異なるというか、
ZAZENの曲というより、ナンバガに近い。
ただし、これが次の方向性かと言われると「?」。
そして、かなり形を変えていくのだろう。
それだけの「隙間」がある。

この日はリストから外れた、「Metal Fiction」だとか、
逆にセットにあった、「Sugar Man」
ライブで、ライブをこなすことで
変形を重ね、型を成す。
今のZAZENの魅力はなんと言ってもライブ。
スタジオセッションもそうであるように。

CDといった形はその曲のもつ、
ZAZENの表現力の断片でしかなく、
その完成はバンド自体が今も探しているのだと思う。

新曲はその意味で、まったくもって「隙間」だらけで、
むしろ、この曲が表現の世界でどんな進化をするのか。
新曲はロックだ。
それもかなりの初々しさを感じる、ロック。
それもQUEやSHELTERで流れそうな。


あらためて思うのは「3」は
かなりの完成度でCDという形に収まっている。
そもそも、セッションから生まれたような作品のような気もするし、
ならばまだまだ、変わる余地もあるとはおもうけど、
CDに閉じ込めた時点でかなりの変化のあとだったのかな。

つまり、"RIFF MAN"は
ライブでもっと良くなるかと思っていたけど
それほど驚いた変化はない。
それだけ、音源は突き詰めた後なのかもしれないから。

"CRAZY DAYS CRAZY FEELING"

もはやCDの音源の面影は全くないのだけど、
この日もさらに変化を見せた。
前回、聴いた時は
CD音源にかなり近づいた、元に戻ったものだったけど、
この日、再び表現の可能性を求めたのだろうか?



どちらかというと出し惜しむこともあった、
半透明が2回聴けたのは嬉しいやら、なんか微妙な気持ち。
開戦前夜・KIMOCHIがセットから抜けて、
そのあとを引き継ぐのは、


"Water Front"


この音を盤に残しても、この雰囲気は残せない。
[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-29 14:58 | ライブに行ってきました | Comments(0)
サヨナラ オハヨウ
最近、実家に帰ってませんね。

確か、今年の夏に
正確にはSUMMER SONICの時に立ち寄った程度です。

その前はというと。。。
去年のCOUNT DOWN JAPANの2日目に
これまた立ち寄った程度。

ええ、、、親不孝ものめっ!!




来月には一度は帰るつもりなんです。
自分がこの歳になって、
やっとわかることってのもあります。
感謝するってこと。
なかなか、直接は言えないけども


そんな実家から
段ボール1個に、
なにやらいっぱいの差し入れが送られてきました。
お米や私の好きなカレーやw
そして梅干しw

私は大の梅干し好きですのでっ!!
でもでも、我が家で漬けた赤いヤツはですね。。。
通常の3倍は美味いんですよ。


ふと、今。。。。
さっき届いた贈り物を見ながら
久々に帰ろうかなと。

今の実家のある場所は、
私が高校に入学した年に移った場所で、
それほどなじみというか、
思い出が薄いけど


昔から結構涙もろい、私は
一人暮らしを始めたあの日、
家を出るとき、
年甲斐もなく車の中で泣いてました。

気付かれないように。


あれから7年が経って、
私もすっかりオッサンになり、
親も今では毎日、家でヒマを持て余しているようでw
昔から、無駄遣いをしない人たちで
その反動が子供に移ったのかと思ったりw


いつか、我が家に帰った時、
母親に1枚のプレイリストをあげたことがありました。

今度、帰った時に
また何か届けようかな。




選曲プレイリスト "Tears Are In Your Eyes"

1
"Alone Again (Naturally)"
Gilbert O'Sullivan

2
"Superstar"
The Carpenters

3
"Bright Eyes"
Art Garfunkel

4
"Roots (The Fruit Of Many)"
LSK

5
"Brighter Than Sunshine"
Aqualung

6
"Once Around The Block"
Badly Drawn Boy

7
"Sing"
Travis

8
"Melody Fair"
Bee Gees

9
"You've Got A Friend"
Carole King

10
"Laughter In The Rain"
Neil Sedaka

11
"Jesusland"
Ben Folds

12
"In the morning"
The Coral

13
"Heart Of Gold"
Neil Young

14
"Miss Misery"
Elliott Smith

15
"Sonnet"
The Verve

16
"Somewhere Only We Know"
Keane

17
"Yellow"
Coldplay

18
"Yesterday Once More"
The Carpenters

19
"Tears Are In Your Eyes"
Yo La Tengo





c0027400_18483496.jpg




「かつての」私の部屋

すっかり親の物置兼屋内緑化されてますけど。




キッチンには
ハイライトもウイスキーグラスもないけども。。。


ホントはちょっと立ち寄るのも苦手だけど
ここも私の帰る家なんだと







2006.11.28 tue. 19:15

音楽が流れる、私の部屋で
[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-28 19:11 | 音楽バンザイ | Comments(0)
D'You Know What I Mean?



おとといの私

BAGSY @渋谷CHELSEA HOTEL




BAGSYに行くのはこれが2回目だったりするのです。


好きな音楽をかけ、踊る。

こうゆうことです。
シンプルで好きですね。

あっという間に時間が
朝を迎えているっていう、
この感覚。

一番楽しいのは、
ほんと楽しそうに
踊っているみんなを見ている時なんですけどね。
まぁ、誰とはいいませんがw

なんか、こちらが嬉しくなるよo(*^▽^*)o~♪

来月、もう1回、2回?
どこかでおジャマしようかと。

何がかかるかってのはもちろん、
そのクラブイベントのスタンス、またはDJによって異なりますけど、
この前、私が一番嬉しかったのは
NUM-AMI-DABUTZが聞こえた時ですかね。


ちなみに、
こちらがBAGSYのHPです。

次回は12月23日(土)
23時30分〜翌5時までらしいですよ。



(晩飯のお礼に、コピペだけど宣伝しておきましょw)


☆☆☆Club BAGSY vol.47☆☆☆
2006/12/23(Sat)
OPEN&START 23:30〜all night
DJ's:影正 一貴 / ume-rock / ムラカミ ダイスケ
VJ : US3
Guest DJ :
小野 眞一(100s,tae,フィッシュバスケット)
保坂 壮彦(soultoday)
@渋谷 CHELSEA HOTEL (Tel)03-3770-1567
charge:\2000(w/1drink)


c0027400_18573145.jpg



** 予約はHPからして下さいな。

**********


そうですね、ちなみに
次回のゲストDJは小野 眞一さんですよ。
ええ、100sのあの方です〜

私はというと、、、
どうしましょ? 行くかどうか迷ってたりw






****************


今更なんですけど、
やっぱりですね。。。。。。。。

OASISのベストはいらないです。

昨日は渋谷のHMVやタワレコを見ていまして。
あれも、これもと欲しいなぁと思っていたわけですよ。

でも、買ったのは2枚だけです。


Q.さぁ、一体なんでしょう?


A.


c0027400_1972788.jpg

"Message Pie"

ANATAKIKOU



c0027400_1973866.jpg
"Apple of his eye 
りんごの子守唄(青盤)"

Various Artists






いやぁ、、、
どうして、
ビートルズの「新作」は試聴する気にならないのかねw

頑固だねぇ・・・w

頑固ですもんw
[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-27 19:12 | 音楽バンザイ | Comments(0)
ここで逢いましょう


晴れていました



そんな晴れの太陽の下



私たちは、あの時のように待ち合わせて
車の中で音楽を聴きながら
向かったのです



あの8月の空にあった光は、
今日もこの場を照らして、

暑さばかりを感じたその空気は、
温かさに変わってました。

それは今、
この時期の季節が、
秋を越え、
次の季節を迎えつつあることを実感させるのです。



c0027400_3492452.jpg




あの時の緑は

また、来年

ここで逢いましょう

c0027400_18214523.jpg

[PR]
by Nishi9ra | 2006-11-22 23:01 | そこへゆけ | Comments(0)



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧