タグ:音楽 ( 77 ) タグの人気記事
from mouth to mouth vol.2 @渋谷Duo MUSIC EXCHANGE 2006.9.12
2006.9.12

<from mouth to mouth vol.2 ~COLLABO de SHOW!!~>

渋谷Duo MUSIC EXCHANGE


Vocal (出演順)

高橋啓太 (from オトナモード)
岩崎慧(from セカイイチ)
小谷美紗子
浜崎貴司
曽我部恵一




SPECIAL BAND
 
中村太知(G)
鳥口マサヤ(from 風味堂)(B)
玉田豊夢(D)
伊原真一(from オトナモード)(G)
皆川真人(Key)
ASA-CHANG(Per)




************

◎ 小谷美紗子 ◎

雨音呟く

Rum&Ginger
Kissing My Love (Bill Withersのカバー)




◎ 曽我部恵一 ◎

カレーライス
君に胸キュン
それは僕じゃないよ
すかんぴん
Love-Sick

en
Mellow Mind (with 岩崎慧 Drums,中村太知 Bass)


**************



雨の道玄坂をのぼってていく途中、
すっかり、肌寒くなってることに気がついた。
そうか、もう9月も中旬なんだ。

開演を30分前にして、初めてとなる、
DUOへ入る。

オシャレだね~
何がって、トイレがっw
そもそも、ワタクシ、
トイレで判断する癖がついているようでw


今日は
いい歌声を聴いてきました


オトナモードの高橋君
サニーデイのカバーを聴かせてくれました。

これは、オトナモードの音源を
聴いてみなきゃ。
そんな気にさせてくれた、優しさを帯びた
良い歌声でした。



セカイイチというと、
私はまだ、レンタル止まりなんで、
実は妹さんの音源は持ってるんですよ。

岩崎愛さん、
今年買ったお気に入りのCDの1枚なんです。

いやはや、やっぱり分かっているつもりだけど、
ライブはいいですね。
目の前から聴こえる歌声は
やはり、リアルというか、
生きている、音っていうのかな。
閉じ込めきれない音の素晴らしいさを
感じることができるから。

それが、浴衣(?)姿で現れ、
一気にフロアを盛り上げた、
岩崎慧という歌い手に感じたものです。


3番手は今回唯一の女性ボーカル、
小谷美紗子さん。

彼女の歌声に関してはもはや、
語る言葉も同じ。

いつもと違うのは、
彼女は完全に歌手だってこと。
ピアノは弾かず、正面を向いて、その歌声が響く。
言葉とそれに刻まれる意志がコチラに向かってくるような
強さ、それは歌い手の気持ち?
やはり、彼女の歌は特別だ。



相変らずのw浜崎貴司節、全開。

FLYING KIDSかぁ、。。。。
高校生の頃だよなぁ。
今聴くその歌声に、当時は分からなかった
魅力を見つける。



ワインを持った、男
曽我部恵一。

「君に胸キュン」を聴いていて、
思わず、「3つの部屋」はこの曲の影響かなと思う。
アナログ盤を持っていなくて、
初めて聴いた私にはとっても嬉しい選曲。

本人曰く、「カラオケのつもりで」の今日のセット。
好きな曲を歌いたい。
うん、それですよ、それ。
「カレーライス」(エンケンさんのカバー)
これが色っぽくってね。

最後の「Love-Sick」では
サポートバンドとのセッション。
ASA-CHANGのパーカッションが
また、この名曲に色を添える。
この曲はシンプルなアレンジもいいけど、
厚みがあってもまた素晴らしい。


ステージ正面、最後尾の席に座りながら
なんて贅沢なんだろうと。
その歌声を耳にしながら、思うのです。

やっぱり、ライブはいいわ。。。。

オマケのケ
[PR]
by Nishi9ra | 2006-09-12 23:33 | ライブに行ってきました | Comments(0)
選曲CDRプレイリスト "魔法"


c0027400_8124256.jpg






c0027400_715592.jpg


"ロード中"

中村一義


from "100s"








c0027400_74424.jpg


"キャノンボール"

中村一義


from "100s"








c0027400_791414.jpg
3

"Fantastic Game"

Hideki Kaji


~from "Enjoy The Game"








c0027400_7121467.jpg


"YUMEGIWA LAST BOY"

スーパーカー


~from "HIGHVISION"








c0027400_7134520.jpg


"Love Foolosophy"

Jamiroquai


~from "Funk Odyssey"








c0027400_7164615.jpg


"Dreamin Dreamin"

Capsule


~from "Fruits Clipper"








c0027400_735524.jpg


"G-House Project"

Gerling


~from
"When Young Terrorists Chase The Sun"








c0027400_7382914.jpg


"富士山"

電気GROOVE


from "VITAMIN"








c0027400_7404292.jpg


"How To Explain"

The Cat Empire


from "The Cat Empire"








c0027400_7431795.jpg
10

"GT"

クレイジーケンバンド


from "GT"








c0027400_745427.jpg
11

"バカサバイバー"

ウルフルズ


From "バカサバイバー"








c0027400_74716.jpg
12

"BABY BLUE!"

HALCALI


from "音樂ノススメ"








c0027400_7485430.jpg
13

"魔法"

サニーデイ・サービス


from "LOVE ALBUM"








c0027400_7503055.jpg
14

"Love & Peace"

SAKHALIN TV


from "Slow Down"








c0027400_756888.jpg
15

"Heartbeat"

Tahiti 80


From "Puzzle"








c0027400_7574462.jpg
16

"トーキョー・ストーリー"


曽我部恵一


from"Strawberry"








c0027400_7595062.jpg
17

"シカゴ"

クラムボン


~from "シカゴ / 246"








c0027400_81517.jpg
18

"DOWN BEAT STOMP"

東京スカパラダイスオーケストラ


~from
"Stompin' On Down Beat Alley"









   〜魔法をかけたよ

    さっききみに

    気づかなかっただろう

    まばたきの瞬間だった〜



      "魔法"  サニーデイ・サービス




c0027400_6511275.jpg

[PR]
by Nishi9ra | 2006-09-11 08:13 | 選曲CDRプレイリスト | Comments(0)
NICO Touches the Walls @渋谷CLUB QUATTRO

別に、もったいつけるつもりはなかったんだよ




NICO Touches the Walls @渋谷CLUB QUATTRO

2006.9.9 sat 18:30





会場はいつのまにか、それほど珍しくなくなった、
クラブクワトロ。

ただ、開場を待っている人たちの
若いこと、若いこと。


そんな中、315番の整理券を手にした私は
ちょっとワケもあって、ステージ向かって左の段の上で
NICOの4人が音を鳴らす瞬間を待つ。


開演時間を10分も過ぎれば
普通は始まるのだけども、
場内にはBGMとして
"Walls Is Beginning"の曲が次々と流れ続けた。


「全曲流してから始めるのかい?」と
音源の"病気"を聴いていたとき、クワトロの灯りが落ちた。




アンコールを含めた18曲の中で
私が1度でも耳にしたことがあるのは10曲くらいなのかな?

そうなんだ、私とNICOは去年の9月11日から、
こうゆう関係なんだ。


今でも曲名と音が一致するのは
7曲しかないよ。

このクワトロで聴いた曲も
「はじめまして」ばかり。
タイトルも当然知らない。

だけど、だからこそ
集中して聴こうと、
どんな音を聴かせてくれるんだ?
って、耳を澄ませてみる。

あらためて、光村君の歌声は良いなぁ。


クワトロ、クワトロと周りは騒ぐだろうし、
彼自身、バンド自身もそれがスゴいことだというのは
感じて来たと思うんだ。

ただ、彼の歌声は
その状況に対して、喜びで答える。

強がることは誰にでも出来るだろうけど
彼だけではなく、この4人はこの瞬間を楽しんでいる。

もちろん、この日を待っていたというならば、
ステージ下の私たちも強い想いで待っていたんだ。
けど、一番楽しみにしていたのは
そう、NICO Touches the Walls
この4人なんだろうね。


初めて聴く音のイントロで
古村×光村の2本のギターが
交互にカッティングを聴かせるパートがあって
シビれた。


他の曲でもなにせ、坂倉ソロでは
ブイブイとその低音を
音圧と共にコチラにぶつけてくる。

私のまだ知らない、NICOはガツンガツンと
その直球ロックを聴かせてくれた。



そして、なんと言っても
"Walls Is Beginning"の6曲。

改めて、ライブ版を出した方がいいんじゃないの?っていうくらい、
格段に素晴らしい演奏と、アレンジが光る。

"病気"のイントロ、
またもや坂倉ソロが聴かせてくれた。



そう、この4人は
今、格段に前へ前へと進んでいるようだ。


本編が終わったとき、
出口に向かうわけないじゃないか。。。

そのタクシーの行方を知らずに
帰れるワケないでしょ?





9月9日のことを今振り返って、
彼らの音源を耳にしながら書いてみる。



別に、もったいるつけるつもりはなかったんだよ。
ただ、ちょっと書くのには振り返る時間が必要だったから。

1年前の私にはまだまだ、クワトロは敷居の高い、
ハナシで耳にする場所だったんだ。


来年の今頃、
NICOにとってこのクワトロはどんな場所になっているのかな?

別に慌てる必要はないし、
むしろ本人達よりも、レコード会社なんかの周りに
慌てないでと言いたい。


そんなに慌てなくたって、
その音楽の魅力は隠れたりはしないんだ。
隠しきれないものだから。


今回、クワトロでワンマンをやったからといって、
つぎからもワンマンでなければいけない、ってことはどこにもない。

むしろ、対バンでもどんどん
彼らのライブの機会を増やしてあげてほしい。


数多くのライブがきっと彼らの音を
されに上に押し上げてくれるだろうから。

オマケ
[PR]
by Nishi9ra | 2006-09-10 23:21 | ライブに行ってきました | Comments(4)
You Can Have It All

おはようございます
ヾ(^∇^)

止まってると、咳が止まらない
不自由な生活をしております(>_<;)

いやぁ、、、ホント
電車とか無理だって〜w

のど飴は必須どすえ
いろいろ試してるんですけどね。。。。



さて
今日は遂にクワトロの日です。

NICO Touches the Walls @渋谷クラブクワトロ


ちょうど、1ヶ月前のひたちなかで
バンドの今の姿を聴いて高まる期待を。

鳴らすしかないでしょ、その音を。
もう、それを逃すわけにはいかないさ。




さてさて
ようやくプレイリストが出来上がりました。

2枚のプレイリスト、
それぞれ届けたい人のもとへ〜


1枚は

最近、「鼻の皮が剥がれるほど焼けた」方へw

タイトルは
"How To Explain"(全15曲)

結構前から選曲はしていたんですけど、
最終的には初めと比べて、まったく別物になってしまいましたw
「踊れる曲」というセレクトは変わらず。
そうだなぁ、、、、
『自分がDJやるなら、コレをかける』っていうモノです。
(** 明日送りますね〜)


もう1枚のタイトルは
"魔法"(全18曲)

きっと、
太陽はこの方の後ろを追いかけているんじゃないかな?って
"NO MUSIC,NO LIFE"って言葉は、君の為にある言葉w
(私も、負けてられませんなぁw)

選んだ曲には「楽しさ」をこめて。
最初の曲を入れたのは
どうしても、それを入れたくなったので。
楽しさの中にも揺るがない「強い意志を」。
それが、私が持つあなたのイメージ。
(もらったCD、さっそく聴いてますよ〜)



そして、今選曲してるのが
上の2枚とはちょっと違う選曲になる2枚です。
今、ちょうど選曲中なのですけどw

1枚はこれがなんと「18枚目」になります。
格闘技の師匠(観る方ねw)でもあり、
人として「スゲーなぁ」といつも感服しまくり、
会社での唯一の音仲間。
なかなか、出来ないのはそれだけ選曲に苦労してるってことでw
年末の幕張はなんとか一緒に行きたいものです。


私の数少ない(いーでしょw)、
ライブに行きましょ、って誘いたくなる、
音仲間へのもう1枚は、
ほぼ、出来上がっているのですが、
この曲も聴いてもらいたいなぁ、と考えているうちにw。。。。

もうすぐ14日だからだから、
その日にでも。



最初は、多田さんと始めた音盤のやりとりも
ひとり、ふたりと嬉しいことに広がっています。

今回作ったプレイリストの中には、
そんな中で頂いた曲を入れたりと、
誰かのお気に入りが、また他の誰かの
お気に入りになればと思っています。


もし、
興味のある方がいらっしゃったら、
いつでも声を掛けて下さいね。



さてっと、ちょっと早いけど、
出かけますか!!

いざ、クワトロへ〜

(その前に、ぶらぶらしてよっとw)



c0027400_1338551.jpg

[PR]
by Nishi9ra | 2006-09-09 13:39 | 音楽バンザイ | Comments(4)
"The Autumn Song" ELLEGARDEN

やーっと、買いました!!




c0027400_2118514.jpg




     "The Autumn Song"

               ELLEGARDEN




"Missing"のカップリング


そもそも、
曲名が
ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと
分からなくって(涙)

ライブで聴いた事あるけど
でも持ってるアルバムには入ってないし。。。。。


試聴するサイトもないし。。。。
(オフィシャルも全部聴けないから)

んで、どうしたかってゆーと、
買いまくってやりましたよw

シングルも片っ端から。。。


"Bare Foot"

"ELLEGARDEN"

"My Own Destruction"

"ジターバグ"



とここまで買っても、いっこうに当たらないw

しょーがないので、
困ってたら、同時進行で
「着うた」で試聴出来ることを発見w

あったよw

"The Autumn Song",

これこれっ!!!
これだよ!!
着うたフルさがしても無いじゃないの!!
しょうがないから、ほんの何秒しか聴けない
着うたを何回も再生w

んで、調べたら、
唯一買ってなかった(というか、次買うつもりだったw)
"Missing"カップリングかよっ!!ってw


もうねぇ、、、、
いっつもこのパターン(涙)
多くの中から、「一つを選ぶ」とするでしょ、、、
ハズレまくって
かならず、残りの1個が当たりなんだもんw


今日もさ、
休憩の順番を「あみだくじ」で決めたワケ
(ウチは順番で休憩とるのさ〜)
案の定、わたしゃ一番最後だしw
しかも、これで5連敗、、、、
さらに言うと、クジ作ったの私だしさ。。。。

まぁいいやw


んで、その後
CD買おうと思ったら、売ってないしw
さすが、新所沢!!
もー!!


でもさ、よくよく考えたら、
DVDに入ってんじゃん。(ちゃんと通して観てなかったからなぁ)


んでんで、
今日、ようやく買いました!!

あー嬉しいなぁ。

やっぱり、めちゃくちゃ良い曲ですね!!


今、一番好きなエルレの曲は絶対、この

The Autumn Song


なのだ!!

なのだ!!

なのだぁ〜〜〜〜〜〜




なんで好きかなんて聞かないで〜

カッコええからに決まってるでしょw






あとあと。。。。


今週のiTMSの
フリーダウンロードは

今すぐダウンロードしてねw


っていうか、いいのかぁ〜〜〜〜!!


どっちにしても買うけどさw


なんなのかというと、、、、




"アボガド"
NICO Touches the Walls



さぁ、リンクを張りましたよ、
いってらっしゃい!!
[PR]
by Nishi9ra | 2006-09-07 21:41 | 音楽バンザイ | Comments(4)
刻の涙を、、、

風邪には気をつけましょうね・・・・

すっかり風邪をひいちゃいました。。。。

今日の予定はキャンセルです。


昼過ぎからずっと寝てました。

一日ずっとベットの中です(涙)
んで、
ようやくさっき起きましたよ。


ココまで生きてると、傾向というか
大体、決まった時期に風邪ひきますね、私。。。

季節の変わり目w

しかも、必ず咳が止まらなくなるので、
電車とか乗ってられませんよ。。。


さてっと、何してたかっていうと
コレ観てました。

c0027400_22211246.jpg



はい、「Zガンダム」劇場版です

『機動戦士ZガンダムⅢ−星の鼓動は愛−』


知り合いから借りていたのですけど、
全然観てなかったのですよ。


ガンダムッ子な私、
「Z」は昔から好きなんですけど、
劇場版の3作ともに人から借りるということでw

「新訳」ってことで
予想通りの解釈のようで(コレから見る方にはゴメンナサイ)
そうなると、私は正直「好きでない」、
『ZZ』はどうなっちゃうの?ってことでw


c0027400_1345527.jpg
『風邪ひいてるのに、なにやってんの!!』




さて、さて
ガンダムついでに(?)

私のiPodにもガンダム関係の歌が入ってたりするんですw

"シャアが来る"
"哀・戦士"
"めぐりあい"
"嵐の中で輝いて"
"刻を越えて"
"水の星へ愛をこめて"



"めぐりあい"とか、名曲ですな。
まぁ、ひとえに再放送/劇場版世代ですけど、
懐かしいですね。


ちなみに、

個人的には『Z』といったら

"水の星へ愛をこめて"なワケで

しかも、これ
ニール・セダカの作品なんですよ〜


ニール・セダカといえばって。。。。

なんか、前にも同じこと書いた気がしてきたぞ。。。w

(まぁいいや。。)

"Laughter In The Rain"

これは多分聴いた事ある人がいっぱいいるでしょうね。
私の大好きな曲です。

知った当時、
誰の曲か全く分からなくて
Carole Kingの曲かなぁとか思ってたりしたんですよね。
それで、
"Tapestry"を初めて手にしたってのは秘密w


あとは、
"Calender Girl"なんて有名すぎますねw


おそらく、ウチの親の世代にはピッタリなのかなぁ。
ウチの親、好きだもんなぁ。。。。
[PR]
by Nishi9ra | 2006-09-06 23:01 | 音楽バンザイ | Comments(0)
How To Go

昨日の新宿LOFT、
実は一つ楽しみにしていたことがあったんです。


森 信行



私の中では、
あの3ピースバンドというと
どうしても、
彼が在籍していた頃が思い出されるわけで。


相変らず、メンバーが決まらない
このバンドの最初のドラマー。


2002年の夏、
突然発表された「脱退」の知らせには、
「???」という、「なんで?」しかなく。
その後、バンドは新たに
外国人ドラマーが入ったと思ったら、
また辞めたり・・・・
う〜ん、な感じです。


あるバンドが解散したとして、
その後、メンバーは?
というファンの気持ちは強ければ強いほど、
個々の足跡を追いかけて行くものですが
それこそ、思い入れがあまりない人には、
記憶は風化されていき、
「懐かしさ」として語られるのでしょう。

もっとも、ボーカルというのは
やはり、目立つというか、印象に残りやすいのかな。


私も例に漏れず、
森君がドラムを叩いていたバンドについては
曲は知っているけど、そこまで後を追いかけていたわけでもなく
やはり、彼が脱退した後の活動は、殆ど知らず。

つい最近でした。
彼が、エンケンさんの後ろで
ドラムを叩いていると知ったのは。

昨日の私の楽しみは、
今の「森 信行」を見てみたいという興味。


楽しそうだった。



うん、確かに世間的な知名度から言えば
バンドの方が遥かに高いわけで。
でもね、思うんだ。

自分が納得出来る、自分であること。

これが大切なんだろうね。
どこに「納得するか」はもちろん、
人それぞれの価値観の問題だから、
「有名になる」ことで満足、納得する人もいるし
そうでない人もいるんだろう。

エンケンさんの後ろで叩く姿を見ていて、
楽しいんだろうなと思った。
だから、エンケンさんともども、
カッコええライブだったんだ。

ライブに行くようになって、
これまでは見えなかった、「音を作り出す人」の姿を
見る事ができるようになった。
バンドはボーカルだけじゃない。
盤ではなかなか伝わりにくい、個々の音が
聴こえ、見えてくる。


くるりも森信行も
今、楽しんだろうなぁ。
[PR]
by Nishi9ra | 2006-07-04 23:11 | 音楽バンザイ | Comments(0)



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧