タグ:grapevine ( 5 ) タグの人気記事
GRAPEVINE @liquidroom 2016.02.18,19 "SOMETHING SPECIAL"
2016.02.18-19 @liquidroom

GRAPEVINE "SOMETHING SPECIAL"
(Schroeder heads,Suchmos)

Big tree song
TOKAKU
East of the Sun
MAWATA
BABEL
SPF
エレウテリア
EVIL EYE
MISOGI
CORE
Everyman, everywhere

en
11%MISTAKE
My Ever Changing Moods




「恐るべき世代が。。。」
suchmosのライブ後の田中さんの第一声。
そう、すごいのよ。
夏に行ったSWEET LOVE SHOWERでは
湖畔の小さなステージでそれでも一際目立っていたけども
改めて聴くと一応、若手に分けられるんだろうけども、
ステージでの佇まいは雰囲気は貫禄すらある。
前日のSchroeder headsも良かったけど、私は「歌」が好きなんだろう。

まもなく始まる、「BABEL,BABEL」のツアー
今回のライブはそれに先立ったもの。

やはりライブバンドのライブはいい。
TOKAKU、East of the Sunにしても
手探り感、イントロのぎこちなさがあって、
MAWATAやMISOGIの特にMISOGIの格好良さは
それらが全てライブだから。
これからの長いツアーで一つ一つの作品の形が創られていく。
もちろん、「完成」というものがどこにあるか、わかるものでもなく
それは決めるものでもない。

前作のツアーは全く行けなかった分、
今回はじっくりと聴きたい。

それにしても
「CORE」をやっと、というか本当に久しぶりに聴いたな。
ちょど私の見ている場所からステージの袖が見えてて、
suchmosのメンバーがこの演奏を聴いていた。
やっぱり一番好きな曲になるかもしれない。
他の作品とは全く毛並みが違うというか。
だからこそ、ツアーのセットからは外れてしまうのかも。
とはいってもやはり聴きたい(笑)

「BABEL,BABEL」は「歌」がとても印象深い。
「Scarlet A」をライブで聴くのがとても楽しみだ。












[PR]
by Nishi9ra | 2016-02-21 06:09 | ライブに行ってきました | Comments(2)
Grapevine @仙台darwin 2015.10.28 wed.
2015.10.28 wed.
@仙台darwin


なしくずしの愛
夏の逆襲(morning light)
超える
Big tree song
MAWATA
KOL (キックアウト ラヴァー)
EVIL EYE
君を待つ間
そら
インダストリアル
SATORI
壁の星
SEA
IPA
RAKUEN
100cc
その未来
Glare
風の歌

en.1
指先
愁眠
ふれていたい



ということで、全22曲
これは野音から続く、クラブサーキットで共通の曲数のようで。
(最終日の札幌は23曲だったそうですが)

今回、久々に一つのツアーをいくつか回ってきましたが、
今度は何をやるんだろう、っていうこの感覚が楽しかったですね。
まぁ、そこはバインですんで、毎回同じことはやんないよ、的な感じが
セットリストに出ていたんだと思います。

クラブサーキットは当然、レコ発のツアーとは違い、
今、これをやろう、という選曲になるわけで、
おそらく今このバンドが演奏したいと思うのが
この22曲とこの曲順なんでしょう。
その曲も順番を変え、アレンジを変えることは表現者たちの
その先を聞かせてくれて、私たち聞き手はそれを堪能できるのでしょう。
聴かせたい側と聴きたい側のこの音に対する欲求は
これこそが、今もこのバンドに、
いえ、今、さらに足を運ぶ人が増えている理由なのでないかと思うのです。

このクラブサーキットでは過去の作品と生まれたばかりの作品が
実に違和感なく共存し、この22曲は時には曲目が、曲順が違えども
一つの作品でした。

そう考えた時、私が聴きたいくてたまらないw、COREや411には
この22曲の作品の中に入る余地がなかったのかも。
次のバインのライブは来年のリキッドですかね。
ゲストも紹介され、suchmosとはまた面白い組み合わです。
いやー来年まで待てねーw
どっかで急にやってくれませんかねw

PVもフルバージョンが公開され、実にカッコイイw仕上がりです。
このevil eyeはバイン史上、ライブで最も盛り上がる曲になるんじゃないかな。


仙台には何度か行っているんですけど、
今回のライブハウスは初めてで、とても見やすい場所でしたね。
広島のクワトロはクワトロの中でもキレイな印象があって、
名古屋のクワトロはとても見やすく、
その一方で長野のJUNK BOXはちょっとw、、、ハズレ。
私の最終日がこの場所でよかったですw

ちなみにこんな場所です

c0027400_09241250.jpg

キャパが370くらい。
非常に新しく?キレイな場所でした。
いろんなライブハウスがありますけど、
ここもとてもいい場所ですね。



[PR]
by Nishi9ra | 2015-10-31 09:32 | ライブに行ってきました | Comments(0)
Grapevine @広島Club Quattro 2015.10.16
c0027400_13515655.jpg


@広島クラブクワトロ 2015.10.16 fri.


なしくずしの愛

夏の逆襲(morning light)
真昼の子供たち
Big tree song
そら
EVIL EYE
KOL (キックアウト ラヴァー)
君を待つ間
MAWATA
インダストリアル
壁の星
SEA
IPA
RAKUEN
100cc
その未来
GRAVEYARD
風の歌

en.1
指先
愁眠
ふれていたい



セットはこんな感じらしいですw
(某掲示板から参照しとります)



クラブサーキットの初日ということで、
なんか情報がアップされんのかなくらいの
軽〜いノリでサイトを見たら、ねぇw

今回のクラブサーキットは東京、大阪、
つまり野音開催の場所を外したということですけど、
初日のセットを見る限り、納得。

曲順はほとんど違えども、内容はほぼ変わらず。
おそらく、今バンドが演奏したい曲なんだろうなぁ。
考えようによっては、野音に来れん人向け、
もう少し深読みすると、野音来た人は被るから、
要は野音とクラブサーキットは合わせて
一つのツアーみたいなもんなのかもしれません。

さて、やはり新曲には触れねば
とにかく最初に耳にした瞬間の「ヤラレタ」感たるや。
まぁ、本当にクソかっこいい音だ。
正面突破でやってきた感がある。

歌詞は田中さん曰く、配信限定だと載っけられんから、みたいなことで
今回のツアーの開場入り口に上の写真のようなパネルと
歌詞が載ってるワケ。
通りがかり「もしや」と思って思わずパチリ。
かなり韻を踏んだ詩のイメージです。

ツアーの初日だけあって、1曲目は?
という緊張感があるなか、そこはさすがに新曲ではなく。

夏の逆襲 (morning light)はライブ映えする。
ストレンジランドはTWANGSと並んで好きな作品だけど、
ライブバンドとしての魅力がこの1曲だけでも溢れかえる。
歌詞にして2行。
「あの夏を越えるくらい(あの夏のmorning light) 真実を可能にするのは」
曲の後半で一気に爆発する感はライブでこそさらに圧巻。

終始ご機嫌な田中さんでしたが、
やはり新曲を「エロビデオ」、と(笑)そりゃそうだ。
でもさ、たぶんというか、間違いなく、
バインファンの女性は「もっとやれw」という声だと思うんだよなw
あの映像を見て気恥ずかしいと思うのは男の方だろうねw
新曲はライブでは初だと思うけど、やはりそれは手探り感のまだあるもので
言い換えればこれからどうなる、っていう期待。
音源聞いて、1:52くらいのギターソロは
二人のギターの掛け合い的なものかと思ってたところが
完全にアニキのソロだったし。
今回のクラブサーキットでどう変わっていくか楽しみ!!

KOLはEVIL EYEと相性がいい感じ。
なんだろ、曲順的にすんごくしっくりと。

会場は前々日に前売りを買った私が209番という、
まったくチケット売れてねぇじゃんというw
すごくゆったりとライブを観て聴くことが出来ました。
なんだかんだ300人くらい入ってたんじゃないかな。
というか、キャパは500?ギュウギュウで。
広島のクワトロはもちろん初めてでしたけど、とっても小綺麗な感じ。
比較対象が渋谷だからだろうけど。

本編ラストが「風の歌」
やっぱりこの曲とかかかると、終演感が広がって。

「(広島)もう二度とこないぜぇ、今年は」となんだか
この日のお気入りフレーズとなっていましたけどホント楽しそうな田中さんでした。

アンコールは「ふれていたい」
どうした、流行りがやってきたのかw


ということで、COREはやりませんでした、とw
というか、今回はTWANGSとSINGからはゼロでした。


来週は名古屋と長野。
今度は車で参ろうか、どうしましょ。

しかし、飛行機は便利、はえー。1時間で着いてんの。
新幹線とほぼ同額で。。。。

広島、いいとこでした。
また、いつか。






[PR]
by Nishi9ra | 2015-10-18 16:07 | ライブに行ってきました | Comments(0)
GRAPEVINE Tour 2013 2013/06/07(Fri) @仙台Rensa

GRAPEVINE Tour 2013 
2013/06/07(Fri) @仙台Rensa

c0027400_12372985.jpg




1.なしくずしの愛
2.冥王星
3.MISOGI
4.作家の顛末
5.NOS
6.Pity on the boulevard
7.迷信
8.うわばみ
9.I must be high
10.コヨーテ
11.ピカロ
12.太陽と銃声
13.われら
14.1977
15.Wants
16.ナポリを見て死ね
17.フラニーと同意
18.無心の歌
19.片側一車線の夢
20.虎を放つ
en:
21.スイマー
22.白日
23.真昼の子供たち


仙台まで、
日帰りで行ってまいりました〜


私はこのツアー2回目。
初日のAX以来です。
毎回セットが変わっている、とは、
先日の横浜にも行った嫁さまから聞いてはおりましたが。


この日については言えば
なんといっても「NOS」。

盤の時点でも実にシブイ曲ですが、
目の前で聴くこの曲は
まぁ、カッコエエこと。
絶対にシングルにはならない曲ですが、
メロディーの美しさとかではなく、
この曲の圧倒的な存在感。
それはライブでしかわからないと思う。
このセッションはずっと聴いていたいですわ。
バンドの真骨頂。


そしてもう一つ
「太陽と銃声」〜「われら」

アニキのギターで繋がる二つの曲。
今回のツアーで私が楽しみにしていたのが
「われら」

新作「愚かなる者の語ること」の「コヨーテ」「われら」には
曲の途中で、まるで別の曲が始まるかのような展開がある。
「われら」の後半パートにおける、壮大感。
目の前では鳴っていた音は更に圧倒的に広がりを見せた。
それに加え、「太陽と銃声」からの繋ぎがとても素晴らしかった。


こと新作のツアーということになると、
「1977」は今のバインにとってライブ向きではないのか、
はたまたアレンジの錯誤中なのか、
まだまだ、「これ!!!」という満足感はなかったかな。
目指すところは「真昼の子供たち」のような、
よりギター色の強いところなのかも。
イントロの鍵盤はなく、歌い出しはギターを同時に。

「コヨーテ」も同じくまだ試行錯誤の色が濃く。
前半パートの変則展開をどうするか、というところかな。。。
曲の構成上、いつものように、亀井ドラムがどっしりとリズムで後ろで支えて、
といかないのが難しいところなのかな。と思っています。


まあ、そうゆうのを勝手に想像するというのが
とても面白い。



次は名古屋、21日に行ってきます。
当然、弾丸日帰りでございます。

仙台も車で行ってきましたが、
嫁さまも運転好きなので
昔に比べたら全〜然、楽なのです。ヽ(´ー`)ノ





牛タンくったけど、うまかった、、、、



c0027400_13335466.jpg

[PR]
by Nishi9ra | 2013-06-10 13:34 | ライブに行ってきました | Comments(1)
GRAPEVINE -真昼の子供たち tour 2011「真昼のストレンジランド」-




先日発売されたDVDのオフィシャル編集版ですね。

この「真昼の子供たち」はアルバムの中では
一番、「バインぽい」メロディの曲で、
これをシングルで出さないあたりがニクイです。。。




GRAPEVINE tour 2011“真昼のストレンジランド”(LIVE音源無料ダウンロードクーポン付) [DVD]

GRAPEVINE / ポニーキャニオン

スコア:

真昼のストレンジランド

GRAPEVINE / ポニーキャニオン

スコア:


[PR]
by Nishi9ra | 2011-09-08 10:06 | 映像と音楽 | Comments(0)



音楽バンザイな日々
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 07月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
ブログパーツ
ライフログ
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧